page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ブルネイ 動物」の見どころ情報

ブルネイ 動物に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ブルネイ 動物」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


気軽に本格ネイチャーツアー!ボルネオ島、テングザルウォッチングクルーズへ(前編)
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/コタキナバル(マレーシア) 
あなたが“クルーズ”と聞いてまずイメージするのは、どんなものでしょうか? 青い空、青い海、波を蹴って進む豪華な船……。憧れるけれど高そうで費用が心配、そんなクルーズかもしれません。けれども今回ご紹介するのは、その対極ながら、すばらしい経験を約束してくれるクルーズツアーです。マレーシアのコタキナバルを起点とする、ネイチャーウォッチ系の「ボルネオ島でテングザルなどの野生動物を観察するリバークルーズ」です!

この記事の続きを見る


「ブルネイ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

2019年から成田〜バンダルスリブガワン間の運航をはじめたブルネイ航空
  • テーマ:
  • エアライン・空港
2019年3月にブルネイ(正式にはブルネイ・ダルサラーム国)の首都バンダルスリブガワンから成田へ初の直行便としてロイヤルブルネイ航空が週3便就航したが、6月には早くも増便され、現在は週4便運航となっている。 成田から往路は昼発、現地夕方着、復路は現地深夜発、成田に朝着、現地2泊であれば、2泊4日のスケジュールになり、復路は機中泊となる。機材はエアバスA320、座席数は150席である。 ブルネイはボルネオ島にある小さな国、面積は茨城県より少し小さい程度、3方をマレーシアに囲まれ、残りは南シナ海に面している。マレーシアのコタキナバルからは100キロも離れていないところに位置している。アセアンに加盟、天然資源輸出を基にした裕福な国で、個人に対する税金がないという国である。 多くの日本人にとって未知の国であろうブルネイだけに行くのにためらってしまう向きには、旅行期間を5〜6日として、ブルネイとマレーシアのコタキナバルを訪ねてみるというのはいかがだろうか。この間は空を飛べば40分、海路でもつながっている。マレーシアのボルネオ島側と小国のブルネイを訪ねる旅は、近くて、なおかつ新鮮な旅が待っていそうである。

この記事の続きを見る


マレーシアを代表する工芸品、ソンケット
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
ソンケットは、バティックと並んで知られる、マレーシアの伝統工芸品です。バティックが、できあがった布にろうけつの技法でデザインを染めていく染物なのに対して、ソンケットの方は、金糸や銀糸で複雑な模様を織りだす織物で、遠目には刺繍のように見えるかもしれません。伝統的な素材は絹糸で、手間も時間もかかる高価なものだったので、昔は王族や貴族だけが着ることができました。現在でも結婚式や改まった席で着られますが、木綿で織られた安価なものは、金曜日のモスクでの集合礼拝や、ちょっとした外出でも見かけます。マレーシアを代表するクラフトとして有名なので、マレーシア特産の紅茶や、マレー料理レストランの名前にも使われています。

この記事の続きを見る


「動物」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

9
  • テーマ:
  • ライフスタイル
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/シドニー 
日本でも人気のあるボルダリングをシドニーで体験してきました。場所は「9 degrees」という施設。1店舗だけでなくフランチャイズとなっていて今回訪れたのはLane Cove店。

この記事の続きを見る


かぼちゃ型をした銀のケースは、王が国賓に贈呈したこともあったとか。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
光沢と重厚感のある表面に、手作業で刻み込まれたきめ細やかな模様。カンボジアにおける銀・銅細工品の生産起源は定かではありませんが、アンコール王朝時代(802〜1431年頃)には頂点に達していたと言われています。かつては宮廷に献上するために作られていましたが、現在では冠婚葬祭などでも使用されるほか、お土産物としても販売されています。蔓、葉、花びらなどのモチーフで構成されるカンボジアの装飾様式「Kbach」をあしらった製品は、芸術作品としても見応え十分。美しい銀・銅細工製品はどのように生み出されているのでしょうか。熟練の職人達が集まる村を訪ねてみましょう。

この記事の続きを見る


サメは意外と泳ぐのが速くて、撮るのが大変!
  • テーマ:
  • 動物
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/セントーサ島(シンガポール) 
レジャー施設がひしめくセントーサ島で、何をして遊びましょうか?年中暑いシンガポールでは、屋内施設は体を休める意味でも助かりますね。「シー・アクアリウム(S.E.A.Aquarium)」なら、涼しい屋内で世界中の海の中を見ることができますよ。海に囲まれたセントーサ島ですが、海の遊びはあまり発達していません。しかしここで海の生き物を観察してみるのもいいものです。見学を終えて外に出れば、「世界の海はつながっている」という当たり前のことを、シンガポール南端の海を前にして感じることでしょう。

この記事の続きを見る


圧巻の「ギョベクリテぺ遺跡」。保存状態を良好に保つため屋根が取り付けられ、ビジター用の通路も整備された。
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/シャンルウルファ 
今回は、イスタンブールから飛行機で約2時間弱、トルコ南東部はSanliurfaシャンルウルファ県をご紹介します。トルコには2019年現在18箇所の世界遺産がありますが、2018年に登録されたトルコで一番新しい世界遺産が、シャンルウルファの「Gobeklitepeギョベクリテぺ遺跡」です。「太鼓腹の丘」という意味の高台にあるこの遺跡に対し、トルコ政府は世界遺産登録を記念した2019年の今年を”ギョベクリテぺ年”と定めました。まさにトルコで旬の世界遺産が、今内外の観光客の注目を集め始めています。まずは「ギョベクリテぺ遺跡」手前にあるビジターセンターを訪ねて、前知識をインプットしましょう。当時の遺跡周辺の様子を予想した壁面イラストや、大スクリーンで観る遺跡解説映像が、太古のロマンを感じさせてくれます。

この記事の続きを見る


キンジェーとは
  • テーマ:
  • イベント
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
キンジェーの由来については諸説あるようですが、元々は中国が起源とされ、現在も華人の人たちを中心に実践されている風習です。菜食週間中は、肉、魚、卵といった動物由来の食品のほか、ニンニクやパクチーなどの匂いの強い食品やアルコール、刺激の強い料理を避けることが推奨されており、これらのルールを守ることで心身のデトックスを目指します。ただ、どこまで厳格にルールを守るかはその人次第。キンジェーを厳粛に実践する人もいれば、そうでない人もいるところが非常にタイらしいなと思います。

この記事の続きを見る


最寄りのバス停で降りて、すぐです。赤い看板を探しましょう
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/ローザンヌ 
スイスのローザンヌといえば、オリンピック博物館がとても人気です。もう1つ、ローザンヌで高い人気を誇るのは、アール・ブリュット美術館ーLa Collection de l'Art Brut (1976年開館)です。その名の通り、特別な芸術教育を受けていない人たちが、密かに、ひたすら自分のために作る「磨かれていないダイアモンド」とも説明される「アール・ブリュット」の作品を世界中から収集した特別な美術館です。目下、1000人の作家たちの7万点以上もの作品を保管しています。オリンピック博物館とは対照的で小さい美術館ですが、この種の美術館としては、アール・ブリュットの総本山とも呼ばれ広く知られていて、地元の人たちはもちろん、国外観光客もたくさん訪れています。

この記事の続きを見る


レストランフロア、ショッピングエリア、チャットチャックマーケットエリアなどに分かれているTHE
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
次から次へとニュースポットがオープンしているバンコクの中で、今、注目されているのが2019年2月にオープンした『THE MARKET BANGKOK(ザ マーケット バンコク)』です。セントラルワールドや伊勢丹など、大型のデパートやスーパーが集まるチットロムエリアに新たにできた商業施設ですが、何よりのウリはバンコク中から人気のお店を集めたという点。レストランをはじめ、週末しか行くことのできなかったチャットチャック(ウィークエンドマーケット)からも人気店を集め、エアコンが効いた快適な店内で市場散策の雰囲気を味わうことができます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ブルネイ 動物に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介