page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ブルネイ 王宮」の見どころ情報

ブルネイ 王宮に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ブルネイ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


2019年から成田〜バンダルスリブガワン間の運航をはじめたブルネイ航空
  • テーマ:
  • エアライン・空港
2019年3月にブルネイ(正式にはブルネイ・ダルサラーム国)の首都バンダルスリブガワンから成田へ初の直行便としてロイヤルブルネイ航空が週3便就航したが、6月には早くも増便され、現在は週4便運航となっている。 成田から往路は昼発、現地夕方着、復路は現地深夜発、成田に朝着、現地2泊であれば、2泊4日のスケジュールになり、復路は機中泊となる。機材はエアバスA320、座席数は150席である。 ブルネイはボルネオ島にある小さな国、面積は茨城県より少し小さい程度、3方をマレーシアに囲まれ、残りは南シナ海に面している。マレーシアのコタキナバルからは100キロも離れていないところに位置している。アセアンに加盟、天然資源輸出を基にした裕福な国で、個人に対する税金がないという国である。 多くの日本人にとって未知の国であろうブルネイだけに行くのにためらってしまう向きには、旅行期間を5〜6日として、ブルネイとマレーシアのコタキナバルを訪ねてみるというのはいかがだろうか。この間は空を飛べば40分、海路でもつながっている。マレーシアのボルネオ島側と小国のブルネイを訪ねる旅は、近くて、なおかつ新鮮な旅が待っていそうである。

この記事の続きを見る


マレーシアを代表する工芸品、ソンケット
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
ソンケットは、バティックと並んで知られる、マレーシアの伝統工芸品です。バティックが、できあがった布にろうけつの技法でデザインを染めていく染物なのに対して、ソンケットの方は、金糸や銀糸で複雑な模様を織りだす織物で、遠目には刺繍のように見えるかもしれません。伝統的な素材は絹糸で、手間も時間もかかる高価なものだったので、昔は王族や貴族だけが着ることができました。現在でも結婚式や改まった席で着られますが、木綿で織られた安価なものは、金曜日のモスクでの集合礼拝や、ちょっとした外出でも見かけます。マレーシアを代表するクラフトとして有名なので、マレーシア特産の紅茶や、マレー料理レストランの名前にも使われています。

この記事の続きを見る


気軽に本格ネイチャーツアー!ボルネオ島、テングザルウォッチングクルーズへ(前編)
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/コタキナバル(マレーシア) 
あなたが“クルーズ”と聞いてまずイメージするのは、どんなものでしょうか? 青い空、青い海、波を蹴って進む豪華な船……。憧れるけれど高そうで費用が心配、そんなクルーズかもしれません。けれども今回ご紹介するのは、その対極ながら、すばらしい経験を約束してくれるクルーズツアーです。マレーシアのコタキナバルを起点とする、ネイチャーウォッチ系の「ボルネオ島でテングザルなどの野生動物を観察するリバークルーズ」です!

この記事の続きを見る


「王宮」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

中国らしいイラストが壁一面に書かれたワットマンコン駅
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
チャイナタウンらしい赤が基調の地下鉄の駅なんて初めて。スポンサーのネスレが強調されてますが、中国らしいイラストは、本当にラブリー!ここは、2019年7月に開通したばかりのバンコクの地下鉄ブルーラインのワットマンコン駅です。バンコクの地下鉄とモノレールと言えば、鉄道のフアランポーン駅の東側の地区を中心に走っています。バンコクの若者が集まるサイアムスクエア、日本人旅行者が多いスクンビットも東側。初めてのタイ旅行なら、絶対にはずせない王宮やワットポーは、フアランポーン駅の西側にあり、地下鉄やモノレールとは無縁の地区でした。その西側に2019年7月、地下鉄が開通しました!

この記事の続きを見る


一番安い赤バスはエアコンなし。53番は、ホアランポーン駅に行く時も使える
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
交通カード、アプリでバス代決済などなど。旅先での市バスの代金の払い方はますます便利になっています。中国では、チャージできる交通カードを導入しています。この交通カードをゲットすれば、おつりがでないバスに乗るために毎回、小銭を準備する必要もなく、バス代もお得。でも、旅行者からすれば、ゲットするまでが大変。しかも最近では、アプリで払うのが主流になってきています。現地人にとっての便利は、旅行者にとっては不便この上なし!うれしいことにタイの首都、バンコクの市バスの乗り方は、私が初めてタイを訪れた27年前の1996年から2019年の現在まで全く変わっていません。基本は現金払いでおつりも出ます。これって、旅行者にとっては、ありがたいことだと思いません?

この記事の続きを見る


堀には水鳥の遊ぶ姿も
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/マルメ 
ターニングトルソがそびえるビーチエリアから20分ほど、街の中心部に向って歩くと、満々と水をたたえた堀に囲まれて、1434年に基礎が築かれたマルメ城がたたずんでいる。ルネッサンス様式の城としては北欧一古く、時代とともに形を変えてきたこの要塞は1530年代にはデンマーク王が新しく建造し、ある時期は牢獄として使われていたこともあったという。正面から見ると左右にえんじ色の円柱形の建物を配し、真ん中にレンガにおおわれた横中の建物が鎮座している。城に隣接する王宮庭園は手入れ行き届き、あたたかいシーズンには木々の緑と色とりどりの花が迎えてくれる。

この記事の続きを見る


開館200年を迎えたスペインを代表する美術館。シーズン中は混雑するのでチケットの事前購入を
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/マドリード 
この2019年の夏、私は長期の中欧旅行の途中にマドリードへ3泊4日のサイドトリップをしました。目的は音楽フェスでしたが、せっかくなので普通の観光も。その中で楽しみだったのがプラド美術館です。前回行ったのはかなり前。調べると、その間に修復中だったフラ・アンジェリコの『受胎告知』が公開されているようです。また、企画展のベラスケスやルーベンスなどの「フランドル絵画特集」も気になります。友人の話ではチケット売場は混むので、事前にチケットをネット購入したほうがいいというのです。では、どうやって購入するのでしょうか。

この記事の続きを見る


毎年開催日が変わるネパールのお祭りは、ネパールの暦で確認するのが確実
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
ネパールは、インドと中国に挟まれた小国ですが、多民族多宗教国家であるため、年間を通してお祭りが多いのが特徴です。なかでも、夏から秋にかけてはお祭りが集中する時期。その土地ならではのお祭り見学も、海外旅行の楽しみの一つですから、せっかくならお祭りを見てみたいという人もいるでしょう。ただ、ネパールのお祭りは月の暦とも強く関係しているため、毎年開催日が変わります。お祭りを狙って行くなら、その年のネパールのカレンダーをしっかりチェックしましょう。

この記事の続きを見る


ハンガリーの伝統菓子ドヴォシュトルテとルスヴルム・コーヒー
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ハンガリー/ブダペスト 
ここはブダペストの王宮の丘。細長い丘の上の中心は、真ん中にある三位一体広場。マーチャーシュ教会や漁夫の砦が広場に面し、バス停もある一番にぎやかな場所だ。そこから三位一体通りをほんの少し南へ進むと、緑色の小さな館がある。入口の上にRuszwurmと書かれているが、窓がひとつあるだけで中は見えない。一体何の店なのだろう。実はここ、ルスヴルムというブダペストで最も有名なケーキ屋さんなのだ。ペスト側にある有名なカフェやケーキ店では、正面にガラスの部分を多くして中が見えるようになっている。しかしここは知らなければ通り過ぎてしまうような小さなケーキ店。でもブダペストっ子がルスヴルムを知らないわけはない。ガイドブックで紹介されるようになってからは、観光客も大勢訪れるようになった。

この記事の続きを見る


センスのいい店構え
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/シェムリアプ 
こちらは、市内2店舗あるうちのシェムリアップ川沿いの店舗です。全面ガラス張りのデザインが洗練された印象を与えます。週末は特に混み合いますが、平日でも仕事やミーティングをする人などで席が埋まっていることが多く、人気ぶりが伺えます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ブルネイ 王宮に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介