page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「プラハ モーツァルト」の見どころ情報

プラハ モーツァルトに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「プラハ モーツァルト」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


映画『アマデウス』や『プラハのモーツァルト』で撮影に使われたエステート劇場
  • テーマ:
  • オペラ・音楽
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
プラハは、ウィーンとはまた違った意味で音楽の都だ。「プラハの春音楽祭」に代表されるように、世界一流の音楽家たちによって繰り広げられる国際音楽祭も開かれている。何よりも、中心部に絢爛豪華なオペラ座やコンサートホールがこんなに多い街も珍しい。数ある中でも特に際立っているのが中央駅近くの国立歌劇場Statni Opera Praha、ヴルタヴァ河畔の国民劇場Narodni divadlo、そして旧市街中心部にあるエステート劇場Stavovske divadloの3つだ。プラハを訪れる機会があれば、特に音楽が好きな人でなくても、是非、コンサートへ出かけよう。音楽を聴くことはともかく、劇場を見学に行くのだ。本格的に鑑賞するなら予約購入しておいた方がよいが、当日券もよほど話題の演目でない限り結構買えるものだ。ウィーンに比べるとチケットは半額以下である。

この記事の続きを見る


映画『アマデウス』は、どこで撮影された?
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
映画監督ミロシュ・フォアマンの代表作といえば『アマデウス』です。オーストリアの有名な作曲家、モーツァルトをテーマにした大作で、今も人気がある映画として、世界的によく知られています。この映画の舞台はウィーン。ウィーンでモーツァルトが亡くなる直前まで活躍していた様子が生き生きと描かれています。当然、ロケはウィーンで行われたのかと思いきや、そうではないのです。ウィーンは世界大戦があったこともあり、モーツァルトが生きていた時代の街並みと、今の街並みがずいぶん異なっているので、ここでロケをすることは、泣く泣く諦めたのだとか。

この記事の続きを見る


パリパリおやつ、オプラトキーはチェコの温泉煎餅
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
夏場は少ないのですが、プラハの街角にお菓子の屋台が出ていることがあります。その時はあたりいっぱいに甘い匂いがするので、ついつい誘われてします。そのお菓子とは、「オプラトキー」のこと。クリームを挟んだ円盤状のウエハース煎餅です。日本の風月堂のゴーフルによく似ているといえば、イメージがしやすいでしょうか。オプラトキーの屋台は、出来合いのオプラトキーを専用の過熱機であたため、手で持つ部分に紙を巻きつけて一枚売りしています。甘い匂いは、オプラトキーを温めているときのものなのです。

この記事の続きを見る


その歴史をきいたら、感動もひとしお。チェコの人形劇
  • テーマ:
  • 劇・ミュージカル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
プラハのカレル橋から旧市街広場へむかう細い道は、いつも観光客でにぎやかです。そこに人形劇の小屋があり、ときどき、ここのチケットの売り子さんがチラシを配っています。この小屋は民間のものですが、すぐ近くには国立の人形劇の劇場もあります。演目は、どちらもモーツァルトのオペラ『ドンジョバンニ』が多いです。

この記事の続きを見る


特に夜景が美しいスタフォフスケー劇場は、モーツァルトファン必見の場所。
  • テーマ:
  • オペラ・音楽
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
プラハも冬時間に変わり、日本との時差は来春まで8時間になります。緯度の高いここの冬は朝7時でもまだ暗く、夕方5時には暗くなってしまいます。そんな長くて寒さ厳しい冬の夜を過ごすにもってこいなのが本格シーズンに入ったオペラやバレエ鑑賞。日本よりも比較的割安で、地元民も気軽に楽しんでいて、それでいてその豪華なインテリアや建築的にも価値のある建物を楽しむ意味でも是非訪れてほしいのがプラハの中心地にあるスタフォフスケー劇場、国立オペラ劇場、そして国民劇場の3大オペラ劇場です。

この記事の続きを見る


日本ではなかなか手に入りにくいチェコ・ポップも店内で試聴できる
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
チェコはスメタナやドヴォルザークを生み、モーツァルトやマーラーといった世界的に有名な音楽家との縁も深く、本格的なオペラ会場がプラハだけでも3つあり、日本からの音楽留学生も少なからず、という音楽大国のひとつ。でもクラシックだけではありません。ジャズやロック、フォークやロマのグループ、チェコ語で歌ういわゆるチェコ・ポップの歌手やグループも国外にはあまり知られていないけれどよく聞かれています。そんな音楽CDを買って帰りたい、という方に一番便利なのがヴァーツラフ広場にあるボントン・ランドというお店。

この記事の続きを見る


産業宮殿のメインホール裏の屋外スペースで毎日上演される光と水と音楽のステージは幻想的
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
プラハの中心地からそう遠くないプラハ7区、ヴィースタヴィシュチェと呼ばれるエリアに、産業博覧会場として当時チェコで最初の鉄とガラスでできた建物、産業宮殿があります。規模はだいぶ小さいですが、現在も幕張メッセのように様々なジャンルの展示会場として使われています。その周囲は1960年から続く伝統の移動遊園地がやってくる場所として子供たちに親しまれ、またプラハに多いアール・ヌーヴォー建築のさきがけとして名高いメイン・ホール裏の屋外スペースでは、暖かい季節になると毎晩行われる噴水ショーでも人気です。

この記事の続きを見る


夜のスタヴォフスケー(エステート)劇場の外観はうっとりする美しさ。チェコを代表するクラシックスタイルの建築
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
「プラハで3万円使うとしたら?」ベタですが本格オペラ+豪華ディナーの夜! プラハには主に3箇所、本格オペラを楽しめる劇場があるのですが、どれも120年以上の歴史を誇る、建築歴史的にも価値のある建物、そして外観以上にインテリアも豪華でため息。オペラなんて難しそうだし…という方にも、このゴージャス体験で、「ああヨーロッパにいるんだなぁ」と実感すること間違いなし。それなのにチケットは一番高い席でもバレエなら800kc(約4千円)、オペラなら1400kc(約7千円)程度というのが何とも嬉しいところ。

この記事の続きを見る


坂の途中に突如現れるベルトラムカ荘の門をくぐると、中庭につづいて見えてくるこじんまりとした別荘が別世界へいざなってくれる
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
モーツァルトのゆかりの地といえば、現在のオーストリア、生まれ故郷のザルツブルクと主に活躍したウィーンが有名ですが、プラハも縁の深い場所。35歳と10ヶ月という短い生涯に3度ほどプラハを訪れていて、そのたびに貴族からも市民からも熱烈に歓迎されました。オペラ『フィガロの結婚』は、当時イタリア音楽のほうが流行だったウィーン宮廷よりプラハで好評を博し、『ドン・ジョヴァンニ』がモーツァルト自身の指揮で初演されたのもプラハ。そんなモーツァルトがプラハでたびたび滞在した別荘が、中心からそう遠くない場所にあるのです。

この記事の続きを見る


旧市街広場とヴァーツラフ広場のちょうど中間あたりに優雅にそびえるスタヴォフスケー劇場(エステート劇場)は、18世紀後半に建てられたチェコを代表するクラシシズム建築
  • テーマ:
  • 劇・ミュージカル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
“オペラの中のオペラ”と言われるモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』。このオペラ、プラハなくしては生まれなかった作品と言えるでしょう。前作『フィガロの結婚』はウィーンであまり評判にならなかったのに比べ、プラハでは大成功、すっかり気をよくしたモーツァルトがプラハからの依頼に応えた次の作品が『ドン・ジョヴァンニ』で、旧市街広場から程近いスタヴォフスケー劇場(エステート劇場)にてワールド・プレミアを飾りました。映画『アマデウス』(監督はアメリカへ亡命したチェコ人のミロシュ・フォアマン)のオペラ・シーンもここで撮影されました。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。プラハ モーツァルトに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介