page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「プラハ 食器 お店」の見どころ情報

プラハ 食器 お店に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「プラハ 食器 お店」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


プラハのアンティーク屋さんでよく見かけるコーヒーミルは、デザインもいろいろ。年代モノでも使えるもの多し。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
プラハはしょっちゅう知り合いに偶然出くわすような小さな街。それでもエリアごとに特色があります。規模が全然違う大都会東京と比べるのは無理があるのですが、個人的にちょっと青山っぽいな、と思うのが新市街の中心ヴァーツラフ広場から歩いていけるヴィノフラディと呼ばれる地区。外国人が多く住んでいたり、メディア関連の会社が多かったり、お洒落なブティックやカフェがそこかしこにあってお散歩が楽しいエリア。高級住宅街に間違いないにせよ、典型的な観光エリアというわけではないので、ものによってはリーズナブルにお買物できたりします。その一例が今回紹介するアンティークショップ。

この記事の続きを見る


高級なガラス製品からアンティーク物、洋服、アクセサリーまで、見るだけでも楽しい空間のアルチェルショップ店内
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
ドイツのバウハウスほど有名ではないですが、チェコにも面白いデザイン集団が存在します。キュビズムの陶器や木のおもちゃなど、いかにもチェコらしいテイストで今も衰えない人気を誇る、その名もアルチェル(Artel)。もともとはロシア語で“cooperative”の意味をもつこのグループ、1908年に「相互の信頼を基本にアート活動をする」というコンセプトのもと、資本家とデザイナー、会社などが協力しあって生まれたもの。アルチェルの名が入った複数の会社の製品があったりするのはこのためです。

この記事の続きを見る


「プラハ 食器」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

旧王宮のヴラジスラフ・ホールは天井装飾が面白い
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
チェコの首都プラハの西の丘の上にそびえるプラハ城は、観光客が必ずと言っていいほど訪れるプラハの人気スポットです。プラハ城の見学チケットにはいくつか種類がありますが、一般的なのが「コースB」です。このチケットで入場できるのは、聖ヴィート大聖堂と聖イジー教会、旧王宮、黄金小路、ダリボルカの5か所。全部見て回ると2時間程度かかります。世界遺産の2つの教会については、それぞれ別記事で紹介しているので、今回は残りの3か所について解説しましょう。

この記事の続きを見る


メタモルフォシスのバスルーム 広々としていて使いやすい
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
2019年6月、チェコの首都プラハを中心に別の都市に出たり入ったりし、市内の4つのホテルに泊まりました。4つともホテルのランクやタイプは違います。友人と合流した時は高級ホテルに泊まり、一人の時は節約してホステルに泊まるなどしていたのです。その経験を別記事「中心部の方が便利? エリアで探すチェコ プラハのホテル選び」にも書きましたが、それは「どこのエリアが便利?」という視点の記事だったので、今回はホテルのランクごとに紹介してみましょう。

この記事の続きを見る


パラツキー橋たもとの青空のみの市は、ヴルタヴァ川河岸のスペースを利用した、晴れた日のお散歩にも気持ちのいい場所。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
プラハも30度を越える日がちらほら、ビールの美味しい季節&お散歩の楽しい季節がやってきました。特にこれといった目的なくとも歩いて楽しめるのがプラハのよいところですが、土曜日の朝早起きしたら、のぞいてみてほしいのが青空のみの市。規模はこじんまりとしてますが、どうみてもガラクタじゃない?というジャンクものの中から掘り出し物を見つけたときの喜びは大きい、地元民御用達のフリーマーケット。よいものをゲットする一番の方法はもちろん、なるべく早くに到着すること。

この記事の続きを見る


当時のカフェで働く人々の写真は、映画の中などで見るのとはまた違う感動が。存在感たっぷりの豪華なレジスターも必見
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
既にいくつか有名どころを紹介してきましたが、プラハの街には長い歴史を持つカフェが少なからずあります。今も続いていて観光客で賑わっているカフェ、残念ながら現存していない伝説のカフェ、とその運命はいろいろですが、そうしたプラハのカフェ文化が花開いた20世紀初めから前半にかけてにまつわるあれこれを、いっぺんに見られる画期的な展示会「プラハのカフェとその世界」が3月12日〜プラハ市博物館で始まっています。期間は今年8月末まで。

この記事の続きを見る


ヨゼフ・ホホル(1880〜1956)のネクラノヴァ通りの集合住宅(1913〜14年)。鋭角の角地を最大限に利用した、現存するキュビズム建築のなかでも最も美しいもののひとつ
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
黄金のプラハ、北のローマ、百塔の街、魔法の都…プラハを形容する言葉はいくつもあれど、私が最もプラハの素晴らしさを表していると思うものに「建築博物館の街」というのがあります。中欧に位置するプラハは、決して平穏無事な歴史ではなかったけれど、街並みが戦争の被害に遭うのはまれでした。そのおかげで千年にわたるあらゆる建築様式を見ることができます。なかでもキュビズム様式は、フランスのピカソとブラックらの絵画から始まった芸術運動の影響を受けたものですが、建築はここチェコでしか見られない貴重なスタイルなのです。

この記事の続きを見る


「プラハ お店」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

日本のビールはここから生まれた! チェコの本場ビール工場に行ってみる
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
チェコと聞いて、何をイメージしますか? チェコには、22年連続ランキング世界1位に輝いていることがあります。それが「1人あたりのビール消費量」です(キリンビール大学レポート2014より)。なんと1人あたり年間225本の大びんビールを飲んでいる計算になるのです。日本人の4倍弱の量もあります。これほどですので、チェコの首都プラハに行くと、ビール居酒屋「ホスポダ」が充実しています。多くの店で取り扱っているビールが「ピルスナー・ウルケル」。喉越しがよく、ホップの苦みがほどよく効いたビールで、多くの日本人が「うまい!」と唸ることでしょう。これこそが、日本のビールの元祖とも言えるビールなのです。お店ではヨーロッパではめずらしく食事も充実していますので、夜毎ホスポダ通いになるかもしれませんね。居酒屋好きの人にとっては、意外と、意気投合できるお国柄なのです。

この記事の続きを見る


ミャンマーの国民食「モヒンガー」は、店選びとトッピングで味わいは天国と地獄
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/ミャンマー/マンダレー 
ミャンマーの国民的なスープ麺「モヒンガー」を最初に食べたのは、地方のとあるゲストハウスの朝食でした。ひと口食べて、「むむむ? 」。せっかちな私の舌が二口目で出した結論は「絶対無理!」。お客さんが少ない季節だったせいなのか、スープにフレッシュさがない。ベタベタと油っこくてまずい。虫っぽい奇妙なものも浮いてるし…。この悪夢が尾を引いて、しばらく「モヒンガーはちょっと…」と敬遠してきた私。ところがマンダレーの友人にこの話をすると、「おいしい店で食べなくちゃ」と地元で人気の店をいくつか教えてくれました。

この記事の続きを見る


チェコの旅行会社「スチューデント・エージェンシー」の長距離バスがすごい!
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
バロック建築が美しい旧東ドイツの都ドレスデンに、「世界で一番美しい牛乳屋」があります。ここの‘世界一’はあまたある自称世界一ではなく、1998年にギネスに認定された正真正銘の世界一。私も、ドレスデンの旧市街の観光の合間にちょっと立ち寄ってみました。お店の名前は「ドレスナー・モルケライ・ゲブリューダー・プフント」、‘プフント兄弟のドレスデンの牛乳屋’という意味です。1880年創業の、130年以上も続く老舗の乳製品屋さんです。ドレスデンの旧市街から市電に乗って店の前に着くと、観光バスでやってきた西洋人の団体がちょうど出ていくところでした。西洋人にも評判のようです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。プラハ 食器 お店に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介