page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「プーケット島 雨季」の見どころ情報

プーケット島 雨季に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「プーケット島 雨季」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


リラックスなら「カロンビーチ」
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/プーケット島(タイ) 
パトンビーチから車で約15分程のビーチです。こちらのビーチの特徴は、歩くとキュッキュと音が鳴る“鳴き砂”。また、パトンビーチよりも海の透明度も高く、波も穏やかなので海水浴もお勧めですが、急深になっている箇所も多いので注意してください。

この記事の続きを見る


タイ南部のビーチリゾートでバカンスを過ごしたい。どこを選べばいいの?(前編)
  • テーマ:
  • ビーチ
「タイのリゾートなら、どこがおすすめ?」とよく聞かれます。どう違うのかわからない、と。たしかに旅行のパンフレットなどを見ると、青い空と海に白い砂浜…。同じように見えますよね。ところが実際には、まず地形や植生、気候、海の色、砂浜が違う。アクティビティやエンターテインメント、グルメの種類や充実度、客層も異なります。せっかくのバカンスだから、最適なところを選びたいですよね。ここでは2回連続で、タイ南部のビーチリゾートを選ぶポイントについて、いくつか提案したいと思います。

この記事の続きを見る


ホテルから一歩も出られない! バリ島の新年「ニュピ」とはいったいどんな日?(前編)
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
東南アジアのビーチリゾートとしては、タイのプーケット島と人気を二分するといっていいのがインドネシアのバリ島です。ここには日本人だけではなく、オーストラリア、台湾、中国、ヨーロッパ人など、世界中の観光客がやってきます。季節は大きく分けると、11〜3月の雨季と4〜10月の乾季に分かれていますが、近年は世界的な気候変動の影響で一ヵ月ほどズレ込むこともあるようです。旅のベストシーズンは乾季ですが、マリンスポーツなどをしないなら、雨季でも観光には大丈夫でしょう。ただ、バリへ行くならそれよりも注意しなければならない日があります。

この記事の続きを見る


雨季と乾季がある東南アジア。失敗しない場所選びは? マレー半島とアジアのビーチ編
  • テーマ:
  • ビーチ
東南アジアの雨季と乾季のシーズンですが、地域によってまったく異なります。それをまちがえると「ビーチに行ったがずっと雨で、何で行ったのか自分でも意味不明だった」ということになります。私の友人も、「チケットが安いから」とプーケットに行き、ずっと雨で海に入ることはないまま帰ってきました。きちんと調べて、その時期はプーケットではなくインドネシアのバリ島へ行けば、毎日雨ということはほぼなかったでしょう。

この記事の続きを見る


日本は夏休み。しかし世界は?
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/プーケット島(タイ) 
つい見過ごしがちですが、日本が夏だから同時期も世界中が暑いと思っていませんか? 地球は広く、今こうしている間も、春夏秋冬すべてがどこかの国であり、朝もあれば夜もあり、一年中夏の国もあれば一年中冬の国もあるのです。「夏休みシーズン到来!」の広告に誘われて行ったら、「行った先は寒かった」という失敗はありませんか? 今回は、「旅の季節」について考えてみたいと思います。

この記事の続きを見る


「プーケット島」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

しっとり美味しいカオマンガイ
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/プーケット島(タイ) 
看板メニューのカオマンガイは、スープとセットで60THB〜とお手頃価格。とても暑い日に行ったので、あまり食欲がなかったのですが、しっとりで優しい味の茹で鶏と、鶏の出汁で炊かれたタイ米は食べ易かったです。自家製のナムチム(カオマンガイと一緒に出てくる辛味ソース)も鶏肉にもご飯にも良く合い、ビールとの相性も良いです。

この記事の続きを見る


人気メニューは?
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/プーケット島(タイ) 
こちらのレストランの人気メニューは「プーパッポンカリー 」と「パイナップルチャーハン」だそう。遅い時間には売り切れてしまう程の人気メニューだそうで、私が行った21時頃には既に売り切れていました。代わりにグリーンカレーを頼みましたが、ココナッツミルクの甘さと体に良さそう?!な辛味がクセになるお味でした。レッドカレーは結構な辛さなので、辛いものが好きな方はチャレンジしてみてください。

この記事の続きを見る


バングラ通り
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/プーケット島(タイ) 
バングラ通りはパトンビーチからジャンセイロン(ショッピングモール)のある200ピー通りまでの、500m程の大通りです。通りにはクラブ、バー、ゴーゴーバーなどが建ち並び、毎晩多くの人で賑わっています。ジャンセイロン寄りの入り口は賑やかなバーが多く、ビーチ寄りの入り口は落ち着いたバーやファストフード店、服飾店が多いです。

この記事の続きを見る


プーパッポンカリー!
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/プーケット島(タイ) 
メニューはかなり豊富ですが、まず私のオススメは蟹のカレー炒め、「プーパッポンカリー」。スパイスと卵と蟹の旨味がぎっしりで、ビールにもよく合います!私は辛いものは苦手なのですが、プーパッポンカリーはココナッツミルクと卵が使われているので、辛いものが苦手な方でも食べやすいと思います。

この記事の続きを見る


長距離バス、列車、ボートでの移動が多い旅にはバックパックが便利です
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/プーケット島(タイ) 
何が楽しいって、海外旅行の準備でしょう! とくに荷物のパッキングはワクワクしますよね。まずは旅行カバンはスーツケースか、バックパック(背中に担ぐリュック型バッグ)にするのか・・それは旅のスタイルで選びましょう。1都市滞在型、高級リゾート滞在やクルーズの旅など、自分で荷物を運ぶ移動が少ない場合は「スーツケース」、トレッキング目的や、長期間で何か国も周遊する旅ならば「バックパック」がおすすめです。近年は、どちらも軽量化と耐久性が進んでおり、とくにバッグパックは、デザインも女子仕様や世界一周向けなど、その機能性を知るだけで使ってみたくなるようなものが続々登場しています。どの大きさを選ぶかは、バッグ売り場のスタッフに旅行日数を伝えて相談してみてください。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。プーケット島 雨季に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介