page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ヘルシンキ 空港 免税店」の見どころ情報

ヘルシンキ 空港 免税店に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ヘルシンキ 空港」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ニュージーランド航空は人気航空会社だが利用機会は限られる
  • テーマ:
  • エアライン・空港
航空会社を評価する際、単にサービスの良し悪しなどを基準にするのでは意味がない。「どういった運航をしているのか」が大切である。たとえば人気の航空会社にニュージーランド航空とカタール航空があるが、この2社を比べると大きな違いがある。日本からニュージーランド航空を利用する乗客のほとんどがニュージーランド渡航を目的にするのに対し、カタール航空の利用者はほとんどがカタールを目的地にしていないという点だ。同じ人気航空会社でも、その利用目的は真逆といっていいだろう。 つまり、ニュージーランド航空は質の高いサービスが人気で「ニュージーランド渡航の際はぜひ利用してみたい」となっても、欧米などへ行く際に利用できるわけではない。いっぽう、カタール航空は日本からヨーロッパ、中近東、また遠く南米方面への足となっているので、ヨーロッパに行く際などに「直行便にするか、エミレーツ航空にするか、カタール航空にするか」などと比較対象となり、利用機会も多いのである。

この記事の続きを見る


ファームハウスの広大なエリアを優雅に歩けばマイヤード気分。
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
ヘルシンキから車で40分、バスで1時間、ヘルシンキ=ヴァンター空港からは車で20分ほどの郊外にトゥースラ(Tuusula)という自治体があります。トゥースラ湖とその周りを取り囲む豊かな森や博物館やカフェなどの文化的な拠点は、都会の喧騒から逃れたいヘルシンキ市民のユートピア。そのトゥースラ湖畔に、17世紀の封建時代の大地主が所有していた由緒あるファームハウスを改築したホテルがあります。その名もKrapi(クラピ)。 おしゃれな木の柵に囲まれた広大な土地に、昔の農園の姿そのままに、ホテルとレセプションがある母屋、レストランや会議室となっている離れ、湖畔のサウナ小屋に夏の野外劇場やテラスなどの大小の建物や施設が点在しています。そこはホテルというよりはもう、一つのエリア。りんごや様々なベリーの樹木や低木などの豊かな自然に包まれて、ヘルシンキ郊外に住むフィンランドの人々の気分がたっぷり味わえることでしょう。フィンランド国内では気軽にぶらり立ち寄れる観光地として知られるトゥースラですが、海外からの観光客はまだ珍しく、空港からすぐ近くの秘境として静かに眠っています。

この記事の続きを見る


オンラインチェックインをしておけば、空港で荷物を預けるだけです
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
もうご存知の方も多いと思いますが、近年はスマートフォンの各航空会社アプリから直接チェックインができる「オンライン(WEB)チェックイン」が主流になりつつあります。搭乗時間の何時間前からできるかは各エアラインによって異なっていますが、およそ24時間から36時間前からというのが一般的です。やり方を簡単に説明します。1.まず予約した航空会社のアプリをスマホにダウンロードします。2.自分の予約番号またはチケット番号と姓(アルファベット)を入力すると、チケット予約の詳細が英語または日本語で出てきます。3.チェックイン(CHECK INN)を押して、パスポート番号など必要事項を指定どおりに入力。4.座席の指定やマイレージ番号の入力、食事のリクエストなどをして、最後にOKを押せば完了。あとは、出発当日に航空会社のカウンターへ行き、荷物を預けるだけです。

この記事の続きを見る


日本や英国のように「〇〇エクスプレス」という急行はなく、普通の近郊電車ですがスマートなデザインです
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
今や世界の旅行客の最強移動ツールはGoogleマップだといっても過言ではありません。フィンランドでも特に首都圏におけるGoogleマップの発達は早く、瞬く間に車のナビも要らないほど的確に正確なルートを提示するようになりました。(Googleマップ:https://www.google.co.jp/maps) 例えば普通に出発地を日本語で「ヘルシンキ空港」と検索すれば「ヘルシンキ・ヴァンター空港」という候補が上がってきてどんぴしゃりです。さらに目的地を仮にScandic Simonkentta:としてみて「スカンディック…」とカタカナで打ち始めると同じ系列のホテルの名前がずらずらと候補に上がり、やがて「スカンディックシモンケンタ」と見つけてしまいます。あまりメジャーではない地名はさすがにカタカナですいすいとはいきませんが、アルファベットで住所を入力すれば見つからない場所はありません。もう旅先でもガイドブックではなくスマホを片手に街歩きをする時代です。通話はしない予定でもデータ通信ができるように、WiFiかプリペイドSIMを装備して、あるいは随所にあるフリーWi-Fiを活用してヘルシンキを闊歩してみましょう!

この記事の続きを見る


ムーミンに会える場所がある
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
フィンランドには、ムーミンに会える場所があるんです。ムーミンゆかりの地である、タンペレとナーンタリという場所は、いずれもヘルシンキから鉄道で1時間半〜2時間ほどでアクセスが可能です。またヘルシンキに来たら、ムーミンワールドに行かれることもお勧めします。ナーンタリの町から湖上の橋を渡った所にあるカイロ島は、島一つが丸々ムーミンのテーマパークになっているんです!まさにムーミン谷の世界そのもの(^ ^)ムーミンワールドでは、ムーミンの仲間に会えちゃいますよ。もちろん写真撮影もOK。

この記事の続きを見る


クラウスケー
  • テーマ:
  • ライフスタイル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
宿泊先は『Klaus K(クラウスケー)』です。ここに決めた理由は、デザインの可愛いホテルでベストなロケーションである、また友人が実際に泊まって良かったと聞いたからです。滞在中、スタッフがとても良くしてくれて快適なホテルステイを楽しむことができました。強くお勧めします。ホテル情報サイトでも人気のようです。

この記事の続きを見る


定番は、食べきりサイズのFazerのチョコレート(約70セント)。フレーバーもミルクチョコレートから塩キャラメルに、なんと唐辛子味までと8種類近くある。(2016年9月8日現在:1ユーロ=115円)
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
海外旅行のハイポイントの一つに、地元のスーパーマーケット探検というのがありますね。その国の人達の暮らしぶりをのぞきに、お手頃なばらまき土産を買いに、はたまたデリで珍しいおかずをテイクアウトして、ホテルの部屋で食べるのもまた一つの楽しい冒険です。スーパーなんて、旅行の前にわざわざ場所をチェックしなくても、歩いていればすぐに見つかりそうなものですが、ヘルシンキ中央ではちょっと難関です。「え、でも早速空港で見かけたよ!」というあなたは、さすがの眼力。こちらは、フィンランドのKとSの2大小売業グループのうち、Sグループの小型スーパーチェーン、alepa(アレパ)です。(アレパ公式 店舗検索サイトhttps://www.alepa.fi/alepa-myymalat)

この記事の続きを見る


優雅な白い機体にフィンランドブルーのロゴが映えるエアバスA330。新しいヘルシンキ=福岡路線にも、この旅客機が起用される予定です。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
フィンランド航空は、日本とフィンランドをわずか9時間半で結ぶエアライン。成田、中部、関西空港からヘルシンキへの直行便は週21、JALとのコードシェアも含めると週28便も運航しています。さらに2016年5月からは、福岡=ヘルシンキ線も就航予定。ヘルシンキ・ヴァンター空港では、60以上のヨーロッパ都市にスムーズな乗り継ぎでき、そのうち34都市に最短最速で到着します。そのフィンランド航空では、貯めたポイントを使って簡単にエコノミーからビジネスクラスにアップグレードすることができます。(アップグレード方法はこちら→http://www.finnair.com/jp/jp/finnair-plus/use-points/finnair/update-travel-class)

この記事の続きを見る


Lentoasema(空港駅)からはP線で周った方が早くヘルシンキ中央駅に着きます。道中のTikkurila駅かPasila駅からは地方各都市につなぐ特急ICやペンドリーに乗り換えることができます。
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
2015年7月1日に、フィンランドのヘルシンキ・ヴァンター国際空港と首都ヘルシンキ間に待望の鉄道が開通しました。これによって今まで空港から市内への交通手段がバスかタクシーしかなかったヘルシンキに、電車で30分で到達することができます。この「リング・レイル・ライン」は、その名の通り、空港とヘルシンキ間の18Kmをハートの形の環状線で結んでいます。同路線は東西それぞれ数か所の主要な町にも接続していて、日中10分〜15分ごとに発車します。さぁこれで、ヘルシンキの旅がとても便利で快適になりました。

この記事の続きを見る


モスクワからヘルシンキに到着したばかりのA350XWB。笑顔の機長と。翼のエッジがカッコいい!
  • テーマ:
  • エアライン・空港
フィンエアーは2014年8月、ヨーロッパでのローンチカスタマーとなるA350XWBの客室デザインを発表した。それにあわせて現在、テスト飛行中のA350XWBがハブとなるヘルシンキにやってくるということで現地1泊3日の強行取材にチャレンジした!2014年8月12日、18:40。まだ明るいヘルシンキ空港に初めて実物を見るA350XWBの雄姿が美しくランディングした。XWBとは「エクストラ・ワイド・ボディ」の頭文字。その名の通り、よりワイドなボディに特化しているのが何よりも大きな特徴。このスペースを活かし中・長距離路線を効率的かつ快適に運航することができるのだ。フィンエアーは欧州のエアラインの中でいち早く、A350XWBを導入。2015年にまずヘルシンキ発着の上海、バンコク、北京線に、さらに2016年に香港、シンガポール線に投入する計画。待望の日本路線へのいち早い導入を願うばかりだ。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ヘルシンキ 空港 免税店に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介