page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ベトナム サパ 観光」の見どころ情報

ベトナム サパ 観光に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ベトナム サパ 観光」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ホアンキエム湖の湖畔で休憩するのも
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ハノイ 
北部ハノイはベトナムの首都であり、南部ホーチミンに続き第2の観光都市として知られています。ベトナムと言えば南国の気候をイメージしがちですが、ハノイは温暖な気候で、1年を通して若干の四季があります。旅行に最適なシーズンは10月と11月。ハノイではこの時期は「秋」と呼ばれていて、降水量も少なく、また過ごしやすい気温が続きます。ハノイはホアンキエム湖を中心に散歩道や教会、博物館といった観光名所が市内各地に点在していて、老若男女楽しむことができます。

この記事の続きを見る


一生懸命品定めをするモン族の女の子。エプロンは、タペストリーとしても使えそう
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/サパ 
細かく折りたたんだひざ丈のプリーツスカートとカラフルな刺繍の脚絆がかわいい! こんなすてきな民族衣装を若い女の子もおばあさんもみんな着ています! 民族衣装好きの女性なら、この衣装を見られるだけで眼福、眼福! ここまで来たかいがあったというものです。この小さな山間の町は、中国国境に近いベトナムのバックハーです。バックハーに住んでいる人たちは、フラワーモン族と呼ばれる少数民族です。モン族は、中国の西南部の貴州省や雲南省にも住んでおり、苗族と呼ばれています。中国では、苗族と言えば、刺繍やろうけつ染めの凝りにこった民族衣装で知られています。

この記事の続きを見る


「ベトナム サパ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

「ラッキー・プラザ」ドンコイ通り側の入口を入ってすぐ左手にある「SAPA(サパ)」。木の温もりが伝わってくるようなナチュラル系の店内
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホーチミン 
アオザイもいいけれど、もう少し普段使いができるお土産が欲しい…。そんな希望をお持ちのあなたには、ベトナム少数民族の伝統着をアレンジしたショップ「サパ(SAPA)」をオススメ!。サパとは、1918年にフランス人の避暑地として開拓された、ベトナム北部の山岳地帯にある街の名前。ベトナムには54もの少数民族がいるとされますが、サパ近郊には特に多く、モン族、花モン族、ザオ族、ザイ族、ターイ族などさまざまな少数民族が暮らしています。

この記事の続きを見る


「ベトナム 観光」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ベトナム航空のA350に乗ってホーチミンへ出発
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
カンボジアというと日本人観光客の多くが訪れるのがアンコール遺跡で、カンボジア西部のシェムリアップにある。しかし、今回はカンボジア中南部にある首都プノンペンを訪ねてみた。使った航空会社はベトナム航空のホーチミン乗り継ぎである。 ベトナム航空は近年、フライトが充実していて、東京を例にすると、成田からホーチミンへ1日2便、ハノイへ1日1便、ダナンへ1日1便、羽田からもハノイへ1日1便運航、ダナン便を除いてエアバスの最新機材であるA350に揃えられているというのも魅力である。 アジアへはLCCを利用する機会が多くなっているが、ベトナム航空は航空券がお手頃価格で、しかも機内食なども充実なので、コストパフォーマンスが高く感じる。ホーチミンでの乗り継ぎもスムーズで、空港の乗り継ぎ施設も充実している。たとえば、ベトナム航空の日本行きは夜行便が多いが、空港のトランジットエリア内に無料のシャワーがあり(バスタオルは自分で用意する必要あり)、重宝した。

この記事の続きを見る


ヘルダーランドプレインは食料品や生活雑貨、衣類などがそろうショッピングモールです。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
海外旅行中に和食を食べたくなることはありませんか?現地の料理も美味しいのですが、パンや脂っこい肉料理ばかり続くと、日本の素朴なおにぎりやお刺身が恋しくなります。体調を崩してしまった時も、心身を癒してくれるのは食べ慣れた日本のお粥やスポーツドリンクです。アムステルダムにはスーパーマーケットやアジア食材店など、日本食材を購入できるお店がいくつかあります。中でもお勧めなのは、アムステルダム南区のショッピングモール『ヘルダーランドプレイン (Gelderlandplein)』にある日本・韓国食材店『Shilla』です。

この記事の続きを見る


どこからでもタクシーで直ぐ行ける
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ダナン 
ビーチリゾート地として日本人旅行者に人気が高まっているベトナム中部のダナン。市街地の教会や市場散策に加え、タクシーで直ぐのところに雄大なミーケービーチが広がっているとあって、南国バカンスに最適な観光エリアです。「ティンティンスパ」は、市街地とビーチの中間地点に位置し、どこからでもタクシーで10分圏内のところにある人気のスパ&マッサージ店。傍にはかつて交易が栄えたハン川が流れています。ティンティンスパが流行っている大きな理由の1つが、「無料でうけられるサービスが盛りだくさん!」というものがあります。

この記事の続きを見る


ランタンで彩られたレストラン
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホーチミン 
世界遺産の町として知られているベトナム中部のホイアン。ツアーなどでは日中散策を楽しむ観光地として知られていますが、実はホイアンは夜がおすすめ。色とりどりのランタンがお店を照らし、ただ単に散歩するのもいいですし、ナイトマーケットや露店、雑貨店で買い物するのもおすすめです。ホイアンはダナンからタクシーで40分ほど。ホイアンからダナンへ帰る際、あまり遅くなるとタクシーを捕まえるのが大変かもしれません。できれば22時か23時くらいまでにはダナンに戻るようにしましょう。

この記事の続きを見る


ウォールアート
  • テーマ:
  • ライフスタイル
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/シドニー 
シドニーの大人気観光地であるBondi Beach(ボンダイビーチ)へやってきました。ビーチもいいですがウォールアートにも注目してみてください。とてもキュートなアートばかりで写真を撮るのが楽しいです。

この記事の続きを見る


リニューアルがすすむ「隆福寺」エリア。新スポットが生まれています。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
北京の旧市街にある「隆福寺」と呼ばれるエリアは、南北にはしる東四大街の西側に位置するエリア。15世紀には寺院が建立され、毎月縁日が行われ、多くの人でにぎわっていました。近年は、寺院の建物はほとんど失われ、そのあとに、「隆福広場」「隆福大厦」などのビルが建ちそこに服装マーケットを作るなどの改造計画が進められましたがうまく運営が進まず、街の中心部にありながら人影の少ない、閑散とした状態が続いていました。ようやく2年ほど前から本格的に再生計画が進められエリアの半分はまだ工事中ながらも、少しずつ最新スポットが生まれています。

この記事の続きを見る


白い砂丘と呼ばれる観光地
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホーチミン 
近年じわじわと日本人旅行者に知名度が上がってきている「ムイネー」。まだ日本からの直行便がないため、一度ホーチミンに降り立ち、市内から発着している長距離バスに乗ってムイネーへ行くことができます。欧米人には2000年代頃から人気が出てきた観光地で、特にロシアとオーストラリアからの定番の旅先としても知られています。そのムイネー旅行では、ビーチで海水浴をしたり、シーサイドのバンガローに宿泊したり、遺跡見学や渓流散歩といった自然散策を楽しむことができますが、その中でも最大の観光地が「ムイネー砂丘」です。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ベトナム サパ 観光に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介