page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ベトナム 生息 動物」の見どころ情報

ベトナム 生息 動物に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ベトナム 生息 動物」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


メコン川クルーズで出あう、アジアのジャングル
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホーチミン 
ベトナム ホーチミンを訪れた目的の一つは「メコン川クルーズ体験」。現地発の日帰りツアーを調べてみると、ツアー料金は旅行会社によって様々でした。ガイドが英語か日本語かによって、またクルーズ以外の立ち寄りスポットによっても料金が異なるようです。10ドル(約980円)以下から50ドル(約4900円)くらいまでありました。安さを求めて、バックパッカーが集まるベンタイン市場近くの旅行会社に行ってみると、料金10ドル(約980円)の表示が!しかもランチ付き!その安さに飛びついて、翌日のツアーを予約しました。

この記事の続きを見る


「ベトナム 生息」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ハロン湾のミニチュア版っぽい。同じように珍しいカルスト地形であるのに加え、古都ホアルーがあることも興味深い
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ハノイ 
ハノイから車で約2時間のニンビン。世界遺産チャンアンがあることで知られ、そのカルスト地形によって形成された景観の妙は「陸のハロン湾」と称されることもしばしばです。実はここ、その珍しい地形だけでなく、10世紀に設立されたベトナムで最初の王朝の都であったホアルーがあることもまた、世界遺産に認定された理由。ベトナムで初めての複合遺産なのです。

この記事の続きを見る


心癒される高原地帯の風景
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホーチミン 
ベトナムには「タイグエン」と呼ばれる高原地帯があり、中部から中南部にかけて広がっています。高原地帯のダクラック省は標高500メートル以上で、バンメトートを省都に置いています。ダクラック省最大のチューヤンシン山脈が郊外に連なり、その麓には数多くの少数民族が暮らしています。旅行者にとっては「コーヒーの町」、「ゾウに乗れる町」として知られています。日本からの直行便はなく、ハノイやホーチミンといった各都市から国内線に乗り継いで行くことになります。

この記事の続きを見る


「ベトナム 動物」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

おすすめ商品1:箸置き
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ハノイ 
私の一番のお気に入りは箸置き。35,000VND~。特に猫のものが多いので、猫好きとしては全部欲しい程。職人の手工芸による絵柄はどれも表情が違うので、じっくり吟味してお気に入りを選ぶのも楽しいです。

この記事の続きを見る


まずは市街地からケーブルカー乗り場へ
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ニャチャン(ベトナム) 
「ヴィンパールランド」へ行くにはケーブルカーが高速ボートとなります。ボートは1日数回の決まった時間しか出ないので、ケーブルカーで行くのがオススメ。ケーブルカー乗車券兼ヴィンパールランド入場料となっており、1人800,000VND(約4000円)です。こちらがフリーパスとなり、アミューズメントパークのどこのエリアも入場料などは必要ありません。※飲食代などは除く

この記事の続きを見る


「取り巻く世界」からどう選択するかが大事!
  • テーマ:
  • イベント
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
展示コンセプトは、『Imaginarium: To the Ends of the Earth(世界の果てまで)』。人間や植物、動物区系が変わりゆく地球環境にどのように適応してきたのか、私たちを取り巻く身近な世界、大地にまつわる物語を探検します。9アーティストによる作品はアシスタント・キュレーターAndrea Fam(アンドレア・ファム)さんとJohn Tung(ジョン・タング)さんに選ばれたもの。困難な状況からどのように希望を見出すか、また生存するための適応能力、やりなおす力など、未来を担う子どもに現代アートを通して“物の見方の新しい選択肢”を提示しています。 “未来は変えられる”ポジティブなメッセージが一杯!

この記事の続きを見る


ホイアンの路地で昼寝する犬
  • テーマ:
  • 動物
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホイアン 
僕にとっての旅の最大の楽しみは、何といってもブラブラと当てもなく街歩きをすることです。しかも大通りではなく、できれば路地のような細い道を、庶民の暮らしから発せられる、物音や人の声、匂いを五感で感じつつ歩くのがいいのですね。2017年2月にはベトナムのホイアンに1か月滞在しました。この時もやはり、路地から路地を縫うように歩き回りました。ホイアンの町は他のアジアの町と同様、住宅街が迷路のようになっています。道幅はとても狭く、バイクは通れるものの車が通るのは難しいくらいの広さで、住宅が密集しているのです。しかしゆるやかながら経済発展しているこの町には、近年豪華な新しい家々が建ち始めています。どの家もしっかりと塀に囲まれ、多くが2階建てか3階建てのコンクリート造りです。床には大理石が敷かれ、大型の液晶テレビでは、韓国ドラマや日本のアニメなどを放送していました。

この記事の続きを見る


サオビーチは海水浴にぴったり
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホーチミン 
フーコック島はまだまだ外国人に認知されていなく、観光客もベトナム人がほとんどです。道路も舗装されていなく、赤土を延々と走ることもあります。一方雄大な大自然を体感できるネイチャーアイランドでもあり、一部の外国人には根強い人気もあります。また、近年は観光開発も進み、5つ星のリゾートホテルやラグジュアリーなコテージなども並ぶようになりました。ビーチエリアは島南方のサオビーチとケムビーチが人気。いずれもシーフード食堂があり、そこでその日水揚げされた新鮮な魚介を堪能することができます。

この記事の続きを見る


日本でもマネできそうだけど、おこわの味が絶妙で、マネは難しい。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/フエ 
私がベトナム旅行中に、はまったベトナム料理は、料理とは言えないぐらいシンプルです。見た目がちょっと、いや、かなり変わっているかもしれません。ハノイやフエでは、ごく普通に地元の人が食べていたごはんです。それなのに、日本のテレビの旅番組などで、取り上げられたことは、たぶんないです。ガイドブックにも載っていません。そんなにマイナーな料理を食べたつもりはないんですけど。でも、本当においしかったのです。テレビでベトナム料理を見たりすると、無性に恋しくなります。

この記事の続きを見る


アジアで手軽にオーダーメイド
  • テーマ:
  • 動物
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
バリ島やベトナムのホーチミンは、女性のおしゃれな服をオーダーメイドできることで、一躍ブームになりました。現地でなら、民族衣装を手軽にかつ本格的に仕立てることもできます。私の友人女性は、ベトナムでアオザイ、シンガポールでチャイナドレスをオーダーメイドしました。また、会社の上司は出張でシンガポールに行くついでに、いつもワイシャツを布から選んで仕立ててもらっていました。日本では服のオーダーメイドなんて高くてなかなかできませんが、アジアは仕立て代が安いので、気軽に一着オーダーしてみてはいかがでしょうか。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ベトナム 生息 動物に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介