page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ベトナム」の見どころ情報

ベトナムに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ベトナム」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果441

1 2 3 4 5 末尾 次へ


北京の人気雲南料理店「大理院子(東城区鼓楼東大街小経廠胡同67号)」の内部は、まさにカフェ!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
北京料理はもちろん広東、上海、四川、湖南、山西、新疆、雲南などなど、中国全土の料理が食べられるのが北京のすばらしさ!中でも新疆料理と雲南料理は、異色の存在です。どちらも中国料理っぽくないのが特徴。新疆料理は、主食のナンといい、トマトを使ったパスタのような麺といい、中央アジアの料理そのもの。雲南料理は、パイナップルの身をくりぬいたお皿に入ったチャーハンやミントの葉っぱ入りの米粉などは、タイやベトナムの料理にも似ています。新疆料理に比べ、雲南料理は、おしゃれ感があるのです。北京で人気の雲南料理のレストランは、どこもナチュラルテイストのカフェのような雰囲気です。そのためか雲南料理は、特に若者に人気があるようです。

この記事の続きを見る


人気のリゾートもいいけれど……。静かな環境とベトナムの原風景といった味わい深い滞在を望むのなら、ムイネーが断然おすすめ
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ファンティエット(ベトナム) 
ここ数年、世界的な流行となっているのがベトナム中部のダナン。ビーチサイドには大型リゾートも建設され、日本から直行便もあることからリピーターも多く定番の旅先のひとつになったといってもいいでしょう。 とても洗練されたダナンのようなリゾートもいいですが、もうちょっとベトナムらしい素朴さを……と思う方におすすめなのが、ムイネー。サイゴン(ホーチミン市)から200kmほどの距離にあるビーチリゾートで、車で約5時間で行くことができます。鉄道でも行けることは行けるそうですが、鉄道駅(ファンティエット)に着いてからリゾートまでの交通の確保などを考えると、サイゴンで車を手配するほうが楽かもしれません。 ムイネーは1990年代に開発が始まったリゾート地ですが、やはり飛行機でぴゅ〜っと行けるわけではないせいか、大型ホテルが立ち並ぶといったことはなく、今ものんびりした雰囲気が魅力です。

この記事の続きを見る


夜の19時ころから賑わいがはじまる
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/フーコック島(ベトナム) 
日本人にはまだ馴染みのない観光地かもしれませんが、フーコック島はベトナム南西にある、国内最大の離島であり、最西端の島。エリア的にはメコンデルタ地方となり、カンボジアとの国境にも面しています。ホーチミンから国内線でおよそ1時間で行けるほか、メコンデルタのハティンという町から小型ボートで向かうこともできます。そのフーコック島では、毎日夜になると開催されるナイトマーケットがあります。場所は市内ユーンドン市中心、海が近くのバクダン通り沿いとなります。石山殿から徒歩3〜5分程度の距離です。

この記事の続きを見る


ネパールの人々にもカフェラテやカプチーノは人気
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
私がネパールに住み始めた20数年前、ツーリストエリアのレストランでも、コーヒーといえば、インスタントコーヒーが出てくるのが普通でした。ネパールの人々が日常好んで飲むのはチヤと呼ばれるミルクと砂糖たっぷりの煮出し式ミルクティー(インドではチャイと呼ばれる)。豆のコーヒーが飲めるところは、数えるくらいしかありませんでした。それが近年、急速に状況は変化。カトマンズやポカラなどの都市部では、エスプレッソマシーンを有するカフェがあちこちにオープン。ネパールの人々も気軽にコーヒーを楽しむようになりました。

この記事の続きを見る


前菜盛り合わせの一例。色々な種類があるので、シェアして楽しんでくださいね。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
温かくて胃にも優しいフォーを代表するベトナム料理はウィーンでも人気で、市内にもたくさんのお店がありますが。その中の人気のお店の1つが、この「Le Viet」です。ウィーン市内には1区と8区の2店舗あり、1区は「Le Viet」、8区は「Le Viet@8」という名前です。メニューや値段設定はは少し違いますが、どちらも本格的なベトナム料理を楽しむことが出来て、前菜からデザートまでたくさんの種類のメニューが用意されています。お勧めなのは前菜の盛り合わせ。たくさんの種類を少しずつ食べられるのは嬉しいですね。お花やハーブなど使って盛り付けているので、彩りもとても素敵です。

この記事の続きを見る


「フレンチタコス」って?
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ハノイ 
普段私たちがイメージするタコスとは違い、こちらの“フレンチタコス”はブリトー寄りで、小麦粉でできたトルティーヤに具材がたっぷり入ったものとなります。一番小さいSサイズでもこの大きさで重みが凄い・・!お値段は85,000VND~です。

この記事の続きを見る


テラス席からは大聖堂が臨める
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ハノイ 
こちらのカフェのテラス席からは聖ヨセフ大聖堂が臨むことができ、ベトナム人マダムや欧米人のお客様にも人気のスポットとなっています。カフェ自体が落ち着いた雰囲気で、それぞれの席にもゆとりがあるのでのんびりカフェタイムができます。

この記事の続きを見る


「揚げフォー」って?
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ハノイ 
油で揚げたフォーに牛肉やホルモン(私が行くお店では鶏のホルモンが入っていますが店舗によりそれぞれ)、野菜類の入ったあんかけをかけて頂く料理です。カリカリに揚げたフォーに鶏ガラの出汁がきいたあんかけが絶妙。ちょっとキンカンを絞って食べるのもお勧めです。日本のかた焼きそばや皿うどんのようなイメージです。一皿の量も多いので、2~3人で分けて食べるのがお勧めです。一緒に行ったベトナム人の友人のお子さんは、揚げフォーを唐辛子の入ったヌックマムに付けて延々と食べていました。ヌックマムに付けるとお煎餅のような、スナック感覚でも食べられます。※写真は麺状のフォーを揚げていますが、フォー生地を一口大に切って揚げているお店もあります。

この記事の続きを見る


クラフトビールと一緒に食べたいバーガー
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ハノイ 
ベトナム人オーナーのこだわりが詰まったこちらのお店では、お肉好きさんからヴィーガンの方までバーガーが楽しめるラインナップになっています。特に欧米人のお肉好きさんから人気なのが、ニュージーランド産ビーフを使用したパティ。しっかりお肉の味がする、ジューシーなパティは是非ビールと一緒に!こちらではハノイ発のクラフトビール「Barett」(バレット)も販売されており、ハンバーガーとの相性も抜群です。

この記事の続きを見る


フレンチコロニアルな建築物が多いのがベトナム。そうした建築物を訪ね歩くのも街歩きの楽しみのひとつ
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホーチミン 
ベトナムでは街を歩けば小さな椅子に腰かけてお茶を飲む人を多く見かけます。古くから喫茶文化があり、ベトナムの人々は老若男女問わずお茶をするのが大好きな人が多いようです。フランス統治時代にはコーヒーが持ち込まれてからはコーヒーも加わり、喫茶スタイルもさまざまに変化しています。現代では道端カフェも健在ですが、WiFiのある屋内カフェも人気。特に近年ではヘリテージビルを改装した、すばらしいカフェもお目見えしています。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ベトナムに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介