page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ベルギー ビールツアー」の見どころ情報

ベルギー ビールツアーに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ベルギー ビールツアー」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果27

1 2 3 末尾 次へ


レイエ川沿いに建っている
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ゲント 
ベルギーの首都ブリュッセルから快速電車で30分のところに位置するゲントは、ブリュッセル滞在中に、日帰り小旅行で十分に楽しむ時間がある街。ブリュッセルとはまた雰囲気が違う中世の街を探検するには、駅からトラムで街中へ移動した後に歩き回ると便利です。まず立ち寄りたいのはフランドル伯のお城The Gravensteenです。軍事目的で建てられたため、お姫様が住むおとぎ話に出てくるようなお城というよりは、牢獄のような殺風景な魔物が住んでいそうな雰囲気。実際牢獄としても使われた時期もありギロチン台などもあります。オーディオガイドのナレーションが子どもにもわかりやすく、ストーリー性があっておもしろく、聞いていて飽きないのでおすすめです。お城の最上階からはゲントの街を一望できます。

この記事の続きを見る


ビストロ「ヘンリ」の前菜、キヌアのセビーチェ
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
ヨーロッパでグルメ旅といえば、迷わずベルギー・ブリュッセルでしょう。名店がひしめくブリュッセルの街の絶品ビストロをご紹介します。1つは、グランプラスからほど近い「レスト・ヘンリ Resto Henri」。こちらはモダンな雰囲気と食材、盛り付け、味、サービス、どれをとってもオール満点。とくにいま地元の若者に大人気です。地ビールDeltaを頼んで出てきたおしゃれなアミューズも食欲をそそりました。前菜で頼みたいのは、生ガキと、地元で獲れるグレイシュリンプというエビのコロッケ。そしてキヌアを使ったセビーチェ。セビーチェは、キヌアをベースにアボカドとカボチャのペーストが小ホールケーキのように盛られて、これがセビーチェ?と驚かされます。メインは、アニス入りビネガーとベッパーの2種のソースでいただく牛ステーキを注文。カリカリのフライドポテトとともに絶品でした。●レスト・ヘンリ www.restohenri.be

この記事の続きを見る


クラシック・フランドル・ビーフシチューのトッピング
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/ハーグ 
オランダの名物のうちの一つにフライドポテトがあります。フライドポテトと聞くと日本ではつけ合わせのイメージが強いのですが、オランダやベルギーではフリッツと呼ばれ、メインのスナックとして食べたり、ディナーの主食としてサーブされることもあります。またフリッツは特にマヨネーズ(フリッツソース)をつけて食べるのが一般的で、日本に旅行に来たオランダ人が、ファーストフード店でポテト用にマヨネーズをオーダーし店員から驚かれた、というエピソードまであります。

この記事の続きを見る


スキーダムにある国立イェネーファ博物館では2018年中旬までイェネーファのラベル展を開催中。コレクションは10万点にのぼる。Photo:
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
ジンの起源となったオランダのお酒、イェネーファ(jenever)。17世紀に熱病の薬として発明されてから350年間、国民酒としてオランダの人々に愛飲されてきました。大麦麦芽やライ麦を発酵させた醪を2、3回蒸溜してモルトワインを造り、イェネーファ・ベッセン(杜松の実)を加えて再溜します。イェネーファ・ベッセンの爽やかなフレーバーが特徴で、ジンよりも麦芽香が強くコクのある味わいです。EUの原産地呼称統制(AOCs)により、オランダ、ベルギーの二カ国と、フランス、ドイツの一部産地で製造されたものでなければイェネーファの名称を使うことができません。前回のイェネーファ紹介の記事に続いて、イェネーファ通になるための基本情報をまとめました。

この記事の続きを見る


ドム塔を臨むロケーション。カフェ・オーロフ
  • テーマ:
  • 世界のカフェ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/ユトレヒト 
ミッフィーの作者ディック・ブルーナさんが2017年2月16日、故郷のユトレヒトで亡くなりました。享年89歳でした。このニュースは日本でも大きく取り上げられたと思います。ユトレヒトでは多くの人が、街が生んだ偉大なアーティストの逝去を悼み、街の北のミッフィー像には献花が捧げられました。

この記事の続きを見る


ベルギーで食べるワッフルは、なんだかおいしい
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
ベルギーのブリュッセルは、パリから1時間20分ほど、アムステルダムからも2時間弱で結んでいます。しかもブリュッセル中央駅の近くに観光名所が集まっているので便利です。坂道を下って行くと生チョコやワッフルのお店が軒を連ねています。そして17世紀以前に建てられた建物に囲まれた広場グランプラスがあります。ビール博物館やチョコレート博物館があり、一角には世界旅行漫画で有名な「タンタン」のお店も。土産物屋街を行けば、左手に名物の小便小僧の像が見えてきます。あまりに小さいために、「世界三大ガッカリ」に数えられるほど(残る二つはシンガポールのマーライオンと、デンマークの人魚姫です)。グランプラスをはさんで、小便小僧とは反対側の路地がイロ・サクレ地区。歩道にテーブルをびっしり並べ、バケツに入った名物のムール貝のワイン蒸を食べている人たちを見かけます。ここで半日は過ごせそうですね。

この記事の続きを見る


店と同名のオリジナル・ビール「シェ・レオン」
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
パリからわずか1時間ほどで行ける、世界遺産のグラン・プラスや小便小僧などで知られるベルギーの首都ブリュッセル。この町は美食の町としても知られ、グラン・プラスから徒歩数分のところにある「イロ・サクレ地区」には数々のレストランがひしめいています。歩いているときっと食欲もそそられるでしょう。一方で、イロ・サクレ地区には客引きも多く、相場よりもかなり高額な料金を請求されてしまうといったケースもあるようです。旅行初心者の方がふらっと店に入るのはなかなか難しいかもしれません。しかし、そんなイロ・サクレ地区で自信を持っておすすめできるお店が、創業1893年という老舗レストラン「シェ・レオン」です。

この記事の続きを見る


昔の道具が多数保管されている屋根裏部屋
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブルージュ 
小さな運河が町中に張り巡らされ、「北のベネチア」とも呼ばれるベルギーの水の都ブルージュ。ここは旧市街地が世界遺産に登録されているように、歴史的な景観を色濃く残した町です。そのブルージュの中心となるマルクト(広場)から徒歩約10分、人気観光スポットのベギン会修道院のほど近くに、1856年創業という老舗のビール工場「ドゥハルヴマーン醸造所」があります。この醸造所では、ブルージュを代表する地ビール「ブルージュ・ゾット」などが製造されており、ここで作られたビールが飲めるビアホールやお土産ショップが併設されています。さらにそれだけでなく、工場見学もでき、ベルギービールの製法について学ぶことができるんですよ。

この記事の続きを見る


右側奥がビールを注文するカウンター
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
いわずと知れたビール大国ベルギー。その首都ブリュッセルに、なんと世界一の種類という2004銘柄のビールを置いているバーとして、2004年にギネス・ワールド・レコーズに認定された「デリリウム・カフェ」があります。場所はレストラン街として有名なイロ・サクレ地区の、小道を少し入ったところ、ひっそりと飾られている小便少女のちょうど向かいにあります。開放的でにぎやかな雰囲気なので、周囲のレストランと違いひとりでも入りやすい雰囲気です。

この記事の続きを見る


ギャイジングル・ブルワリーのスタウト
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/アイスランド/レイキャビク 
アイスランドのクラフトビール、前編からの続きです。スクーリ・クラフツバーは、アイスランドのクラフトビールの中でもメジャーな「ボルグ」というブルワリーのビールを多く揃えています。ボルグで最も有名なビールは、2013年にワールド・ビア・アワードのヨーロッパ・ブロンズを獲得している「ブリオ Brio」というビールです。一般的なピルスナー・スタイルで、多少独特の酸味がある以外はくせのないすっきりした味わいのビールです。同じボルグでは「レイブル Leifur」と「Myrkvi ミルクヴィ」も飲みました。レイブルは、ベルギー発祥のセゾンというスタイルの苦味の強いタイプのビールですが、むしろハーブのような香ばしさが強く、調べてみたら原料にタイムを使っているようでした。ミルクヴィはキャラメルのような風味のあるポーター(黒ビール)で、原料にコーヒー豆を使っているようです。どちらもクラフトビールらしい個性的な味わいを楽しむことができおすすめです。

この記事の続きを見る


1 2 3 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ベルギー ビールツアーに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介