page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ベルギー ブリュッセル 子供服」の見どころ情報

ベルギー ブリュッセル 子供服に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ベルギー ブリュッセル 子供服」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


遠近法で眺める景観は、計算された美しさ。ギャラリー内の回廊やオブジェは当時そのままの姿を残し、さらに一番最近の修復工事によって、当時の輝きと華麗さを取り戻したと言われています
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
通称「ギャルリーサンチュベール」と呼ばれる、ブリュッセルのダウンタウンにあるアーケード街は、観光で訪れた人ならほぼ間違いなく足を運ぶスポット。そして、その人通りの多さから、ただの観光向けお土産ショップ街と思っている人も多いはず(私も最初はそう思いました)。ですが、実はその歴史160年!当時の王妃様の命により作られ、今でもブティック選定やアート活動など、マネジメントもきちっとされたアートな空間なのです。ブティック巡りをしただけではもったいない!今回はこの魅力的な空間の秘密をご紹介します。

この記事の続きを見る


「ベルギー ブリュッセル」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

レイエ川沿いに建っている
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ゲント 
ベルギーの首都ブリュッセルから快速電車で30分のところに位置するゲントは、ブリュッセル滞在中に、日帰り小旅行で十分に楽しむ時間がある街。ブリュッセルとはまた雰囲気が違う中世の街を探検するには、駅からトラムで街中へ移動した後に歩き回ると便利です。まず立ち寄りたいのはフランドル伯のお城The Gravensteenです。軍事目的で建てられたため、お姫様が住むおとぎ話に出てくるようなお城というよりは、牢獄のような殺風景な魔物が住んでいそうな雰囲気。実際牢獄としても使われた時期もありギロチン台などもあります。オーディオガイドのナレーションが子どもにもわかりやすく、ストーリー性があっておもしろく、聞いていて飽きないのでおすすめです。お城の最上階からはゲントの街を一望できます。

この記事の続きを見る


Lievevrouwbroersstraat
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
ベルギーと聞いて最初に想像するのが小便小僧とワッフルではないでしょうか。ベルギーの首都ブリュッセルにベルギーの有名人、「小便小僧」(マネキンピスManneken Pis)とご対面できます。ブリュッセル駅から石畳を歩いて約10分の距離。人だかりができているのですぐにわかりますが、びっくりするほど小さい像。「世界三大がっかりのひとつ」とも呼ばれているようですが、1619年に制作されたこの銅像はミニサイズでかわいらしいといえばかわいらしいです。もともとここは水汲み場として使われていたそうです。こんなに観光客のみなさんは喜んで自撮りもしているのですが。実はこちらにあるのはレプリ。盗難防止のために本物はグランプラスにあるブリュッセル市立博物館に納められているので、ぜひ本物も見に行ってみてください。

この記事の続きを見る


(c)プランタン・モレトゥス印刷博物館所蔵「船の版画シリーズ」の1枚。アントワープで撮影。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
今年没後450年を迎えたネーデルランド出身画家ピーテル・ブリューゲル1世。10月からブリュッセルのシャルル・ド・ロレーヌ宮で版画展「白黒のブリューゲルの世界展」が開かれます。『農民の婚宴』などの油絵で知られるブリューゲルですが、実は画家としてのキャリアは版画の下絵制作からスタートしました。今回の展覧会には全65点の版画作品のうち、王立図書館から17点が出展される予定です。ブリューゲルの作品を通じ、16世紀の版画づくりのノウハウや流通についても学べる貴重なもので、ブリューゲル記念イヤーのハイライトとなります。

この記事の続きを見る


ヴィクトル・ユーゴーが「世界でもっとも美しい広場」と賞賛したグランプラス。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
2019年はフランダース絵画の巨匠ピーテル・ブリューゲル没後450年記念の年です。そこで街中のブリューゲル関連スポットを巡る「お散歩ルート」を紹介します(ブリューゲルについては『2019年はブリューゲル没後450年(1)(2)』『ベルギー王立美術館(前・後編)』をご覧ください)。ブリュッセルに着いたら、まずはブリューゲルもよく足を運んだであろう世界遺産グランプラスへ。高い塔をもつ市庁舎を中心に、緻密な装飾を施した美しいギルドハウスが並んでいます。こちらは夕方から夜にかけてが断然綺麗! 夜23時頃まではライトアップされているので、日中の観光とは別に夕方から夜にかけてもぜひ行ってみてください。とくに夏の夜は心地よく、広場内のカフェはもちろん、石畳に直に座ってイルミネーションを楽しむ若者を多く見かけました。

この記事の続きを見る


ビストロ「ヘンリ」の前菜、キヌアのセビーチェ
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
ヨーロッパでグルメ旅といえば、迷わずベルギー・ブリュッセルでしょう。名店がひしめくブリュッセルの街の絶品ビストロをご紹介します。1つは、グランプラスからほど近い「レスト・ヘンリ Resto Henri」。こちらはモダンな雰囲気と食材、盛り付け、味、サービス、どれをとってもオール満点。とくにいま地元の若者に大人気です。地ビールDeltaを頼んで出てきたおしゃれなアミューズも食欲をそそりました。前菜で頼みたいのは、生ガキと、地元で獲れるグレイシュリンプというエビのコロッケ。そしてキヌアを使ったセビーチェ。セビーチェは、キヌアをベースにアボカドとカボチャのペーストが小ホールケーキのように盛られて、これがセビーチェ?と驚かされます。メインは、アニス入りビネガーとベッパーの2種のソースでいただく牛ステーキを注文。カリカリのフライドポテトとともに絶品でした。●レスト・ヘンリ www.restohenri.be

この記事の続きを見る


ヤン・ブリューゲル1世の静物画のイメージ。彼は四季折々の花々を描き「花のブリューゲル」とも呼ばれました。この作品はハーグの「マウリッツハウス美術館」で見られます。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
「ベルギー王立美術館(前編)〜ブリューゲル没後450年イヤーに見るべき作品はコレ!」からの続きです。西洋絵画の世界は、中世までは宗教画や肖像がメインでしたが、16世紀に入ると風景画のジャンルが生まれます。ピーテル・ブリューゲル1世は、風景のみの絵を描いた先駆者ともいわれています。16世紀、イタリアの盛期ルネッサンス美術が北ヨーロッパに伝わると、ネーデルランドの多くの画家はローマに留学します。ブリューゲルも26歳頃から約2年間ローマで古典美術を学びますが、帰国後はイタリア的な人間中心の作品は描きませんでした。低地のネーデルランドで育ったブリューゲルにとって、イタリア旅行の道中で目にしたアルプスの山々や渓谷の景色は何より感動的だったのです。その感動を元に大風景画シリーズを手掛け、絶大なる人気を博します。

この記事の続きを見る


古典部門の部屋には、15世紀から18世紀のベルギー印象派までフランダース絵画が収められています。写真はヒエロニムス・ボス『聖アントニウスの誘惑』作品の一部。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
かつてネーデルランド(「低地地方」という意味)と呼ばれたベルギー・オランダは、偉大な画家を多く輩出しています。ヤン・ファン・エイク、ヒエロニムス・ボス、ブリューゲル、ルーベンス、レンブラント、フェルメール、ゴッホ、マグリット、モンドリアン・・・。なかでも2019年は、ピーテル・ブリューゲル1世(1526頃〜1569年)の没後450年にあたり、ベルギー国内ではブリューゲル記念イヤーとして魅力的な催しがいっぱいです。まずはブリュッセルにあるベルギー王立博物館の古典部門で、ピーテル・ブリューゲル1世とその子孫たちの作品を鑑賞しましょう。

この記事の続きを見る


1250年築のシント・アナ・ペーデ教会は『盲人の寓話』内に描かれています
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
「2019年はブリューゲル没後450年(1)〜名画の世界を再現したベルギー・ボクレイク野外博物館へ」からの続きです。今回はブリューゲルがこよなく愛し作品に描き続けたフランダースの原風景「ブリューゲル街道」。ブリュッセルから車で南西へ約20分、緑豊かな田園風景が広がるパヨッテンランドに到着します。画家ピーテル・ブリューゲルは16世紀半ば、当時、世界経済の中心地だったアントワープからブリュッセルに移住し、この村を歩き訪ねてそこに暮らす農民の日常を描き続けました。友人とともに市場に出かけ、村のお祭りや宴に参加するうちに、農民たちの勤勉さや実直さ、素朴さに魅了され、愛をもって農民を忠実に描きました。貧しくても明るく遊び心を忘れないたくましい生き方に共感していったのです。

この記事の続きを見る


ピーテル・ブリューゲル1世が36歳の頃に描いた「反逆天使の転落」(1562年)の一部
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
名画「バベルの塔」でも有名な16世紀ベルギー・フランドル派の画家ピーテル・ブリューゲル1世。2019年は彼の没後450年にあたり、ベルギー各地ではブリューゲルに関するさまざまなイベントが予定されています。そのいくつかと、ブリューゲルの故郷や愛した原風景、見るべき美術館を5回にわたってご紹介します。ブリューゲルファンなら、2018年に日本各地で開催された企画展覧会「ブリューゲル展〜画家一族150年の系譜」をご覧になった方も多いでしょう。筆者も6月の取材前に観に行きその世界に魅了されたひとりです。そしてブリューゲルという画家は1人でなく、父、子、孫、ひ孫の代までそのスタイルが受け継がれ、約150年にわたって「ブリューゲル様式」とよばれる'ブランド’が確立したことをはじめて知りました。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ベルギー ブリュッセル 子供服に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介