page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ボラカイ島 夕日 時間」の見どころ情報

ボラカイ島 夕日 時間に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ボラカイ島 夕日」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


アジアトップクラスのホワイトビーチで日光浴!
  • テーマ:
  • ライフスタイル
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ボラカイ島(フィリピン) 
アジアトップクラスに選ばれたホワイトビーチは全長約4キロメートルあります。この日は曇り空が多かったけど、ビーチは期待を裏切らない白い砂浜・透明度の高いグリーン色の海!砂浜を裸足で歩くのがとっても気持ちが良かった。まさに楽園バカンスです。

この記事の続きを見る


「ボラカイ島 時間」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

うっとりするほどのホワイトビーチ。サラサラの砂は裸足で歩くと気持ちいい!透き通る海を毎日眺めては日常逃避…
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ボラカイ島(フィリピン) 
マニラから南へ約200km、フィリピンの中部に浮かぶ離島のボラカイ島。島の長さは約7kmという小さい島です。7000島を超える島々で形成されるフィリピンのなかでも、ホワイトビーチの美しさで世界に名を馳せるボラカイ島。今から20年前のBMWによる投票で「世界最高のビーチ」 となり、その後旅行誌などで取り上げられる憧れのビーチ。眩しいばかりの白浜が4kmにも渡って続くのはまさに圧巻です。フィリピンのリゾートはセブが有名ですけど、在住者は“ボラカイ”をまず制する人が多く、ツウな旅先になっています。

この記事の続きを見る


緑のトンネルを抜けて、レセプションへとアプローチ。敷地の広さは2.5ヘクタール!
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ボラカイ島(フィリピン) 
フィリピンのボラカイ島にあるマンダラ・スパ&ヴィラズ・ボラカイは、フィリピンに3軒(ほかに同島のディスカバリー・ショアーズ内とボホール)を展開するスパです(インドネシア発のスパ・グループとは異なります)。中心的存在となるのが、ステーション3近くにあるデスティネーション・スパ&デイ・スパのこちら。メインストリートから緑のトンネルを抜けた丘の上、熱帯の木々に包まれた静寂の環境にあります。セラピストはヨガを毎日行ってエネルギーを高めるなど、本格的にウェルネスに取り組む姿勢から、数々の賞に輝いています。

この記事の続きを見る


「夕日 時間」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

窓側に座り、タヒチのボラボラ島上空から撮影した写真
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/南太平洋ビーチ/タヒチ 
待ちに待ったバケーション、旅のスタートである機内の中から快適に過ごしたいですよね。ところで、機内の座席はどのあたりがいちばん快適なのでしょう。ここで触れるのはエコノミークラスについてです。皆さんは窓際(ウィンドゥシートWindow Seat)、通路側(アイルシートAisle Seat)の席、どちらを選んでいますか? エアチケットを予約した時にすでに座席は決められていますが、各航空会社のWEBサイトに入って自由に変更することができます。ある格安ホテルサイトの調査(2018年)ですと、日本人の場合、他国の旅行者に比べて通路側を選ぶ人がかなり多いようで、窓際と通路側の好みは半々、という結果のようです。

この記事の続きを見る


メコン川にポツンと浮かぶ2軒のコテージ。向かって左が宿泊室、右がレストラン。対岸に市街地を望みながらも、さえぎるものがない大自然を満喫できます。
  • テーマ:
  • ヴィラ・水上コテージ
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/プノンペン 
観光客だけでなく出張者の訪問も多い首都プノンペンには、「都会のオアシス」と呼べるようなアーバンリゾートホテルがたくさん。しばし日常を離れ、プールやスカイバーなどの併設施設でリラックスできる場所には事欠きません。ただ、もう少し都会の喧騒と距離を取り、人目につかない場所でのんびりしたい!という方もいらっしゃるかもしれません。今回ご紹介するのは、そんなあなたにぴったりの水上に浮かぶコテージ「Floatation」。スイートルーム1室だけの贅沢な空間で、川から吹く心地よい風を感じながら、とっておきの時間を過ごすことができるでしょう。

この記事の続きを見る


アクセス便利なルーフトップバー
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
今回ご紹介する「BELGA Rooftop Bar and Brasserie(ベルガ ルーフトップバー アンド ブラッセリ―)」は、スクンビット通り沿いに建つホテル「Sofitel Bangkok Sukhumvit(ソフィテル バンコク スクンビット)」32階にあります。BTSアソーク駅、ナーナー駅いずれの駅からも歩いて4分程度とアクセスが良く、観光客の方も気軽に足を運ぶことができるロケーションの良さが魅力です。

この記事の続きを見る


この建物一体何?
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
この写真だけをみると一見、美術館か何かお洒落な建物に見えますが、実はこれ、ベルリンの「国会議事堂」なんです。この国会議事堂のガラスドームの真下では実際にドイツ連邦議会の討論が行われています。吹き抜けになっているので、覗き込めば議会ホールを見ることもできます。というのも、このガラスドームは「市民に開かれた政治」を象徴し、政治が身近なものになるよう願いが込められているのです。

この記事の続きを見る


複数ある出港地点とクルーズコース
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/キングストン 
サウザンドアイランドクルーズは複数のクルーズ会社が運行していて、カナダ側の出港地点もいくつかあります。Kingston、Gananoque、Ivy Lea、Rockportから出発のクルーズ会社があり、クルーズコースも数多く揃っています。どのクルーズコースもたくさんの島を見ることが出来ますが、コースによって1時間〜6時間までと所要時間や観られるものが変わってきます。どの辺りで何を観たいか、どのくらい時間があるのか、ランチやサンセット、ディナーなどが付いているものがいいのかなど希望に合わせて選んでくださいね。

この記事の続きを見る


小石の山の山頂部分は、実は人工物だった?
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/シャンルウルファ 
「トルコの世界遺産/トルコ東部の古代遺跡、ネムルート山頂の神像群」前編からの続きです。ネムルート山は内陸の標高が高いところにあり昼夜の寒暖差がとても大きいので、夏でも油断せずに暖かい格好で行きましょう。日没はまだいいのですが、日の出を見るツアーだと明け方は震えるくらい寒くなります。北側、南側それぞれの駐車場からネムルート山頂までは石段を10分ほど登っていきます。山頂をぐるりと回る歩道は一周約5分。山頂の東西には神殿跡があり、そこに同じ7体ずつの石像が残っています。これらは座像で一列になって並んでいますが、今ではすべての像の頭部が下に落ちてしまっています。座像から頭部が落ちたのは地震によるものといいますが、石像の表面に人為的な傷があることかから、イスラム教徒により落とされたという説もあります。ただしそれらの頭部はみな正面を見ているので、最初からそう置かれていたようにしか見えません。

この記事の続きを見る


カトマンズ盆地にはネワール建築様式で建てられた中世の建物があちこちに残っている
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/バクタプル 
ヒマヤラの国ネパールの首都カトマンズは、カトマンズ盆地に位置します。カトマンズ盆地は世界遺産に登録されており、ヒンズー教の寺院や仏塔、中世の時代の王宮などが盆地のあちこちに残っています。また、盆地の周りを囲む丘はヒマラヤのビューポイントとなっていることでも有名。そこで、今回は、「中世の面影が今も残る古都と、ヒマラヤを満喫するおすすめ1泊2日観光コース」をご紹介します。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ボラカイ島 夕日 時間に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介