page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ポンペイ お土産」の見どころ情報

ポンペイ お土産に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ポンペイ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


セティ2世の像【紀元前12世紀のファラオ】
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/トリノ 
芸術大国イタリアには、屋内、屋外を問わず世界的に知られた美術館・博物館が多数存在します。例えばローマの「バチカン美術館」【厳密にはバチカン市国】、フィレンツェの「ウフィッツィ美術館」や「アカデミア美術館」、屋外であれば「ポンペイの遺跡」や「フォーロ・ロマーノ」etc…。これらは紀元前からのイタリアの歴史を紐解く貴重な国の財産ですが、そのイタリアに実は他のある国の古代の歴史をも辿ることのできる、そのコレクションに於いて世界第二の規模を誇る博物館があることをご存じでしょうか?

この記事の続きを見る


セスキ・ポンペイア・カルチャー・センター
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • 中南米/ブラジル/サンパウロ 
ブラジルには、セスキ(SESC)というNGO組織が運営する一般向けの教育、レジャー、文化施設が主要都市にたくさんあります。団体名同様「セスキ」と呼ばれる各施設では、劇、映画、ストリートパフォーマンス、コンサート、展覧会、工作などのクラスなど、様々なカルチャーイベントを楽しむことができます。今回紹介する、サンパウロ市のセスキ・ポンペイア(SESC Pompeia)は、MASP美術館もデザインしたリナ・ボ・バルディが手がけた大型施設です。

この記事の続きを見る


ナポリ湾のビュー。左手奥はヴェスヴィオ山。
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ソレント 
海の町ソレントへ行ったなら、ここに行かなきゃ大損!っていうレストランをご紹介しましょう! とその前に、ソレントとはナポリの南にあるソレント半島北側に位置し、世界中からのバカンス客で大変な賑わいをみせる町です。かの有名なカンツォーネ「帰れソレントへ」のソレントですよ! ちなみにイタリア語ではソッレントといいます。ってことはさておいて、ナポリからだと途中ポンペイの遺跡を通過して陸伝いに50kmほど。海越しの直線距離だと約27kmです。ってことは? 対岸の輪郭が見えるくらいの距離なんですね。そしてこれがソレントにとって大いに功を奏すわけなのです。

この記事の続きを見る


コツコツコツ、石畳を歩く音が好き。欧州の町をブーツで歩く
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ミラノ 
旅行中は、普段の生活より歩くことが多く、足が疲れやすいものです。そのため、歩きやすい靴で行くのが基本ですよね。しかし、あえてブーツで町を歩きの楽しさもあり、今回はそれをご紹介しようと思います。ヨーロッパでは、アスファルトに舗装されず、石畳の道をよく見かけます。すると何だかテンションが上がってしまう、私。「ヨーロッパに来たんだ!」と一層感じて、うれしくなります。ヒールのあるブーツを履いて歩いていると、コツコツ、カツカツ、と音がします。その歩く音に、歩く姿もエレガントになるような気がするのは、私だけでしょうか。

この記事の続きを見る


イタリア人はピッツアをナイフとフォークを使って一人で一枚をペロリ
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ナポリ 
イタリアといえばピッツアとパスタですよね!そのピッツアの発祥地はナポリだと言われています。今では種類もたくさんありますが、イタリアーノもおすすめなのがいたってシンプルなマルゲリータ・ピッツア。ナポリのピッツア職人がマルゲリータ王妃のために作ったピッツアが大好評だったので、この名がついたとか。トマトソースの赤、モッツアレラチーズの白、バジリコの緑はイタリアの国旗を表しているそうです。子どもも大好きなピッツア、バジリコの慣れない味はあらかじめウェイターさんにバジリコなしでオーダー。

この記事の続きを見る


南イタリアの名物パスタ、パッケリ。巨大なマカロニのようですね。ジャガイモとムール貝のソースという変わった一品ですが、地元の人の大好物メニューです。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ナポリ 
ナポリの南東20キロにある、小さな町グラニャーノ。この町はなんとパスタ発祥の地として知られ、5世紀のもわたって「世界のパスタの首都」なのです。19世紀にはイタリアのパスタ産業の中心とり、パスタを全国に運ぶために町に国鉄駅が開通しました。グラニャーノのパスタは世界中に輸出されるイタリアの味。南イタリアの硬質小麦と強い太陽、山から湧き出る低ミネラルの天然水、ヴェスピオ火山とサレルノ湾から吹き込む少し湿った風が、まさにパスタ製造にとって最高の土地となったのです。

この記事の続きを見る


サンパウロの絵葉書にも登場するMASPの外観
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • 中南米/ブラジル/サンパウロ 
リナ・ボ・バルディは、サンパウロのシンボルマークの一つ、サンパウロ美術館(MASP/Museu de Arte Sao Paulo)のデザインで有名な建築家。1914年、ローマで生まれました。イタリアで建築家として活躍していたものの、第二次世界大戦で事務所などが全て崩壊。これを機に、夫とブラジルへ移住しました。リオでは、ブラジルを代表する建築家、オスカー・ニー・マイヤーやルシオ・コスタらと共に仕事をし、サンパウロへ引越してからは、前述のMASPやSESCポンペイアをデザインしました。

この記事の続きを見る


ローマの「フォロ・ロマーノ」
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ローマ 
今日は、「イタリアってスゴイッ!!」と思わざるをえない、国を挙げてのビッグイベントのご紹介。さすがは古い歴史と偉大な文化遺産を誇る国だなと感心してしまいますが、さてそのイベントとは『Settimana della Cultura(イタリア文化週間)』。これはMiBAC(イタリア文化財・文化活動省)が年に一度企画する、その度量の大きさをこれでもかと見せつけているすばらしい企画。ナント、国内全ての国立美術館に博物館、遺跡、教会などが入場無料という、驚くべきイベントなんです。

この記事の続きを見る


サトゥルニア温泉は誰でも入ることができる露天風呂です。イタリア人はやっぱりおしゃべり大好き。皆さん楽しそうに団らん、ゆっくりとリラックスします。のぼせないように注意しましょう。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ローマ 
イタリアと聞いて温泉をイメージする人は少ないでしょうが、イタリアには各地に温泉があります。シチリアにあるエトナ山は世界で最も活動的な火山の一つで今なお噴火し続けていますし、ポンペイを一昼夜にして飲み込んだヴェスヴィオ火山も有名です。火山があるということは温泉もある、保養地として年配者が多かった温泉地も最近では若者にも人気のスポットとなっています。数あるイタリアの温泉地の中でも特に美しいのがサトゥルニア温泉。温泉が丘陵地帯を縫うように流れる景観は幻想的で美しいです。

この記事の続きを見る


遺跡内の大通り。手前の飛び石は『横断歩道』
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ポンペイ 
これこそ真のミラクル! 歴史上の一大悲劇が、究極の奇跡を生んだのです!! 年初から来年にかけて日本各地で開催されている展示会、観に行かれた方も多いのでは? そう、1997年にユネスコの世界遺産に登録された『ポンペイの遺跡』です。西暦79年8月24日、街の北西10kmにあるヴェスヴィオ火山が噴火。一昼夜にして6メートルもの火山灰が街を覆い、約1万の人口があったといわれるこの街は影も形もなくなりました【噴火日に関しては、近年発酵中のワイン樽が発見されたことにより、9月以降という説が浮上】。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ポンペイ お土産に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介