page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「マクタン島 ホテル 喫煙」の見どころ情報

マクタン島 ホテル 喫煙に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ホテル 喫煙」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


一年を通して多くの観光客で賑わうシドニー、物価は東京より少し高いと感じる
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/シドニー 
観光地として人気の高いシドニーは、オーストラリア国内でも物価が高い街として有名です。そもそも面積の割に人口が少ないオーストラリアは人件費が日本に比べて随分と高く、一人当たりの年収も高くなるため、その分物価が高くなるのも当然かもしれません。特にシドニーは、オーストラリア国内でも土地の価格が高い街。それを反映して、ホテル代や家賃も他の都市よりも高めに設定されています。ここでは、そんなシドニー旅行を考えている人のための2019年5月現在のシドニーの物価についてご紹介します。ちなみにオーストラリアは、オーストラリアドルを使用、2019年4月現在で1ドル=約80円です。(以下ドルと表記されているものはオーストラリアドルとなります)

この記事の続きを見る


一人旅ならさらなる注意を! アメリカ南部最大の都市、アトランタの治安について
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/アトランタ 
アメリカ南部最大の都市と言えば、ジョージア州・アトランタ。1996年に夏季オリンピックが開催されたことでも有名ですよね。コカ・コーラやデルタ航空、CNNなどの世界的大企業が本社を構えるアトランタは、南部の商業や経済の中心地でもあります。しかし大都会ならではの華々しい雰囲気がある一方で、残念ながらアトランタの治安は決して良いとはいえません。

この記事の続きを見る


ほとんどの場所が禁煙のロサンゼルス、たばこを吸うときの注意点
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ロサンゼルス 
近年日本でもたばこの喫煙マナーが見直されているのは、みなさんもご存知のことではないでしょうか。受動喫煙防止条例を施行する自治体があったりと、屋外での喫煙も厳しく取り締まられるようになりました。この取り組みは日本に限ったことではなく、他の先進国ではもっと早くから喫煙マナーについて取り組んでいます。その中でも日本人に人気の旅行先のロサンゼルスでは、ほとんどの場所が禁煙というだけではなく、喫煙違反者に対する罰則があったりと、喫煙をかなり厳しく取り締まっています。ロサンゼルス旅行をする際に気をつけたい、たばこを吸うときの注意点をご紹介いたします。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2014-01-15
スウェーデンへの旅行準備
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ストックホルム 
■治安基本的に安全な国だが、犯罪がないわけではない。とくに夜間、繁華街、中心部の駅周辺などは、緊急の用がなければ出歩るかない方が無難。また、現金自動支払機から現金を引き出す場合は、背後から暗証番号を盗み見するような人がいないか確認すること。スウェーデンはクレジットカードの利用が普及しているので、必要以上の現金は身につけないようにするのも一案だ。■トラブルに巻き込まれた時パスポートを紛失した場合、日本大使館、領事館に連絡する。盗難にあったら、最寄の警察で被害届を出し、手続きする。■マナーや宗教・チップスウェーデンに居住する人々の中には文化や宗教が異なる民俗もあるので、とくに人にカメラを向けるの際には、きちんと断ってから撮影しよう。レストランなどのチップは10パーセントが目安。クレジットカードで払う場合、チップを加えた金額をサインをするときに書き込む。・喫煙や飲酒レストラン、バー、カフェはほぼ禁煙で、喫煙ルームを備えているところもある。レストランなどでの飲酒は、18歳から。酒屋でアルコール購入ができるのは20歳から。年齢証明書の提出を求められる場合もある。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2014-01-14
インドへの旅行準備
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
■治安観光地では旅行者を狙った詐欺や盗難に巻き込まれるケースが多く、旅行代理店を装って多額のツアーを組まされるなどの被害が多発しています。観光地で向こうからしつこく声をかけてくるような場合は相手をしないほうが賢明。夜遅くの一人歩きは危険です。特に女性は痴漢やレイプなどの危険性もあるので注意してください。     ■トラブルに巻き込まれた時            盗難にあった場合はまず警察に連絡しましょう(番号:100)。事件や事故、パスポート紛失などの場合は在印日本大使館へも連絡を(番号:011-2687-6581)。       ■マナー・宗教                  ・チップ 必ずしも必要ではありませんが、高級ホテルやレストランなどではチップを渡したほうがスマート。レストランでは5%〜10%程度が目安。・飲酒や喫煙宗教的に飲酒はあまり好まれておらず、お酒を飲める所は限られています。ライセンスのあるレストランやバーなどでの飲酒は可能。国の祝祭日でドライデーに指定されている日はお酒の販売や飲酒は禁止されます。グジャラート州は州全体が禁酒州となっており、全州で飲酒は不可。また、レストラン・電車の中など公共の場所での喫煙は禁止されています。・服装寺院や聖地などではタンクトップや短パンなどの肌の露出が多い服装は避けましょう。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2014-01-12
トルコへの旅行準備
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/アンカラ 
■治安大都市での、込み合った電車・地下鉄・路面電車などではスリが発生しています。特に観光客は狙われやすいので注意して下さい。夜間の一人歩きは危険です。特に女性は気を付けて下さい。睡眠薬強盗やニセ警官も発生していますので気を付けて下さい。また、近年は大都市を中心に大規模なデモが起こっています。町中心部の広場でデモの気配があると、すぐに立ち去って下さい。機動隊との衝突などが起こっていますので、巻き込まれると大変です。シリア国境付近や南東部地方では、たびたび騒動が起こっていますので、近づかないように。外務省の海外安全ホームページを参考にして下さい。■トラブルに巻き込まれた時何らかの被害に遭遇した場合は、現地の警察に届け出(ツーリストポリスがあります)、大使館または領事館へも連絡を入れましょう。■マナーや宗教モスクの見学は礼拝時以外は自由ですが、その際は短パンやタンクトップは控え、女性の髪の露出も避けましょう。 観光地のモスクでは女性の髪を隠すスカーフが貸し出されています。 ・チップ トルコではチップの習慣はありませんが、高級レストランなどではチップを置く場合もあります。 ・喫煙 公共交通機関、公共施設やレストラン・カフェ、ホテルのロビーなど屋内では全面禁煙。ただし、オープンテラスでは喫煙可能。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2013-10-30
オーストリア旅行への準備情報
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
■治安オーストリアはどの都市も比較的治安が良く、オペラ帰りに地下鉄に1人で乗っても大丈夫。ただ日本人観光客を狙ったスリや置き引き被害は毎月あるので手荷物から目を離さないようにしましょう。夜遅くのプラーター付近、東駅周辺やグーテル通り沿いはなるべくなら避けたいところ。■トラブルに巻き込まれた時パスポートを紛失したりしたら日本大使館へ連絡(01) 531 92 0、必要書類は大使館HPで確認してください。日本大使館HP:http://www.at.emb-japan.go.jp/jp/index.htmlアクセス:地下鉄U2または市電1,2,D,37,38,40,41,42,43のショッテントーア (Schottentor) 駅から徒歩2分盗難などは警察113、救急は144、消防は122■マナーや宗教・チップレストランやカフェで飲食をした時、ホテルで荷物を運んでもらった時、タクシーの運転手に・・・などサービスを受けた場合は10%程度、ほどよい所まで切り上げてチップを渡します。テーブルで担当ウェイターに支払うのが一般的です。エレベーターでは右側に立ち、歩く人は左側を通ります。ドアを通り抜ける時、後ろに人がいる時はその人の為にドアを押さえてあげるのがマナーです。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2013-10-29
ペルー旅行の準備情報
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • 中南米/ペルー/リマ 
■治安日中のリマ新市街は比較的安全だが、スリや置き引きは日常的に発生しており、荷物の管理には細心の注意が必要。旧市街のアルマス広場周辺には観光ポリスがいるが、表通りから逸れると犯罪発生率がぐっと上がる。夜間の外出には特に注意。また、流しのタクシーによる強盗や誘拐事件もある。空港からの移動は、旅行会社や宿泊予定のホテルに依頼するのが望ましい。■トラブルに巻き込まれた時強盗に遭遇した場合は絶対抵抗せず、すぐに荷物を渡すこと。抵抗したために銃で撃たれるケースが多発している。荷物を盗まれた場合は、最寄りの警察署で「盗難証明書」を発行してもらうこと。二次被害を防ぐため、日本大使館(+51-1-219-9500/代表)に連絡するのが望ましい。■マナーや宗教・チップホテルやレストランを始めチップの習慣あり。ポーターやルームサービス、ベッドメイキングに対してのチップを忘れずに。町の定食屋ではチップは不要だが、レストランでは10%前後のチップを置くのがマナー。また、民族衣装を着た地元の人を撮影しお金を要求された場合には、1ソル〜1US$を払おう。彼らにとってそれは仕事であり、外貨獲得の貴重な手段だからだ。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2013-10-27
タモン交番はグアムの中心地、タモンエリアのど真ん中にあります。ショッピングモール『タモンサンズプラザ』の向かい側です。
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/ミクロネシアビーチ/グアム 
■治安比較的安全とされているグアムですが、開放的な空気感が油断させるのか置き引きの被害が増えています。ビーチなどに貴重品を持って行かない、貴重品は常に身につけるという意識を忘れずに。■トラブルに巻き込まれた時ただちにツーリストポリス(番号911)へ電話をし、被害状況を説明して。英語が不安な人はホテルで日本語を話せる人に頼むのがスムーズです。また中心地のタモンには交番もあるので、そこへ駆け込むのも手。               ■マナーや宗教・チップ                               グアムにはチップの週間があるのでレストランやタクシーでは料金の10〜15%を目安に払いましょう。ただホテル内のレストランなどでは最初からサービス税が入ってる場合もあるので、その場合は入りません。ベルボーイなどに荷物を持ってもらった場合は1つにつき1ドルを渡すとスマート。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2013-10-25
ギリシャで流通する主なユーロ紙幣とコイン
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
■治安ギリシャは、ヨーロッパの中では治安のよい国の一つでしたが、ここ数年で、不法入国した移民が増えた地域などを中心に犯罪も増えつつあります。暗くなってから人気のない場所へ出歩かないようにしましょう。またオモニア広場周辺など、アテネ中心部ではこの数年で治安が悪化した地域がいくつかあります。どうしてもアテネ市内に夜遅く到着する場合は、ホテルへタクシーなどで向かうか、空港前のホテルなどを予約するのがお勧めです。ストライキも時々ありますが、デモ隊が行進しているときは、警官隊との衝突などもおこりえるため、巻き込まれないように絶対に近づかないこと。治安情報は、外務省の海外安全ホームページなどで必ず旅行前にチェックするようにしてください。  ■トラブルに巻き込まれた時スリや置き引きにあった場合は、まず警察(電話番号は100です。)で紛失届けを出します。パスポートを紛失したら、警察に届けを出してアテネの日本大使館に連絡します。領事部は210-670-9910(8:30-17:00) ですが、緊急の場合のみ開館時間外でも210-670-9900に連絡できます。   ■マナーや宗教写真撮影での注意:軍の基地の写真を撮ることは法律で禁じられていて、見つかると逮捕されるそうですので気をつけましょう。また、ギリシャはギリシャ正教の国です。観光地の教会などで外国人観光客がよく立ち寄るところは厳しくありませんが、ミサやお祝い事の日、また修道院などでは、女性はスカートで、肌が露出しすぎないものを選ぶのが礼儀となります。また、復活祭までの一週間は教会では連日重要なミサや儀式がありますので、この時期に教会を訪れる場合はきちんとした服装を心がけてください。・チップカフェやレストランにて1ユーロ前後を直接テーブルを担当するウェイターに渡したり、テーブルの上に置いていったりします。額や割合などは決まっていないので、端数分を足したりしている人がほとんどです。美容院では、実際に担当してもらった人に直接渡します。・喫煙ギリシャでは屋外では喫煙は自由です。この数年、禁煙マークを貼った喫茶店などは禁煙、またオープンカフェでは屋内のみ禁煙、屋外のテーブルは喫煙自由となっています。公共の建物では禁煙となっていますが、厳しく守られているとは言えません。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。マクタン島 ホテル 喫煙に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介