page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「マジェスティック サイゴン 幽霊」の見どころ情報

マジェスティック サイゴン 幽霊に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「マジェスティック サイゴン」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


チル・スカイバー(CHILL
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホーチミン 
ホーチミンのルーフトップバーと言えばまずここが一番有名。DJによる大音量の音楽の中、連日盛り上がり、ベトナム人にも人気のバブリーなバーです。ドレスコードがあり、厳しいセキュリティースタッフですと短パンやビーチサンダルで訪れると通してくれないこともあるのでご注意ください。★CHILL Skybar住所:26-27 Floor Rooftop AB Tower 76A, Le Lai Street, District 1, Ho Chi Minh City営業時間:17:30〜01:30

この記事の続きを見る


コニャック&ソーダは約8USドル。暑い国ならではのカクテル
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホーチミン 
常夏のホーチミン市で、時々夕涼みに訪れたくなる場所があります。空が広く感じられてのどかに河辺を行く船が見える……そんな情緒溢れる場所がここ、ホテル・マジェスティックの最上階にあるスカイバー「ブリーズ」です。「ヴェトナムの開高健は、コニャックソーダが好きだった」(朝日新聞社『ヴェトナム 歴史の旅』小倉貞男著)とあるように、かつてここでコニャックをソーダで割った独特のカクテルを楽しんだ人たちがいました。

この記事の続きを見る


「マジェスティック」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

空港のエアポートバス乗り場
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/インド/バンガロール 
「ベンガルールのケンペゴウダ国際空港と市内へのアクセスを紹介」その2からの続きです。最後に、一番安く市内に移動する方法として、エアポートバスを紹介しましょう。乗り場は、ターミナルビルを出て一番右側。何台ものバスが停まっているので、すぐわかるでしょう。バスは現在10路線。空港から市内は40kmも離れており、タクシー代もバカにならないので、利用しがいがあります。私が何回か使ったことがあるのは、市内のケンペゴウダバスステーション行きです。このバスは市内中心部のカボン公園付近を通って、「マジェスティック」と呼ばれるバスステーションと鉄道駅が隣接する場所に着きます。運賃は、終点のバスステーションまでは233ルピー(約400円)。乗り心地は、日本の市内バス程度ですが、エアコン付き。所要1時間15分ですが、渋滞の具合によっては2時間以上かかることもあります。●エアポートバス公式ページ www.mybmtc.com/en/basic-page/vayu-vajra-services

この記事の続きを見る


メトロの「City
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/インド/バンガロール 
「ベンガルールのメトロ 鉄道とバスとの乗換はスムーズなの?」その1からの続きです。私はメトロの駅名が「City Railway Station」なので、てっきりシティ駅への連絡通路があると思ったのですが、外に出るとそこはただの線路脇の裏道で、唖然としました。車も入ってこられない狭い未舗装道です。メトロ入口にいるセキュリティーの係員に「鉄道駅に行きたい」と聞いたところ、「この先にある小さな鉄道窓口で駅への入場券を買い、線路の上を渡る陸橋を超えて反対側に出ろ」と言われました。鉄道駅のシティ駅の正面は東側で、バスステーションにも面しているのですが、どうやらその反対の西側に出てしまったようです。

この記事の続きを見る


もともとホテルとして建設された建物。現在こちらはメインエントランスではないが、ぜひここから出入りしたい
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
かつてはシンガポールと同様に英国の植民地だったマレーシア。現代においてもその名残がそこここに見られます。 マレーシアの首都クアラルンプールといえば、破竹の勢いで発展を続けている東南アジア屈指の大都市。アジアにおけるビジネスのハブでもあり、常にアクティブな都市のひとつです。そんな中、まるでオアシスのように静かな時が流れるのがマジェスティックホテル クアラルンプール。「マジェスティックウィング」は英国統治下の1930年代に建設されたコロニアル建築が特徴で、タワーウィングと渡り廊下でつながっています。メインロビーはタワーウィング側にあるものの、マジェスティックウィングの宿泊者は客室内またはラウンジでチェックインすることができ、入った瞬間に特別感を感じさせてくれます。

この記事の続きを見る


鉄道だけじゃない。インドを長距離バスで旅をする その3 さあバスに乗ろう!実践編
  • テーマ:
  • ドライブ
  • 行き先:
  • アジア/インド/バンガロール 
さあ、それではバス乗り場に行ってみましょう。南インドの代表都市バンガロールのマジェスティック・バスステーションを例にします。ここは正式な名前は「ケンペゴウダ・バスステーション(ケンペゴウダは市の創立者)」というのですが、バスステーションのある地名のマジェスティックのほうが通りがいいです。こうした「地図やガイドブックに書いている名前」と「人から聞いた名前」が違うが実は同じ場所、ということはよくあるのでご注意ください。

この記事の続きを見る


映画のワンシーンをカットしたような、本当に絵になる通り
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ローマ 
ヴェネト通りという道の名前は、ローマに行ったことがない人でも、耳にしたことは多いはず。街路樹が並ぶ緩やかな坂道は、フェデリコ・フェリーニ監督の代表作である「甘い生活」の舞台として、一躍有名になった。「甘い生活」は、戦後の経済ブームに沸いた社会の中で、衰退していく上流階級や放蕩するセレブたちの生活を綴った、不朽の名作である。 そして、この映画の中で彼らの溜まり場になっていたのが、ヴェネト通りを囲むエリアである。今でも映画の舞台になった高級ホテルやオープンカフェがずらりと並ぶ。

この記事の続きを見る


「サイゴン」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ウォールアート
  • テーマ:
  • ライフスタイル
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/シドニー 
シドニーの大人気観光地であるBondi Beach(ボンダイビーチ)へやってきました。ビーチもいいですがウォールアートにも注目してみてください。とてもキュートなアートばかりで写真を撮るのが楽しいです。

この記事の続きを見る


ガイド記事

掲載日:2019-02-19
https://hcmcrun.com/ja/
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホーチミン 
2019年は1月13日に開催されたHCMC(ホーチミンシティ)マラソンは今年で6回目。ベトナムでは一番規模の大きいマラソン大会です。フルマラソン、ハーフマラソン、10キロラン、5キロラン、キッズ1キロダッシュと参加できるカテゴリーがたくさんあるので、子どもも参加することができます。5キロランではベビーカーを押しながら走るママの姿も!幼稚園キッズは1キロ、小学生キッズは5キロ、中学生キッズは10キロへの参加が可能。スタート地点とゴール地点は同じところなので、親がフルやハーフを走っている間、走り終わった子どもたちだけで待っているのも大丈夫です。マラソンコースは街中なので走りがてら、観光を楽しむものも応援してくれる地元の人やランナーと交流ができて、いい体験になるはず。

この記事の続きを見る


交通量も多いので、横断するときは気を付けて
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホーチミン 
ホーチミン最大の観光のメッカであり、またショッピングエリアでもある「ドンコイエリア」。ドンコイ通りをメインストリートに置き、グエンフエ通り、マックチブオイ通り、ドンユー通りといった複数の道で構成されています。起点は市民劇場(オペラハウス)で、西に行くと聖母マリア教会と中央郵便局があります。東を歩くと数百の商店がひしめくドンコイエリアへ入り、サイゴン川があるトンドゥックタン通りまで続きます。旅の拠点ともなる場所なので、多くの旅行者が一度はここを訪れることになりそうです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。マジェスティック サイゴン 幽霊に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介