page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「マリーナベイサンズ エキストラベッド 追加料金」の見どころ情報

マリーナベイサンズ エキストラベッド 追加料金に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「マリーナベイサンズ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


マリーナベイに面したボートウオークに迫り出したパヴィリオンが、ルイヴィトンメゾンのの新店舗。夜はまるでクリスタルのように輝く。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
SMAPが出演するテレビコマーシャルのロケ地として一躍日本でも大注目を浴びた、カジノ付き複合商業施設のマリーナ・ベイ・サンズ。 メディアの効果は大きく、マリーナ・ベイ・サンズホテルは、今、もっともホットな憧れホテルとして日本人旅行者に大人気! 地元の新聞にも“テレビのコマーシャル効果で日本人旅行者が増加中!”と記事が載ったくらいです。 このガイド記事でも、マリーナベイサンズの3つの高層ホテルタワーの屋上を繋ぐスカイパーク・屋上展望台、白い花のようなフォルムが印象的なアート・サイエンスミュージアムについて、それぞれのオープン時にご紹介してきていますが、今回、この総合施設の中でも長らくオープンが待たれていた、湾岸の水辺に面したボードウオークの埠頭にたたずむクリスタル・パヴィリオンに、ルイ・ヴィトンのブティックがオープンしました。

この記事の続きを見る


近づいて見上げると改めてその大きさにびっくり。建築というより巨大な彫刻。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
昨年7月オープンして、一躍シンガポールの一大観光スポットとなったカジノ付きリゾートマリーナベイサンズ。シンガポールにカジノなんて!と眉をひそめた人たちの声も、今やこのマリーナベイサンズともうひとつのカジノリゾート、セントーサ島のリゾートワールドそれぞれの大盛況ぶりにすっかりかき消された感があります。 連日のカジノの賑わい、屋上展望台・スカイパーク、セレブリティシェフによるレストラン、店舗がほとんど出揃ったショッピングゾーンも活気を呈しています。併設されているコンベンションセンターではひっきりなしに国際会議や見本市などが開かれ、2000室以上もあるホテルも高い稼働率を誇っている様子です。

この記事の続きを見る


エレガントな最新ホテル空間は、ファッショナブルな撮影の場としても注目されている様子。
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
6月のグランドオープン以降、にぎやかな話題の絶えないカジノ付きの総合リゾートマリーナベイサンズ。何かと注目がこのマリーナベイサンズ側の埋め立てエリアに集まっていましたが、マーライオンに繋がる湾岸沿いのボードウオークに繋がるクリフォードピアの先に、シックなニューホテル“フラトンベイホテル”がオープンしました。フラトンと聞いて、日本人に人気の高い“フラトンホテル”がすぐに思い浮かぶ方もいらっしゃると思いますが、そうです、フラトンベイは、フラトンホテルの新しいブティックホテルとして誕生したのです。

この記事の続きを見る


この光景は圧倒的! 長いエッジプールの向こうに市街地のパノラマが広がる
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
先日も記事でご紹介した、マリーナ湾の埋め立てエリアに新しく誕生した、カジノ付き総合リゾートマリーナベイサンズですが、6月23日に正式なオープンセレモニーが盛大に行われ、なかでも注目を浴びていた地上200メートルに掛かる空中庭園“スカイパーク”も完成してたちまちシンガポールの新しい観光名所として連日にぎわっています。

この記事の続きを見る


オープンして数日のマリーナベイ・サンズ内のカジノ。平日の昼間だが結構なにぎわい。その広さとスロットマシーンの呻る電子音が、ギャンブル意欲を駆り立てる。
  • テーマ:
  • カジノ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール セントーサ島(シンガポール) 
シンガポールとカジノ。これまでのシンガポールのイメージだとちょっとピンとこないですよね? 数年前、政府が“我が国は、カジノを解禁することに決め、カジノリゾートを誘致します!”と発表したときは、賛成派、反対派入り乱れて国民的大論争となったものでした。そして2010年は、そんなシンガポールのエンターテイメントシーンが大きく変わる一年。過日一足先にオープンした、セントサ島のリゾートワールドに引き続き、マリーナ湾岸沿いにマリーナベイ・サンズが一部開業して、ローカルっ子の話題はもっぱら“カジノ行った?” というこの頃です。

この記事の続きを見る


「エキストラベッド」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ハネムーヤーのお約束と言えば、ジャグジー。最高にスイートな滞在があなたを待っている。
  • テーマ:
  • ハネムーン
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/カシュ 
前回は、トルコのリゾート地Kasカシュから簡単にアクセスできるギリシャの島、Meisメイス島をご紹介しました。今回はカシュでハネムーヤーが滞在するのに、筆者がお勧めのプチホテルをご紹介しましょう。その名は「Lumina Otel(ルミナ・オテル)」。2018年初夏にオープンしたばかりの、新しいホテルです。わずか5部屋しかないこじんまりした作りの「ルミナ・ホテル」は、賑やかなカシュ中心地の南に延びるCukurbagチュクルバー半島に位置し、美しい海の景色が贅沢に望める隠れ家的ホテルです。喧騒から離れて、のんびり静かに滞在したいゲストにはまさに打ってつけ。

この記事の続きを見る


「追加料金」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

一人鍋でございます。
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
最初に、ノーマル・スパイシー・トマト・マッシュルームの中から、スープのベースを選び、ビーフ・ラム・チキンからお肉を選んでオーダーします。お肉はどれも、しゃぶしゃぶ用の薄切りです。なくなったら、何度でも追加できます。あとは、バッフェコーナーで好きな具材を取ってきて、お鍋でグツグツ煮込んだら出来上がり。ベースのスープには、何やら体に良さそうなスパイスが色々入っていましたよ。

この記事の続きを見る


ロシアを代表する航空会社、アエロフロート
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/モスクワ 
ヨーロッパの国々へは、いろいろなエアラインが飛んでいます。私は先日、初めてアエロフロート・ロシア航空を利用してみましたので、その経験をお伝えしたいと思います。今回、アエロフロートを選んだのはズバリ、自分が探した航空券の中でいちばんお安かったから。次に安いエアラインと1.5万円の差があり、目的地までの乗り継ぎ時間も短かったことが決め手となりました。初めての利用なので不安もありましたが、何事も挑戦。試してみたら思った以上に快適な旅ができましたよ!

この記事の続きを見る


15日の観光ビザは、従来の25ドルから30ドルへと値上げされる
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
ここ何年も据え置きだったネパールの観光ビザが7月17日から値上げになりました。ネパールの観光ビザは、以前は、15日間、30日間、90日間の3種類で、料金はマルチエントリー(ビザ期間中は何回でも出入りできる)で、それぞれ、3000円、5000円、12,000円(ネパールで取得する場合は、25ドル、40ドル、100ドル)でした。これが、改定後は、4000円、6000円、15,000円(ネパールで取得する場合は、30ドル、50ドル、125ドル)となっています。今までより値上げされていますので、これからビザを申請しようという方はご注意ください。※1ドル=約107円。2019年9月時点。

この記事の続きを見る


LCCが発着する成田空港のターミナル3
  • テーマ:
  • エアライン・空港
日系航空会社にLCC(Low Cost Carrier=格安航空会社)が飛びはじめたのは2012年、それから7年が経ち、近隣国へはLCC利用が当たり前になった。日本〜韓国間を例にすると、大手航空会社が5社運航に対し、LCCは8社が飛んでいる。LCCは座席が狭い、手荷物有料、座席指定も有料だが、それらを考えてもLCCのほうが安くつく。韓国、台湾、香港くらいなら、少ない手荷物で、カジュアルに飛ぶのがここのところの傾向といっていいだろう。バンコク、クアラルンプールなど東南アジア方面でも、直行便の範囲ではLCCの安さは際立っているといっていいだろう。 しかし、この考えをすべてに当てはめてはいけない。先日成田からカンボジアへ飛んだ。航空券検索サイトではもっとも安かったのがクアラルンプール1泊乗り継ぎのLCCであったが、ホテル代、到着が2日目になることなどを考えるといいスケジュールとは言い難い。そして僅差で2番目に安かったのがベトナム航空のホーチミン乗り継ぎで、こちらは1時間半ほどのスムーズな乗り継ぎ、機内食、荷物も無料でコスパ的にはこちらが得であった。直行便のない都市へはLCCと大手航空会社の条件をよく比較したほうがよい。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。マリーナベイサンズ エキストラベッド 追加料金に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介