page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「マリーナベイサンズ」の見どころ情報

マリーナベイサンズに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「マリーナベイサンズ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


マリーナベイに面したボートウオークに迫り出したパヴィリオンが、ルイヴィトンメゾンのの新店舗。夜はまるでクリスタルのように輝く。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
SMAPが出演するテレビコマーシャルのロケ地として一躍日本でも大注目を浴びた、カジノ付き複合商業施設のマリーナ・ベイ・サンズ。 メディアの効果は大きく、マリーナ・ベイ・サンズホテルは、今、もっともホットな憧れホテルとして日本人旅行者に大人気! 地元の新聞にも“テレビのコマーシャル効果で日本人旅行者が増加中!”と記事が載ったくらいです。 このガイド記事でも、マリーナベイサンズの3つの高層ホテルタワーの屋上を繋ぐスカイパーク・屋上展望台、白い花のようなフォルムが印象的なアート・サイエンスミュージアムについて、それぞれのオープン時にご紹介してきていますが、今回、この総合施設の中でも長らくオープンが待たれていた、湾岸の水辺に面したボードウオークの埠頭にたたずむクリスタル・パヴィリオンに、ルイ・ヴィトンのブティックがオープンしました。

この記事の続きを見る


近づいて見上げると改めてその大きさにびっくり。建築というより巨大な彫刻。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
昨年7月オープンして、一躍シンガポールの一大観光スポットとなったカジノ付きリゾートマリーナベイサンズ。シンガポールにカジノなんて!と眉をひそめた人たちの声も、今やこのマリーナベイサンズともうひとつのカジノリゾート、セントーサ島のリゾートワールドそれぞれの大盛況ぶりにすっかりかき消された感があります。 連日のカジノの賑わい、屋上展望台・スカイパーク、セレブリティシェフによるレストラン、店舗がほとんど出揃ったショッピングゾーンも活気を呈しています。併設されているコンベンションセンターではひっきりなしに国際会議や見本市などが開かれ、2000室以上もあるホテルも高い稼働率を誇っている様子です。

この記事の続きを見る


エレガントな最新ホテル空間は、ファッショナブルな撮影の場としても注目されている様子。
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
6月のグランドオープン以降、にぎやかな話題の絶えないカジノ付きの総合リゾートマリーナベイサンズ。何かと注目がこのマリーナベイサンズ側の埋め立てエリアに集まっていましたが、マーライオンに繋がる湾岸沿いのボードウオークに繋がるクリフォードピアの先に、シックなニューホテル“フラトンベイホテル”がオープンしました。フラトンと聞いて、日本人に人気の高い“フラトンホテル”がすぐに思い浮かぶ方もいらっしゃると思いますが、そうです、フラトンベイは、フラトンホテルの新しいブティックホテルとして誕生したのです。

この記事の続きを見る


この光景は圧倒的! 長いエッジプールの向こうに市街地のパノラマが広がる
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
先日も記事でご紹介した、マリーナ湾の埋め立てエリアに新しく誕生した、カジノ付き総合リゾートマリーナベイサンズですが、6月23日に正式なオープンセレモニーが盛大に行われ、なかでも注目を浴びていた地上200メートルに掛かる空中庭園“スカイパーク”も完成してたちまちシンガポールの新しい観光名所として連日にぎわっています。

この記事の続きを見る


オープンして数日のマリーナベイ・サンズ内のカジノ。平日の昼間だが結構なにぎわい。その広さとスロットマシーンの呻る電子音が、ギャンブル意欲を駆り立てる。
  • テーマ:
  • カジノ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール セントーサ島(シンガポール) 
シンガポールとカジノ。これまでのシンガポールのイメージだとちょっとピンとこないですよね? 数年前、政府が“我が国は、カジノを解禁することに決め、カジノリゾートを誘致します!”と発表したときは、賛成派、反対派入り乱れて国民的大論争となったものでした。そして2010年は、そんなシンガポールのエンターテイメントシーンが大きく変わる一年。過日一足先にオープンした、セントサ島のリゾートワールドに引き続き、マリーナ湾岸沿いにマリーナベイ・サンズが一部開業して、ローカルっ子の話題はもっぱら“カジノ行った?” というこの頃です。

この記事の続きを見る


「マリーナベイ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

バイクで移動するアイスクリーム屋さん。行列が絶えない。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
シンガポールに住み始めてから13年たちました。この10年は、進化しつづけるシンガポールが一段と大きく変貌を遂げた年月でもあります。オーチャードを中心とした市街地には立ち並ぶ複合商業施設が装いを新たにし、マリーナベイ界隈は新副都心として高層ビルが近代的な街並みをつくりあげ、有名建築家によるユニークな形状の超高級集合住宅があちらこちらに建ち、カジノが解禁となり、人口も100万人以上増えました。それに物価もずいぶん高くなってきました。

この記事の続きを見る


多民族国家シンガポールならではの色彩豊かな祭事。これはディパパリのライトアップ
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
これから年末に向けて、日本は寒さが厳しくなり冬本番を迎えます。ここシンガポールは、年中高温多湿の熱帯気候ですが、年末から年明けにかけてが一番過ごしやすい季節になります。そしてシンガポールの街並みが一層華やかになり、お祭りムードに彩られるのもこの季節です。 毎年、年の後半にはハリラヤ、ディパバリというイスラム教、ヒンズー教それぞれが新年を迎え、マレー文化が結集するカンポングラム地域、インド人街のリトルインディアは、趣向を凝らしたライトアップで賑やかに縁どられ、新年を祝う人々で溢れかえります。

この記事の続きを見る


バースデーセレブレーション期間中の夜のライトアップ。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
言わずと知れたシンガポールのシンボル、マーライオン。 これまでにもマーライオンのことはご紹介していますが、今年はマーライオンが40歳を迎える特別な年。2ヶ月のお化粧直しを経て、9月に誕生日のお祝いが盛大に行われたので改めてご紹介したいと思います。世界3大がっかりモニュメントなどと揶揄されることもあるモニュメントですが、この数年来は、マーライオンを取り巻くマリーナベイ地区の環境が劇的に変化したこともあり、周囲の散策を兼ねて進化を続けるシンガポールの今を感じられる景色を楽しむ観光客でいつでも大賑わいです。

この記事の続きを見る


夜のライトアップが幻想的! 園内の合計18本の“スーパーツリー”は時間によって変化する奥に見えるのは巨大な温室“フラワードーム”
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
小さな国土の全体が街という都市国家でありながら、熱帯の豊かな緑に溢れる“ガーデンシティ”シンガポール。「街の中の緑」を更に推し進めて、しまいには「緑の中の街」となることを目標としながら、シンガポール政府が数年にわたって計画してきた待望の新しい一大植物園が、6月29日にいよいよ一般にオープンします。 その名は“ガーデンズ バイ ザ ベイ”

この記事の続きを見る


“ザ・マーライオンホテル” 完成予想図(アーティスト・西野達氏によるCG)。あとにもさきにも、2ヶ月間のみ“開業”予定の、壮大なアート作品。(写真提供・Tatzu
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
“え〜っ!マーライオンがホテルになるの????!!!” 数ヶ月前、現地の新聞ストレイツタイムズに掲載された“ザ・マーライオンホテル”の写真(CG)に皆が仰天しました。 マーライオンといえば、シンガポールがどういう国か知らなくても、頭がライオン、下半身が魚という不思議な図体の巨像を知らない人はいないくらい、国の象徴としてあまりに有名なモニュメントです。マリーナベイに向かって水を吐き出しながら鎮座するこの像の周囲はいつもに観光客でにぎわっています。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。マリーナベイサンズに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介