page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「マレーシあ」の見どころ情報

マレーシあに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「マレーシあ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果352

1 2 3 4 5 末尾 次へ


南国の空気感と調理される食材の匂いが立ち込める中、マレーシアの夜はふけていく。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ペナン島(マレーシア) 
東洋の真珠とも称されるペナン島。首都クアラルンプールから飛行機で1時間半、マレー半島側とは橋でつながっているため長距離バスなども運行していてアクセスがよいのも魅力。マレーシアのリゾートアイランドとしてだけではなく、近年は長期滞在者にも人気のエリアとなっています。そのペナン島でぜひ訪れてみたいのがホーカーと呼ばれる屋台街。島内にはいくつものホーカーがありますが、今回ご紹介するのは屈指の繁華街ガーニードライブ(Gurney Drive)と呼ばれる海岸線に沿ってホテルやショッピングモールなどが並ぶエリア近くのガーニー・ドライブ・ホーカー・センター(gurney Drive Hawker Centres)。

この記事の続きを見る


熱帯雨林のジャングルに囲まれた大自然あふれる中にある象が保護されているクアラガンダ保護センター
  • テーマ:
  • 動物
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/ゲンティンハイランド 
クアラルンプールから隣のパハン州の西へ車で約2時間ほどの距離にある小さな村テメルロー(Temerloh)にあるクアラ・ガンダ象保護センター(National Elephant Conservation Centre)。別名エレファント・サンクチュアリ(象の楽園)とも呼ばれているこの施設は森林伐採や環境変化などににより行き場を失ったり、密猟により傷ついた象を保護し、森へ返すためにマレーシア政府によって運営されています。近隣には古代からの熱帯雨林が広がる国立公園タマン・ネガラ(Taman Negara)があり、マレーシア固有生物の獏(ばく)、猿、虎などが生息してる貴重な場所となっていることでも知られています。

この記事の続きを見る


洞窟の中にありながら、明るさと開放感が感じられるサンポートン寺院
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/イポー 
クアラルンプールから北へ約200kmに位置するイポー(Ipoh)。マレーシア第三の都市であり、かつては錫鉱山で盛え住民たちに富をもたらしました。現在はイギリス植民地時代の白亜の建造物や、ソルティチキン、飲茶、イポーコーヒーなどが有名な美食の都としても人気。石灰岩質の山々に囲まれた土地であり、長い年月をかけてできた鍾乳洞の中に建立された中華寺院群があることでも知られています。そこで今回はイポー近隣にある訪れるべき2カ所の洞窟寺院をご紹介します。

この記事の続きを見る


ボトリング工場の向かい側に広がる熱帯雨林のジャングル体感できるスプリッツァーエコパークのカフェではサバ州名産の紅茶が味わえる
  • テーマ:
  • 大自然
マレーシア産のミネラルウォーターで知られる飲料メーカーのスプリッツァー(Spritzer)社。クアラルンプールから北へ約250km、ペラ州タイピンの広大なジャングルの中に同社ミネラルウォーターのボトリング工場はあります。その同じ敷地内にあるのが、一般見学が可能なだけではなく、大自然の中というロケーションを生かしミニゴルフ、散策路などのアクティビティやカフェなどの施設を併設したスプリッツァー・エコ・パーク(Spritzer EcoPark)。これからの世代へ自然を受け継いでいくというコンセプトのもとに、誰でも楽しく自然の中で充実した時間を過ごしてもらおうと2015年にオープンしました。

この記事の続きを見る


ジャメモスク周辺はセントラルマーケット、チャイナタウンをはじめクアラルンプールの観光スポットが多く集まるエリア
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
クアラルンプール最古のモスクといえば1909年に建てられたスルタン・アブドゥル・サマド・ジャメ・モスク(Masjid Jamek Sultan Abdul Samad)で、一般的にはジャメ・モスク(マスジッド・ジャメ)と呼ばれています。クラン川とゴンバック川の合流するこの地点こそがクアラルンプール(Kuala Lumpur)の地名の由来で、クアラ(Kuala=河口、合流点)、ルンプール(Lumpur=泥)から成る「泥が合流する地点」を意味します。周辺にはおみやげやショッピングのセントラルマーケット(Central Market)、中華街(China Town)などの観光スポットが徒歩圏内に集まっています。

この記事の続きを見る


セントーサ島
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/セントーサ島(シンガポール) 
マレーシアンフードストリートまでのアクセスは簡単。最寄りは、ウォーターフロント駅。Vivo City駅よりセントーサ島行のモノレールに乗ります。

この記事の続きを見る


日本航空もベンガルールへ直行便を運航
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/インド洋ビーチ/チェンナイ(インド) 
日系大手航空会社が南インドへ相次いで就航した。2019年10月からANAがチェンナイへ週3便(機材はB787-8)、さらに日本航空もベンガルール(旧バンガロール)就航を予定している。日本航空はデリーへ、ANAはムンバイへすでに就航していて、これらはインドの首都と経済の中心都市であった。 では南インドの位置付けはというと、チェンナイ、ベンガルール、さらにハイデラバードなども含めて、近年IT産業で発展している都市で、日本と南インドはビジネス渡航需要が増加していたのである。 しかし、直行便就航で観光需要も期待されている。インドは日本の9倍の面積があり、その地方によって風土風習はかなり異なる。デリーなどの北インドと南インドでは、異なる国といっていいほどに気候や食生活なども違う。日系航空会社の直行便就航で近くなった南インドにスポットを当ててみたい。

この記事の続きを見る


何よりも印象的なのは描かれたストリートアートのリアリティとマレーシアらしい色使い。「Old
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ペナン島(マレーシア) 
マレーシア屈指のビーチリゾートといえばペナン島。マレー半島とは橋でつながっていて、首都クアラルンプールからは空路だけでなくバス、車などでも約5-6時間ほどで陸路でのアクセスも可能です。2008年にマラッカ(Melaka)と共に世界遺産に登録されて以来、旧市街ともいえるジョージ・タウン(George Town)の歴史的な街並みに注目されています。また近年ではアートの街としても知られていて、特に2012年に開催されたイベントでアーティストのアーネスト・ザカレビッチ(Ernest Zacharevic)氏が描いたことから始まったストリートアートは今や観光の目玉となっています。

この記事の続きを見る


バリ島にて。静かなビーチで好きに過ごす、至福の時間
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
いつ行っても楽しいタイやマレーシア、インドネシアなどのリゾート地へ、思い立ったら一人で出かけてみるのはいかがでしょう。誰かと行くのもいいけれど、一緒に休みがとれないこともありますよね。一人焼肉、一人遊園地など、一人で行くのがチャレンジのように言われることがありますが、本当に好きなことだったら他人の目など気にせず、楽しみたいもの。私は今まで何度も「一人リゾート」してきました。東南アジアのリゾートは近いし、安いし、行けるときが行きどき。日々のストレス解消にも、うってつけです。

この記事の続きを見る


熱帯のマレーシアでは米は三期作のため、年に3回ほどこのような青稲が水田にたなびく風景を見ることができる
  • テーマ:
  • 癒し
クアラルンプールから北へ車で1時間半、100kmほどの距離に位置するセキンチャン(Sekinchan)。地名の由来は中国語の方言の一つ潮州語で「農業に適した土地」を意味するのだそう。その名が示すように華人も多く住むマラッカ海峡に面した村でのんびりとした雰囲気が漂います。マレーシア随一の米どころでもあり、時期によっては果てしなく続く青稲の絶景をのぞむことができます。眺めているとここはまぎれもなくマレーシアなのにどこか日本の原風景を見ているような感覚になります。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。マレーシあに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介