page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「マレーシア インド 朝食」の見どころ情報

マレーシア インド 朝食に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「マレーシア インド 朝食」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ショッピングモールが多いブキッ・ビンタン地区に位置
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
「ザ・リッツ・カールトン・クアラルンプール」はショッピングモーツが立ち並ぶブキッ・ビンタン地区に位置しています。「スターヒル・ギャラリー」までは直結、巨大ショッピングモール「パビリオン」までも歩いて5分掛からない程なのでお買い物メインの旅行にお勧めです。

この記事の続きを見る


知る人ぞ知る!?美食の宝庫マレーシア
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
タイとシンガポールの間にあるマレーシアのクアラルンプールですが、ここには食べやすい料理がたくさんあります。マレーシアの名物料理は、多民族国家なのでバラエティーも豊富です。主に、マレー系、中華系、インド系、中華とマレー料理の融合であるニョニャ系に大分されます。美食の宝庫マレーシアの料理を、マレーシア滞在歴数ヶ月以上の筆者が、知る人ぞ知るスイーツも合わせてご紹介します。

この記事の続きを見る


高級ホテルの朝食を蹴っても食べたい! 格安朝食「ロティ・チャナイ」
  • テーマ:
  • グルメ
マレーシアを美食の国だという旅行者は結構います。多民族国家であるマレーシアは、その国民の半数以上がマレー人、中国人が3割程度、インド人も1割弱いるという内訳。そのため、マレー料理、中華料理、インド料理が、ごく普通に味わえるからです。その上、フードコートや屋台も含めて、一品だけで勝負するようなお店が多く、どこで何を食べようか、迷ってしまいます。ホテルが朝食付きの場合は、当然ホテルで食べることになりますが、すると、町中のB級グルメ的朝食が食べられないという、残念なことになってしまいます。どうしてそこまで言うかといえば、僕には、マレーシアでは絶対に食べたい朝食があるからです。しかもホテルなどでは決して味わえないのです。

この記事の続きを見る


地元の人気メニュー シンプルにしておいしいロティを探せ
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
「その店に坐って私は、毎朝、芭蕉(ピーサン)二本と、ざらめ砂糖と牛酪(バタ)をぬったロッテ(麺麭)一片、珈琲一杯の簡単な朝の食事をとることにきめていた。」(金子光晴『マレー蘭印紀行』中公文庫) 漂泊の詩人・金子光晴が、長崎から上海行きの船に乗り、ヨーロッパに向かう途中でマレー半島とインドネシアを旅したのは、1929(昭和4)年のことでした。引用は、マレーシアのバトパハ(ジョホール州)での一節です。

この記事の続きを見る


パンタイ
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/コタキナバル(マレーシア) 
2013年10月28日からマレーシア航空の成田‐コタキナバル直行便が復活! コタキナバルが再び、グンと行きやすくなります。今回はコタキナバルでおすすめしたいビーチリゾート、シャングリ・ラ ラサリアリゾートをご紹介しましょう。小高い丘に囲まれた自然保護区内、約3km続くパンタイ ダリット ビーチに面し、オランウータンが暮らすリハビリセンターも併設。ビーチでのんびりするにも、野生動物と出会いにトレッキングに出かけることもできる、大自然を満喫できる豪華リゾートです。

この記事の続きを見る


マレーシアには屋台がいたるところにあり、ちょっとお腹が空いたなと思ったら気軽に、またとても安いローカルめしを、味わうことができます
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
マレーシアはマレー系、インド系、中華系からなる複合民族国家です。食事も3つの民族、3者3様。その料理の楽しみ方も、とても奥が深いのです。マレーシアでは家でご飯を作るより、外食した方が安上がり。日本のようなレストランではなく、マレーシアの街中には気軽に食事ができる屋台がいっぱいあります。値段もとことん安く、B級グルメ派には天国です。今回は各民族ごとの朝ごはんを紹介!旅行の楽しみに食事は外せませんね!せっかくマレーシアにきたなら、早起きをして、庶民の朝ごはんにトライしてみてはいかがですか?

この記事の続きを見る


「マレーシア インド」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/ペルヘンティアン島 
海外旅行先では、さまざまな出会いがありますよね。筆者は、海外旅行中に何度か恋愛したことがあります。今回は、筆者が20代でバックパッカースタイルでの旅の途中、訪れたマレーシアでの恋愛話をご紹介します。それは、マレーシアの東海岸のチェラティンビーチでの出来事でした。チェラティンビーチは、ウインドサーフィンなどのマリンスポーツのほか、布やTシャツに染め物ができるお店があったり、外国人に人気のスポットでした。筆者はウインドサーフィンショップにたびたび立ち寄り、ウインドサーフィンを教えてもらったり、お店のみんなでバーベキューをしたり、楽しく過ごしていました。しばらくしてオーナーのSさんと過ごす時間が長くなってきました。

この記事の続きを見る


日本航空もベンガルールへ直行便を運航
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/インド洋ビーチ/チェンナイ(インド) 
日系大手航空会社が南インドへ相次いで就航した。2019年10月からANAがチェンナイへ週3便(機材はB787-8)、さらに日本航空もベンガルール(旧バンガロール)就航を予定している。日本航空はデリーへ、ANAはムンバイへすでに就航していて、これらはインドの首都と経済の中心都市であった。 では南インドの位置付けはというと、チェンナイ、ベンガルール、さらにハイデラバードなども含めて、近年IT産業で発展している都市で、日本と南インドはビジネス渡航需要が増加していたのである。 しかし、直行便就航で観光需要も期待されている。インドは日本の9倍の面積があり、その地方によって風土風習はかなり異なる。デリーなどの北インドと南インドでは、異なる国といっていいほどに気候や食生活なども違う。日系航空会社の直行便就航で近くなった南インドにスポットを当ててみたい。

この記事の続きを見る


昔ながらの看板が伝統と世代を経たノスタルジーを感じさせるフートンフードコート
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
マレー系、中華系、インド系を中心にさまざまな人種や文化が重なりあう多民族国家マレーシア。その魅力の一つはなんといってもフードカルチャー。安いローカル屋台から世界の名だたる高級レストラン、国内のみならず遠くヨーロッパやタイ、シンガポール、インドネシアなど近隣諸国の味をも楽しむことができます。そして今回ご紹介するのは、クアラルンプールの中心部ブキッ・ビンタン(bukit Bintang)に位置するフートン・フードコート(十號胡同/Hutong Food Court)。約30店ものマレーシア各地の有名ローカルグルメが集められています。

この記事の続きを見る


タイ航空は毎日1便、カトマンズに午後早い時間に到着する
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
2019年4月現在、日本からネパール行きの直行便は飛んでいません。そのため乗り継ぎ便を利用することになります。乗り継ぎの方法にはいろいろありますが、どの航空会社を使うのがいいのかは、その人の旅のスタイルや予算によっても異なります。そこで今回は、ネパール便のある主だった航空会社についてご紹介します。ちなみに、現在ネパール航空が、ネパールの首都カトマンズと日本の直行便の就航申請をしています。2019年4月10日の時点で日本側の認可待ちという状態ですが、就航すれば、ネパールへの旅はもっと身近なものになると期待されます。(ネパール航空の就航については、ネパール航空公式ホームページなどで最新の情報を入手してください)

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。マレーシア インド 朝食に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介