page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「マレーシア名物」の見どころ情報

マレーシア名物に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「マレーシア名物」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


知る人ぞ知る!?美食の宝庫マレーシア
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
タイとシンガポールの間にあるマレーシアのクアラルンプールですが、ここには食べやすい料理がたくさんあります。マレーシアの名物料理は、多民族国家なのでバラエティーも豊富です。主に、マレー系、中華系、インド系、中華とマレー料理の融合であるニョニャ系に大分されます。美食の宝庫マレーシアの料理を、マレーシア滞在歴数ヶ月以上の筆者が、知る人ぞ知るスイーツも合わせてご紹介します。

この記事の続きを見る


バンコク中央(フアランポーン)駅前
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
タイのバンコク中央駅から、マレーシアのペナン島にほど近い、本土のバターワースを往復する国際列車は、昔からとても人気がありました。沢木耕太郎の名著『深夜特急』でも描かれています。車両は日本製か韓国製で、片側1列、胡坐もかけるゆったりした座席は、夜になると係員が来て、2段ベッドに変えて、シーツを敷いてくれます。二等冷房付き寝台を予約すれば、快適そのもの。夕食や朝食は、注文すれば係員が席まで運んでくれるサービスぶりです。バンコクを午後に出発、早朝には国境に到着し、タイ出国、マレーシア入国を済ませます。出発までの時間に、マレーシア名物の真っ黒い福建麺を、黒ビールと一緒に食べるのが、何よりの楽しみでした。そして昼ころにはバターワースに到着するのです。ところがマレーシアの鉄道が電化されたことにより、この列車が廃止されてしまったのです。

この記事の続きを見る


セントラルマーケットは地元民の台所。活気あふれるローカルの生活の一部を除き見る事ができます
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/コタキナバル(マレーシア) 
東ボルネオ半島の玄関口のコタキナバル。キナバル登山やジャングルトレッキングなど自然溢れるエコツアーが人気の都市。5つ星のハイクラスなホテルもあり、山だけでなく海もキレイでリゾート気分も味わえるのが人気の秘密です。ホテルには、たくさんのレストランが入っていますが、ぜひコタキナバルの街の雰囲気も味わってもらいたいものです。市内中心部にはマレーシアで一番規模の大きいセントラルマーケットがあります。ここはまさにローカルの台所! 日本では見たことのない野菜や南国フルーツ、魚までズラリと並び、「あー異国に来たんだな〜」と感じることができます。

この記事の続きを見る


お店は常に大繁盛。大きな中華なべを振る「カシャーン、カシャーン」という音が響き、活気溢れる店内です
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
「マレーシアのおすすめのローカルフードは?」と聞かれて、必ず紹介するのが、ここ!このお店の名物はなんといっても「ペーパーチキン」(紙包鶏)。漢字の通り、醤油ベースのたれに2時間程度漬け込んだ鶏肉を油紙で包み、油で揚げた一品です。ローカルはもちろんのこと、日本人にもとても有名なお店で、時間帯によってはとても混みあっています。場所はホテルが集まるブキビンタンエリアから、徒歩5分。アクセス至便な場所にあり、とっても便利。

この記事の続きを見る


「マレーシア」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

南国の空気感と調理される食材の匂いが立ち込める中、マレーシアの夜はふけていく。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ペナン島(マレーシア) 
東洋の真珠とも称されるペナン島。首都クアラルンプールから飛行機で1時間半、マレー半島側とは橋でつながっているため長距離バスなども運行していてアクセスがよいのも魅力。マレーシアのリゾートアイランドとしてだけではなく、近年は長期滞在者にも人気のエリアとなっています。そのペナン島でぜひ訪れてみたいのがホーカーと呼ばれる屋台街。島内にはいくつものホーカーがありますが、今回ご紹介するのは屈指の繁華街ガーニードライブ(Gurney Drive)と呼ばれる海岸線に沿ってホテルやショッピングモールなどが並ぶエリア近くのガーニー・ドライブ・ホーカー・センター(gurney Drive Hawker Centres)。

この記事の続きを見る


熱帯雨林のジャングルに囲まれた大自然あふれる中にある象が保護されているクアラガンダ保護センター
  • テーマ:
  • 動物
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/ゲンティンハイランド 
クアラルンプールから隣のパハン州の西へ車で約2時間ほどの距離にある小さな村テメルロー(Temerloh)にあるクアラ・ガンダ象保護センター(National Elephant Conservation Centre)。別名エレファント・サンクチュアリ(象の楽園)とも呼ばれているこの施設は森林伐採や環境変化などににより行き場を失ったり、密猟により傷ついた象を保護し、森へ返すためにマレーシア政府によって運営されています。近隣には古代からの熱帯雨林が広がる国立公園タマン・ネガラ(Taman Negara)があり、マレーシア固有生物の獏(ばく)、猿、虎などが生息してる貴重な場所となっていることでも知られています。

この記事の続きを見る


洞窟の中にありながら、明るさと開放感が感じられるサンポートン寺院
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/イポー 
クアラルンプールから北へ約200kmに位置するイポー(Ipoh)。マレーシア第三の都市であり、かつては錫鉱山で盛え住民たちに富をもたらしました。現在はイギリス植民地時代の白亜の建造物や、ソルティチキン、飲茶、イポーコーヒーなどが有名な美食の都としても人気。石灰岩質の山々に囲まれた土地であり、長い年月をかけてできた鍾乳洞の中に建立された中華寺院群があることでも知られています。そこで今回はイポー近隣にある訪れるべき2カ所の洞窟寺院をご紹介します。

この記事の続きを見る


ボトリング工場の向かい側に広がる熱帯雨林のジャングル体感できるスプリッツァーエコパークのカフェではサバ州名産の紅茶が味わえる
  • テーマ:
  • 大自然
マレーシア産のミネラルウォーターで知られる飲料メーカーのスプリッツァー(Spritzer)社。クアラルンプールから北へ約250km、ペラ州タイピンの広大なジャングルの中に同社ミネラルウォーターのボトリング工場はあります。その同じ敷地内にあるのが、一般見学が可能なだけではなく、大自然の中というロケーションを生かしミニゴルフ、散策路などのアクティビティやカフェなどの施設を併設したスプリッツァー・エコ・パーク(Spritzer EcoPark)。これからの世代へ自然を受け継いでいくというコンセプトのもとに、誰でも楽しく自然の中で充実した時間を過ごしてもらおうと2015年にオープンしました。

この記事の続きを見る


ジャメモスク周辺はセントラルマーケット、チャイナタウンをはじめクアラルンプールの観光スポットが多く集まるエリア
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
クアラルンプール最古のモスクといえば1909年に建てられたスルタン・アブドゥル・サマド・ジャメ・モスク(Masjid Jamek Sultan Abdul Samad)で、一般的にはジャメ・モスク(マスジッド・ジャメ)と呼ばれています。クラン川とゴンバック川の合流するこの地点こそがクアラルンプール(Kuala Lumpur)の地名の由来で、クアラ(Kuala=河口、合流点)、ルンプール(Lumpur=泥)から成る「泥が合流する地点」を意味します。周辺にはおみやげやショッピングのセントラルマーケット(Central Market)、中華街(China Town)などの観光スポットが徒歩圏内に集まっています。

この記事の続きを見る


セントーサ島
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/セントーサ島(シンガポール) 
マレーシアンフードストリートまでのアクセスは簡単。最寄りは、ウォーターフロント駅。Vivo City駅よりセントーサ島行のモノレールに乗ります。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。マレーシア名物に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介