page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「マンチェスター リバプール 観光」の見どころ情報

マンチェスター リバプール 観光に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「マンチェスター リバプール 観光」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


せっかく行くなら、サッカー観戦プラスで訪れる観光地
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/マンチェスター 
サッカーが好きな人が行きたい国はどこですか。2014年ワールドカップ開催のブラジルでしょうか。最強リーグのあるヨーロッパの国々でしょうか。サッカー観戦のためだけに海外へ行くのもいいですが、せっかく行くなら+アルファで観光もしませんか。ヨーロッパでは、イギリス、イタリア、スペイン、ドイツの4大リーグ有名ですが、フランスのリーグも面白くなってきました。ヨーロッパのリーグは8月以降から始まり、5月くらいにシーズンが終わります。日本のJリーグとはシーズン開幕が異なるので日程には注意が必要です。

この記事の続きを見る


ホームスタジアム「アプトンパーク」の最寄駅である地下鉄のアプトンパーク駅
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
世界屈指のサッカータウン・ロンドン。これまでにチェルシー、アーセナルなど4つのクラブを紹介してきたが、この町のサッカーは際限がない。クラブも無数にある。今回、紹介するのはイーストエンド(East End)にあるクラブ・ウエストハム(Westham United FC)。もちろんプレミアリーグに所属しており、1月中旬現在では10位に位置している。アーセナル、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールの「ビッグ4」にはかなり水を空けられているが、プレミアの中堅クラブであることには変わりない。

この記事の続きを見る


「マンチェスター リバプール」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ピア・ヘッドにあるリバプール博物館
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/リバプール 
2011年7月にリバプールのウォーターフロントにオープンして以来、数々の賞を受賞しているMuseum of Liverpool(リバプール博物館)。 開館当時、斬新な建築デザインは物議を呼んでいましたが、あっという間に地元でも人気の博物館になりました。リバプールの歴史、文化、ビートルズやサッカーなどを、様々なメディアを通して展示している、楽しい博物館です。入館料が無料で、気軽に立ち寄ることが出来るのでオススメです。

この記事の続きを見る


「Seven
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
フットボールの聖地・ウェンブリーに、テムズ川に程近いオシャレなエリアにあるチェルシーとフラムを紹介したイングランド編。次はロンドン北部に目を向けたい。このエリアには、かつて名古屋グランパスを率いた知将・ベンゲル監督が率いるアーセナルと、名門ながら今季は序盤から成績不振に悩むトッテナム・ホットスパーの2クラブがある。彼らの直接対決は「ノースロンドンダービー」といわれ、イングランド3大ダービーマッチに数えられている。そんな両者だが、先にトッテナムを取り上げる。というのも、実はこの原稿を書く直前の11月11日に、私自身が何年かぶりにスパーズ(トッテナムの愛称)のホームゲームをナマ観戦してきたからだ。今回は彼らの本拠地・ホワイトハートレーンで入手したばかりの最新情報をお届けできるのである。

この記事の続きを見る


「マンチェスター 観光」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

まるで教会のように神聖なジョン・ライランズ図書館
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/マンチェスター 
イングランド北部の大都市マンチェスター。日本では、プレミリーグの強豪チームであるマンチェスター・ユナイテッドFCとマンチェスター・シティFCという二大クラブを擁する「サッカーの都」として有名だと思います。ですが同時にマンチェスターは、優れた博物館、美術館、図書館を多く備えている「文化の都」でもあります。観光の際はぜひ、みなさんが興味のある分野の文化施設にも訪れてみてください。今回はその中でも観光スポットとして特に人気の高い「ジョン・ライランズ図書館」をご紹介します。

この記事の続きを見る


18世紀に完成した新古典主義建築様式のエガートン家の邸宅
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/マンチェスター 
マンチェスターとチェスターの間に位置する、広大な敷地に囲まれたタットン・パーク。エガートン家によって栄華を誇ったタットン・パークは、チェシャー州でも人気の観光地のひとつで、1958年からナショナル・トラストに寄贈され、現在はチェシャー・イースト・カウンシルによって管理・運営され一般公開されています。庭園、邸宅、ファーム、そして鹿が住む1000エーカーの敷地など見所が満載。丸々1日かけて、ゆっくり過ごすのにピッタリなので、ぜひここでイングランドの田舎をエンジョイしてみて!

この記事の続きを見る


アボーデ・マンチェスター内にあるマイケル・ケインズ・レストラン
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/マンチェスター 
アボーデ・ホテルは、エクセター、カンタベリー、チェスターやマンチェスターなどの、地方都市で展開する4つ星ホテルのチェーン。そのホテル内でミシュラン2つ星のシェフ、マイケル・ケインズ氏がプロデュースしているのが、マイケル・ケインズ・レストランです。ケインズ氏は、デヴォン州にあるミシュラン2つ星のGidleigh Park(ギドリー・パーク)のヘッド・シェフ。アボーデ・ホテルのシェフは、ギドリー・パークで直々トレーニングを受けているそうなので、ケインズ氏のお墨付きメニューが楽しめます。

この記事の続きを見る


モダンな5つ星ホテル、ロウリー・ホテル
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/マンチェスター 
マンチェスターとサルフォードの境界、新しく開発されたチャペル・ウォーフ地区にあるロウリー・ホテルは、スペーシャスでモダンな5つ星ホテルです。マンチェスター中心部まで徒歩10分くらいなのに、ホテルのすぐ側には川が流れ市内の喧噪とは別世界。スタッフの行き届いたサービスとともに、広々とした部屋やバスルーム、ホテル内にあるスパでゆったりと寛げること間違いありません。ウェブサイトでは、少しお得なオファーやスパを利用するパッケージもあるので要チェック。

この記事の続きを見る


アルバート・スクウェアにある市庁舎の中も見学可。素敵なカフェもあるのでぜひ立ち寄ってみてください
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/マンチェスター 
産業革命で綿工業が栄えたマンチェスター。街のシンボルにも、バラの花とその中心に白い綿花、そして働き者のマンチェスターっ子を働きバチとして象徴する蜂のデザインをよく見かけます。ロンドン、エジンバラに次いで人気ある観光地で、大学生数も多く活気ある街です。モダンな建築も多く、古い重圧感のある建築物とよくバランスがとれているのも見所。マンチェスターの中心部は、ロンドン市と同じくらいの大きさなので、徒歩でも端から端まで約30分、また中心部を無料で走るバスが3路線もあり、お手軽な観光が楽しめます。

この記事の続きを見る


マンチェスターにあるリッチモンド・ティー・ルーム
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/マンチェスター 
コーチ(バス)ステーションを中心に広がる、マンチェスターのゲイ・エリア。その中心部にあるカナル・ストリートの裏、リッチモンド・ストリートにあるのが地元民にも人気なリッチモンド・ティー・ルームです。遅めのブレックファスト、ランチやアフタヌーン・ティーにオススメ!午後からでなくても、1日中アフタヌーン・ティーが楽しめるので、マンチェスターでアフタヌーン・ティーを試してみたいなら、ここに寄ってみてはいかが?

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。マンチェスター リバプール 観光に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介