page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ミケランジェロの最後の」の見どころ情報

ミケランジェロの最後のに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ミケランジェロの最後の」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


オルヴィエートのドゥオモの建設は3世紀にもわたり、のべ33人の建築家、152人の彫刻家、68人の画家、90人のモザイク師の手が加えられたといいます
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/フィレンツェ ローマ オルヴィエート 
中部イタリアの珠玉の町、オルヴィエートはローマから列車で1時間あまり。人口2万人ほどの中世の小都市は、カメラだけを持って気軽に散策するのにちょうどいい大きさです。でも甘く見ては行けません、町の中心には300年の歳月をかけて建設された、イタリア・ゴシック建築の最高峰「オルヴィエートのドゥオモ」が鎮座しています。さらにその大聖堂の中には世界に名を馳せる作品群があります。それがルカ・シニョレッリのフレスコ画。当代きっての人気画家が作品の報酬に要求したのは、住居や賃金の他に年間1000リットルものオルヴィエートの白ワインだそうです。なんとも親しみやすい人ですね。

この記事の続きを見る


首が痛くなるほど見続けずにはいられないミケランジェロの天井画
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ローマ 
バチカンがこんなに有名になった一つの理由は、カッペッラ・システィーナにある。1475年−1480年の間に、ローマ法王の宮殿のチャペルとして建設された。この礼拝堂には、ミケランジェロの壁画やボッティチェッリ、ペルジーノのフレスコ画など、ルネッサンス時代のアーティストたちの作品が収められており、世界で一番有名なギャラリーと言っても言い過ぎではない。中でも一番有名なのは、やはり、ミケランジェロの「最後の審判」、天井画の一部である「アダムとイブの話」が描かれたパネルだろうか。これらの美術は、世界で最も有名なルネッサンスアートとして、現在でも世界中から訪れる観光客の目を潤わせてくれる。

この記事の続きを見る


ヴィテルボのドゥオモと眺めの良い開廊。ドゥオモの正面には教皇の住居も残っています
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/フィレンツェ ローマ オルヴィエート 
2005年4月、当時の教皇ヨハネ・パウロ2世が逝去し、ヴェネディクト16世としてラツィンガー枢機卿が選出されたことは、まだ記憶に新しいと思います。また世界で7000万部を発行したベストセラー「ダ・ヴィンチ・コード」の作者、ダン・ブラウンの第一作「天使と悪魔」を読んだ人も多いと思います。二つに共通するのが「コンクラーベ(教皇選出会議)」です。

この記事の続きを見る


「ミケランジェロの」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

裏ワザを期待してはいけない。大混雑のウフィッツィ美術館を、安らかに楽しむ方法
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/フィレンツェ 
世界で一番、しかも年中大混雑しているのが、イタリアはフィレンツェのウフィッツィ美術館ではないでしょうか。日によっては、当日その場でチケットを買うだけで長蛇の列になることもあります(入場料8ユーロ=約1000円)。そしてまた、入場でも長蛇の列になるのです。ですから、出発前にチケットを購入するのがいいでしょう。旅行会社でも、ウエブサイトでも日本語で予約ができますので、安心です。この場合、時間指定の現地集合、自由解散になります。ただ、予約していても並ばされます。午前中なら8時少し前、午後なら13時頃と16時頃が比較的すいているようです。また72時間有効のフィレンツェカードを現地で買えば、入場の列に並ばずに優先的に入場できます。このカードはバスやトラムも乗り放題です、ほかの美術館などの入場料も無料になりますが、72ユーロと高額です。また毎月第1日曜日は無料となりますが、もとよりこの日は大混雑です。

この記事の続きを見る


イタリア・アートの旅。天才ミケランジェロの「ピエタ像」を訪ねてバチカンへ
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
ルネサンス期にはレオナルド・ダ・ヴィンチと並ぶ、もう一人の天才ミケランジェロ・ブオナローティがいました。彼もまたイタリアで活躍した芸術家で、フィレンツェやローマに作品を残しているので、美術館を訪れると目にする機会があると思います。中でも、彼の彫刻作品は人間の業とは思えないほど素晴らしいと、個人的に思います。神業とも思える彫刻「ピエタ像」を肉眼で見たいと、訪ねたのがバチカン市国でした。そこのサン・ピエトロ大聖堂に展示されたピエタ像を見たとき、震えるほど感動したのです。

この記事の続きを見る


ミケランジェロ作、未完の『ピエタ』
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/フィレンツェ 
美術には特に関心はないけれど、って人でも、いちど目にするとつい惹きこまれてしまうのが“ルネサンス”の世界・・・そう思ってしまうのは、身内びいきの独りよがりでしょうか!? フィレンツェの「サンタ・マリア・デル・フィオーレ博物館(旧ドゥオーモ付属博物館)」は、大聖堂(ドゥオーモ)やお隣の鐘楼、前にあるサン・ジョバンニ洗礼堂に関連する美術品や、これらの建築物の歴史を紹介する博物館。屋内に設置されていたものの他に、外壁に施されていた彫刻の風化を避けるために収蔵された作品などを主体とし、こじんまりとした博物館ながらその展示品は独特なんです。

この記事の続きを見る


もっとも有名な石像がこの巨大な「人食い鬼」でしょう。口の中に入るとベンチとテーブルまであります。当時の人たちはこの中に入ってワインを片手におしゃべりでもしたのでしょう。とにかく迫力満点です!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/オルヴィエート ローマ 
イタリアの中部、ウンブリア州にある小さな町「ボマルツォ」に、世界でも有数の奇妙な公園があります。それが「怪物公園 Parco dei Mostri」です。その不気味さ、奇妙さは写真を見ると一目瞭然、怖い形相の彫刻、傾いた建物、伝説の動物、戦う巨人などが広い敷地に点在していて、訪問する人たちを驚かせるのです。日本の安土桃山時代に作られたこの公園の意図はなんなのでしょう? その不気味で不思議な公園を楽しんできました。

この記事の続きを見る


アプスと呼ばれる後陣(丸い屋根が張り出している部分)が特徴的な大聖堂
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ローマ 
ローマの中央駅、テルミニに近く、7つの丘のひとつであるエスクイリーノの丘に位置する、サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂。この教会は、ローマの4大バジリカ(大聖堂)の一つであることから、もっとも大切な建物のひとつである。また、ローマのバジリカ式聖堂では唯一オリジナルの構造がそのまま残されている貴重な聖堂でもある。伝説によると、初期の建物は、約350年頃に建てられた。当時の教皇リベリウスとその妻は、子供がいなかったことから、彼らは自分たちの財産をヴァージン・マリアに捧げようと思っていた。そして、ヴァージン・マリアから「雪で覆われた場所に教会を建てよ。」というお告げを受けたと言われている。そして、翌日エスクイリーノの丘に行ってみたら、8月5日という真夏にも関わらず、本当に雪に覆われた場所をみつけ、お告げどおりに、教会を建てたということだ。そんな逸話があることから、雪の女王のバジリカとしても知られている。

この記事の続きを見る


錯覚を利用して演出された広場と建物
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ローマ 
ベネチア宮殿を正面にして右側の幅広い階段を上ると、カンピドーリオ広場にたどり着く。この数学的な広場は、建築史上指折りの傑作と言われている。ローマ法王パオロ3世は、チャールズ5世をローマに迎える際に、「新しいローマ」を象徴するものが必要だと考えていた。そして、法王はミケランジェロに、この大規模な広場のデザインを依頼した。既存のパラッツォ・セナトーリオ(ローマ市庁舎)とパラッツォ・コンセリヴァトーリ(コンセリヴァトーリ宮)が改築され、新たにパラッツォ・ヌオーヴォが加わった。そして、ラテラノ宮殿にあったマルクス・アウレリウス像を広場の中心に移し、ルネッサンス時代にこの広場が生まれ変わったのである。

この記事の続きを見る


「ミケランジェロ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

なんともゴージャスなドルチェ店ですね。でもお値段はとてもお手頃なんですよ。オープンして2年ばかりですが、すでに地元の人の憩いの場となっています。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/フィレンツェ 
フィレンツェのちょっとだけ外れにあるパスティッチェリア「Bottega di Pasticceria」を紹介します。フィレンツェは素朴なケーキ店が多いですが、ここは北イタリア風の店作りで雰囲気とサービスがとても洗練されてます。ドルチェの質も良く、場所がら観光客が来ることは皆無、普段はちょっとリッチな地元マダムたちが集うため落ち着いているのも好印象です。実はこのケーキ屋さん、店内でカフェも楽しめ、お昼はランチ、夜はアペリティーボとお酒と料理も楽しむことができるのです。スイーツ好き、グルメな方は一度行ってみることおすすめします。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ミケランジェロの最後のに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介