page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ミャンマー 瞑想ツアー」の見どころ情報

ミャンマー 瞑想ツアーに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ミャンマー 瞑想ツアー」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


チェンナイのヴィパッサナー瞑想センター敷地内にあるパコダ
  • テーマ:
  • スピリチュアル
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/インド洋ビーチ/チェンナイ(インド) 
ヴィパッサナー瞑想はゴエンカ氏のメソッドに基づき、10日間の瞑想コースが運営されています。ゴエンカ氏はビルマ(現ミャンマー)でインド人の商人の家庭に生まれ、若くしてビジネスに成功していました。しかしながら極度の偏頭痛に苦しみ、各国の名医にかかるも治らず、その後ウバキン氏からヴィパッサナー瞑想を学びました。その後、ゴエンカ氏はウバキン氏のもとでヴィパッサナー瞑想のメソッドを習得し、偏頭痛も完治するに至りました。そしてインドでは既に忘れられてしまっていたヴィパッサナー瞑想を伝えるためにインドにやってきたのです。

この記事の続きを見る


多くの木々に囲まれたヤンゴン。街の中心の小高い丘にそびえるのがミャンマーのシンボル的存在のシュエダゴン・パゴダ。昼は黄金に輝き、夜は幻想的にライトアップされます。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/ミャンマー/ヤンゴン 
秘境の国というイメージがあったミャンマー連邦共和国。24年前まではビルマと呼ばれていた国で「ビルマの竪琴」の舞台と記憶する方も多いと思います。首都は国の内陸部に位置するネピドー(2006年にヤンゴンから遷都)ですが、経済の中心はヤンゴン、人口の割合からも最大都市はヤンゴンといえます。軍政主導の政治から民主化が進み、ミャンマーは世界中から観光客が激増中。企業の進出も相次ぎ在留邦人も激増中。それゆえヤンゴン市内のホテル代は猛烈に高騰中ですが、世界遺産級の仏教遺跡もあることから今後ミャンマーは旅先として注目度は高いです。

この記事の続きを見る


「ミャンマー」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

村の多くの人々が石板工芸に従事する村の入口には、大きな石板型の看板が。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/ミャンマー/モウラミャイン 
ビルー島は、ミャンマー南部モン州の州都モーラミャインの沖合に浮かぶ島。淡路島ほどの大きさのこの島が、このところミャンマー人に人気の観光地になっています。「ビルー」は日本でいう鬼に似た精霊。さしずめビルー島は「鬼が島」といったところでしょうか。直線距離では州都に近いものの渡し舟しか交通手段がなく、長く経済発展から取り残されてきました。しかしそれゆえに多くの工芸村が廃れることなく残り、2017年に州都から橋が架かると、旅人たちが押し寄せるようになったのです。

この記事の続きを見る


ミャンマーは中国とインドの間に位置するため、テーブルに並ぶスナックも中国料理とインド料理がミックス。
  • テーマ:
  • 世界のカフェ
  • 行き先:
  • アジア/ミャンマー/ヤンゴン 
ミャンマーの食文化を体験したいなら、ぜひ「ラペイエサイン」を訪れてみてください。ビルマ語で「ラペイエ」は練乳入りの紅茶、「サイン」は店という意味です。1杯30円ほどの甘い紅茶をはじめとする飲物を1品でも注文すれば卓上ポットの中国茶は飲み放題で、テーブルの上に並ぶスナック類は食べた分を最後に払うシステム。店内には大型テレビでスポーツ中継などを流しており、ミャンマーの男性たちの社交場にもなっています。早朝から夜遅くまで開いている店が多く、24時間営業の店も結構あります。※1チャット=約0.072円。2019年11月時点。

この記事の続きを見る


おすすめ撮影ポイントは、境内へ入る手前の右手奥。池を挟めば、“逆さカックー遺跡”を入れて撮ることができる
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • アジア/ミャンマー/インレー湖(ヘーホー) 
ここ数年、日本人観光客が一気に増えているスポットが、シャン州のカックー遺跡。人気の秘密は、2500近い細い尖塔が天へ突き出すフォトジェニックな光景です。ニャウンシュエから車で行く場合、州都タウンジー経由で約2時間かかりますが、公共交通機関はないので車をチャーターすることになります。途中、タウンジーで入域料を払い、パオ族のガイドを雇うことが義務付けられていますが、これはパオ族の聖地が観光客を受け入れるのに際して、政府とパオ族側との取り決めに基づくものです。

この記事の続きを見る


ヤンゴン国際空港の新国際線ターミナルと新国内線ターミナルの間にある、旧国際線ターミナルは現在改装中。近く、さらに国際線ロビーが拡張されるそうだ。写真は新国際線ターミナル。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/ミャンマー/ヤンゴン 
ヤンゴン国際空港は2016年に国際、国内線ともに新ターミナルが完成し、大きく変貌を遂げました。旧ターミナルの工事は現在も進んでおり、刻々と便利さを増しているのはよいのですが、注意も必要です。特に国際線で荷物をピックアップした後に進む出口ですが、2ヶ所に分かれているうえ両者の見通しが悪いため、迎えの友人やガイドと行き違うトラブルが相次いでいます。ですからここで待ち合わせる場合は待ち合わせ相手と、ターンテーブルを背にして左右どちらの出口から出るか、あらかじめ決めておいた方がよいでしょう。

この記事の続きを見る


カオソーイは一般的に鶏肉入り。ほかには魚やエビ入りがある
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/チェンライ 
タイ最北の県、チェンライでココナッツミルク入りのカレー麺を食べると、「北タイに来た!」と言う実感がわいてきます。古都チェンマイ名物と紹介されることも多い「カオソーイ」は、ココナッツミルク入りのカレースープに入った麺です。タイの首都、バンコクに滞在していると、タイ全土の名物料理が食べられるのは本当。しかし北タイの名物麺は、バンコクでは一般的ではないので、どこででも食べられるというわけではありません。カオソーイって、一度その味を知ると、無性に食べたくなる時があるぐらい日本人にも食べやすいカレー麺です。

この記事の続きを見る


写真はカチン料理店ムーアイ(下記参照)の料理。ザルの上に様々な総菜がのっている
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/ミャンマー/ヤンゴン 
ミャンマー料理は、全体にこってり&濃厚なのが特徴。重過ぎるかも、と言う人がいるのもわかります。でもそれは、人口の7割近くを占めるビルマ族の料理の話で、実はミャンマーは135もの民族を擁する多民族国家。最大都市ヤンゴンでは、趣きを異にする様々な少数民族の料理も味わえます。かつては少数民族料理店といえばシャン族とラカイン族のものくらいしか目に付きませんでしたが、2016年頃からの少数民族料理店ブームで、いまや選択肢が拡大。ここでは定番店ではなく、比較的最近オープンしたニューフェースをご紹介します。

この記事の続きを見る


じゃっかん見ごろを過ぎたころのドイ・メーウーコー。それでも空の青と黄色のコントラストが美しい
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/タイ/メーホンソン 
リピーターの多さを誇る観光大国、タイ。かくいう筆者も学生のころまでさかのぼってカウントすれば、おそらく40回以上タイを訪れています。それでもまだまだ興味が尽きないのがタイのすごいところ。今回はずっと憧れていた北部のメーホンソーンを訪れました。ミャンマーと国境を接する山岳地帯で、森林が多く自然ゆたかなエリア。ここには「いつか必ずこの目で見てみたい!」と思っていた景色があるのです。

この記事の続きを見る


ゴールデンロックが最も美しく輝くのは、日の出から少したった時間帯。この写真は2月中旬の7時頃に撮ったもの。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/ミャンマー/チャイティーヨ 
落ちそうで落ちない不思議な岩ゴールデンロックは、ミャンマーの人々にとって一生に1度は行きたい聖地中の聖地。1年間に3度参拝できれば金持ちになれる、という言い伝えもあります。ヤンゴンからは麓の町キンプンまで車で約3〜4時間、そこからトラックの荷台を改装した「フェリー」と呼ばれる専用車で、ゴールデンロックのある頂上まで40分の急な山道を一気に登ります。徒歩だと片道約5時間。重いお供えを抱えて山道を歩いた方がより御利益があるとされ、信仰に篤い人たちが列をなして登っています。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ミャンマー 瞑想ツアーに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介