page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ムル」の見どころ情報

ムルに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ムル」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ファーと革製品専門のお店「オナール」
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
世界のいろんな大都市を歩いていると、「日本にもあるファストファッションや有名店ばっかりじゃん!」と悲しくなることはありませんか? ところがヘルシンキの街歩きは違います。たとえば、インテリアショップのショーウインドーは、見たことのないアート作品のようなディスプレイばかり。とくに南ヘルシンキの「デザイン・ディストリクト」と呼ばれるエリアは別格です。もとは2005年に地元のデザインシーンを向上させるためのプロジェクトとしてプランされ、多くの気鋭クリエイター達が集まって思い思いの店をオープンさせた場所なのです。ブティックやヴィンテージの店、インテリア、キッチン用品、ジュエリー、お菓子の店、小ギャラリーやデザインスタジオまで、現在では25の通りに200店舗以上が軒を連ねています。しかも、石畳の通りにアールヌーヴォー建築が建ち並ぶ、美しい歴史地区でもあるのです!

この記事の続きを見る


世界遺産にも指定されている、世界最大級の規模のムル洞窟。一歩、中に踏み込むと、そこは神秘の世界!数億年かけて作られた鍾乳洞が広がっています
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/コタキナバル(マレーシア) ミリ(マレーシア) 
マレーシアにもいくつかの世界遺産が登録されていますが、何と言ってもおすすめは、熱帯雨林の森にある、「ムル洞窟」。ムル山の地下には長い年月に渡って地殻変動が繰り返し起こり、石炭質の地質の地下には、なんと300kmに渡ってムル洞窟群という巨大な鍾乳洞が広がっています。しかし、あまりにも巨大なため、現在発見されている洞窟は100程度、そのうちの4つの洞窟が一般に公開されています。自然がつくり出した神秘の世界! 息を飲むほどの美しい世界をぜひこの目で見て、その素晴しさを体感してみよう。

この記事の続きを見る


ランダム更新!本日のおすすめ見どころ・ガイド記事

トルコのバザールには独特のオリエンタルな雰囲気がある
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イスタンブール 
トルコ南東部の都市ガズィアンテップ。モザイク画の床や壁が発掘されたゼウグマや、古代遺跡が残るルムカレなどが近くにあり、南東アナトリアの観光拠点地となっている。遺跡巡りはもちろん興味深いけれど、空き時間があったら是非、町を歩いてみよう。2階建ての建物が並んで1階はほとんど小売店という町並みは他のトルコの都市と変わらない。中心部にバザールがあるのも同じだ。トルコの町へ来たら、必ずバザールへ立ち寄ってみよう。バザールへ行くと、その町の産業や経済がよく判る。ガズィアンテップのバザールには圧倒的に銅製品の店が多い。銅製品は町の産業になっている。

この記事の続きを見る


ピスタチオ入りチョコの代表格・『damak』。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イスタンブール 
トルコでは、よく見かける『ピスタチオ』。街中のナッツを扱っているお店やスーパーでも必ず売っている、人気のナッツです。あの有名なお菓子・バクラヴァにもよく使われています。また、バーでお酒と一緒に突き出しとして出されたりも。トルコでは、ピスタチオはなくてはならない存在。それもそのはず、トルコはピスタチオの一大生産地。世界でも有数の産地なのですよ。今回は、そんなピスタチオを使ったチョコレートを紹介します。スーパーやお菓子屋さんなどで、簡単に手に入るものを並べてみました。

この記事の続きを見る


王宮内のシシー博物館にある、シシーことエリーザベトの彫像
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーン観光の目玉のひとつとも言える「王宮」。その歴史やそのエリアにある建物や施設、見学方法についてはすでに別記事「ハプスブルク家の栄光を感じるウィーンの王宮エリア」「王宮、アルベルティーナ…。ウィーンの王宮エリアにある見どころで行くべきはどこ?」でざっくりと述べてきました。今回は王宮エリアの中心とも言える「王宮」の見学ポイントについてのみ、詳しく解説します。ここは王宮の建物群の北西にある部分で、皇室のプライベート空間でしたが、今では3つのセクションからなる博物館になっています。王宮エリアの中でも一番人気の場所なので団体客で常に混んでおり、行くなら朝一番か、昼のランチタイム、閉まる2時間前あたりを選んでいくといいでしょう。日本語オーディオガイドがチケット料金に含まれているので、それを聴きながらゆっくり回ると、見学時間は1時間半ほどかかります。ウィーンには他にも見たいところがあるでしょうから、オーディオガイドは適当に飛ばしながら進むといいでしょう。

この記事の続きを見る


王宮にある「銀器コレクション」には皇室の食器が展示されている
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
オーストリアの首都ウィーンでぜひ訪れたいのが、ハプスブルク家の栄華を感じさせる素晴らしい宮殿です。ウィーン市内には、「リンク」と呼ばれるかつての城壁内にある「王宮(ホーフブルク)」と、リンク外にある夏の離宮「シェーンブルク宮殿」、現在は美術館としてクリムト作品などを展示する「ベルヴェデーレ宮殿」の3つの宮殿があります。今回紹介するのは、リンク内にある「王宮」ですが、その歴史やそこにどんなものがあるかは別記事「ハプスブルク家の栄光を感じるウィーンの王宮エリア」で述べたので、ここではどのくらいの見学時間がかかるのか、入場料、何が見られるのかなど、観光方法について具体的にアドバイスします。

この記事の続きを見る


1884年から営業している老舗のカフェ「Fuerst」今でもその歴史と昔のレシピを大事にし続け、たくさんの人に愛されているコンデトライです。モーツァルトクーゲルン以外のチョコレートの種類もたくさん。
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ザルツブルク 
オーストリアの有名なお土産の1つとしてモーツァルトクーゲルンがありますが、実は色んな会社が色んなモーツァルトクーゲルンを販売しています。好みも色々あると思いますが、ザルツブルグにあるコンデトライで1890年に作られたのがモーツアルトクーゲルンの始まりです。そして1905年のコンテストでは金賞を受賞している歴史もある有名なチョコレートです。そして今でもその当時と変わらないレシピを使い、作り続けられているのです。

この記事の続きを見る


アウガルテン陶磁器のデザインを代表する「ウィーンのバラ」の模様。この花もお皿の縁取りの色も全てハンドメイド!
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
1718年に創設されて以来ハプスブルグ家の御用達で、今では世界中で愛されている高級陶磁器ブランド「アウガルテン」。世界的に有名なこの陶磁器がウィーンの庭園の中にあるたった1つの工房で、未だ全て手作業で作られ続けているのは驚きです。同時に、だからこそ信頼できる高級ブランドとして世界中で認められているのも納得! そしてこの高級陶磁器が作られる過程を見る事も出来るんです。アウガルテンの食器を扱うお店は色々ありますが、時間のある方は是非工房見学をして、付属のショップでお買い物してみてはいかがでしょうか?

この記事の続きを見る


Xocolateのショーウィンドーにキレイに並ぶプラリネ。種類も豊富で1つからグラム売りしてくれます。気に入ったものを箱に詰めてもらう事も可能
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
2001年にウィーンにオープンしたチョコレート専門店「Xocolat」。このお店は世界中の美味しいチョコレートを集めた究極のチョコレートショップです。一見ちょっと狭そうな店内ですが、中に入ると奥の広い空間に並ぶ世界中から集められたたくさんの種類のチョコレートに驚く事でしょう。オープン当時は200種類だったチョコレートも今では600種類以上! ベルギーやフランス、スイスなどといったチョコレートで有名な国からはもちろん、サントメ・プリンシペ、ホンデュラスなどといった珍しい国のチョコレートも扱うお店となっています。

この記事の続きを見る


当時のカフェで働く人々の写真は、映画の中などで見るのとはまた違う感動が。存在感たっぷりの豪華なレジスターも必見
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
既にいくつか有名どころを紹介してきましたが、プラハの街には長い歴史を持つカフェが少なからずあります。今も続いていて観光客で賑わっているカフェ、残念ながら現存していない伝説のカフェ、とその運命はいろいろですが、そうしたプラハのカフェ文化が花開いた20世紀初めから前半にかけてにまつわるあれこれを、いっぺんに見られる画期的な展示会「プラハのカフェとその世界」が3月12日〜プラハ市博物館で始まっています。期間は今年8月末まで。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ムルに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介