page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ヨーロッパ ひまわり畑」の見どころ情報

ヨーロッパ ひまわり畑に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ヨーロッパ ひまわり畑」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


トルコ南西部テキルダー県の広大な田園地帯に広がる、ひまわり畑。7月には辺り一面、眩しいほどの黄色世界になる。
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イスタンブール 
2020年3月中旬から始まったトルコでの外出自粛生活でしたが、6月1日に発表された大幅な緩和措置によって急激に通常化が進み、これを執筆している7月上旬時点でほぼ主たる制限は解除されています。都市間移動も可能ですし、週末や祝祭日の外出禁止令もなくなりました。トルコ航空をはじめとする国内・国際線フライトも段階的に再開し、日本直行便も7月5日時点で週2便からの定期運航を開始しました。博物館や美術館、遺跡などの観光スポットも、営業時間の短縮などはあっても拝観が可能です。トルコの学校が夏休みに入った6月下旬から、トルコでは都市間移動制限が解除されたことを受けて、帰省や休暇に出かける人々が多くなりました。そのせいか、イスタンブールなど大都市での感染者数が減少する一方、地方へ感染が分散し始めたのが気になるところです。

この記事の続きを見る


お気に入りをお買い得価格で!
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イスタンブール 
イスタンブールから西へ車を走らせること約2時間、トルコ北西部トラキア地方の街、Tekirdag/テキルダーへ到着です。ワイナリー自体はトルコ各地に点在しますが、トラキア地方はイスタンブールからのアクセスが良くワイナリーも集中しているため、一度に複数箇所を巡るのに最適です。今回私たちは、1泊2日で4つの造り手さんを訪問しました。それぞれお買い得な特別価格にて購入できるということで、テイスティングにも気合いが入ります。2日間で20種類以上をテイスティングした結果、私が厳選したのは4種類でしたが、参加者4人での合計購入数は37本!という爆買いぶり。ワインコレクションが増える一方な仲間たちは、セラーの共同購入を検討するほどでした。

この記事の続きを見る


真っ青な空、輝く海、サラッサラの砂浜で、思いっきりリラックスしよう。
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/エディルネ 
トルコには、様々なリゾート地が各地に点在しています。何しろ国土の三方が黒海、エーゲ海、地中海に囲まれているのですから、素敵なビーチに事欠かないのも頷けますね。地中海ならAntalyaアンタルヤ、エーゲ海ならBodrumボドルムやCesmeチェシメなどが国内外での有名どころリゾート地ですが、今回ご紹介するのは地元の海水浴客に人気の庶民的なビーチです。イスタンブールからレンタカーで4時間西に走れば、ギリシャと国境を接するエディルネ県にあるサロス湾に到着です。サロス湾はエーゲ海に面している湾で、その透明度の高さと美しい砂浜は他のビーチにもひけをとりません!

この記事の続きを見る


海外の山を見る〜ゴッホの描いた空気を感じ、セザンヌの山に見とれ、ミストラルに震える
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/エクスアンプロヴァンス 
南仏のプロヴァンスと聞けばどんなイメージでしょうか? 陽光あふれる冬でも温暖な土地柄。アルルは「夜のカフェテラス」などゴッホ作品であまりに有名な町ですね。水道橋のポン・デュ・カールをはじめ、ローマ時代の遺跡もあちらこちらにあります。アビニョンには、中世の一時期、ローマ法王がお住まいになられたことがあるために、法王庁宮殿が残されています。そして中心地は、フランス最古の港町マルセイユです。決して安くはないですが、ここでは世界三大スープの一つ、ブイヤベースを食べないわけにはいかないでしょう。サフランやハーブ類をふんだんに使った魚貝スープです。高級店では、スープと具材が別々に出されてきます。スープには薄切りバケットにマスタードをたっぷり塗ったものを浮かべて、スープが染みて柔らかくなったところスプーンですくって食べます。ヨーロッパ人はスープが多少冷めても気にしません。ですから、あせらず食べてくださいね。

この記事の続きを見る


花いっぱいの初夏のスペイン1 レンタカーを借りずにアンダルシアのひまわりを見る!!
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/カルモナ 
スペインと聞いてイメージする風景といえば、『青い空の下、どこまでも続く一面のひまわり畑』を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。バスでの移動中に、幹線道路の両側にひろがるひまわり畑を見ると、ついつい「うわぁー」っと感嘆の声が漏れてしまいます。しかし、グループ旅行でもない限り、ひまわり畑の中の道を車で入っていくのは難しいでしょう。個人旅行なら、レンタカーを借りるのが一番ですが、海外での運転に慣れていない人にとっては、これもなかなかハードルが高いですよね。

この記事の続きを見る


絶景かな!一度は泊まってみたい、スペインの国営ホテル「パラドール」-2-
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/カルドナ 
バルセロナの近くでパラドールに泊まってみたい人におすすめなのが、バルセロナの北西100kmに位置するカルドナのパラドールです。カルドナに近づくと、丘の上に聳え立つ堂々たる古城が見えてきます。ローマの砦跡に9世紀に建てられたカルドナ公爵の居城で、城の横にある「乙女の塔」から見渡す、眼下のカルドナの町から遠くピレネーの山々までの眺めは絶景です。また、カルドナは岩塩の産地として有名で、すぐ横には岩塩の採掘場も見え、博物館も併設されています。宿泊する際は、ピレネーの見渡せる側の部屋をリクエストしてみましょう。

この記事の続きを見る


ひまわりの花を見に、アンダルシアへ!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/カルモナ 
何年か前の、はるかにどこまでも続くひまわりの花畑を車が走るCMの映像が忘れられなくて、それを見に行こうとしたのが旅のきっかけでした。まずは、セビリアのツーリストインフォメーションへ行って聞いてみることに。すると担当者は、ひまわりを見に行きたいだって?と不審そう。そう、スペイン人にとってひまわりは「花畑」というより、オイルの原料となるただの「作物の畑」でしかない。それを見に行きたい観光客がいるのか?!という驚きらしい。しかし、彼は電話かけ情報を集め、セビリアから行きやすい田舎の町カルモナを紹介してくれたのでした。

この記事の続きを見る


7月から8月にかけて、トーディ周辺の丘は「ひまわり」が満開です。大きな花がそろって太陽を向いている姿はなんだか微笑ましくて、驚くほど美しいです。ぜひ写真におさめましょう
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ローマ 
約10年ほど前、アメリカ・ケンタッキー大学の研究チームが、21世紀に向けて「環境の整った町(citta' sostenibile)」についての研究・調査を行いました。そして世界の数ある町の中から選ばれたのが、中部イタリアの小都市トーディだったのです。当時のジャーナリストたちは「世界一住み心地の良い町」とか「世界で最も理想的な町」と表現し、トーディは一躍世界に知れ渡ることとなりました。実際には、都市機能と周囲の環境とのバランスが保たれた町という意味で、外観の美しさ、環境への優しさ、都市としての機能、トーディはこれらを兼ね備えた町として選ばれたのです。その後はヨーロッパ各地、世界各国から観光客が集まり、トーディ近郊に別荘を購入する人も増えました。世界の人々を魅了するトーディは、それほど美しく、住みやすい町なのです。

この記事の続きを見る


「ヨーロッパ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

発想力豊かなダッチデザインの雑貨は見ているだけでも楽しまめす。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダ人デザイナーが手がけるプロダクトや建築は「ダッチデザイン」と呼ばれ、国際的にも高く評価されています。革新的なコンセプトに基づいた、シンプルで斬新、ユーモラスなデザインが特徴です。『I amsterdam webshop(アイ・アムステルダム・ウェブショップ)』では、ダッチデザインの雑貨やアムステルダム発のプロダクトを、日本にいながら購入できます。シャンプーの空容器で使るボートの玩具(写真01)、ピート・モンドリアンの『コンポジション』柄の紙製花瓶(02)、持ち運びに便利な組み立て式のボール(03)、バイオプラスチックを材料に3Dプリンターで作られた花瓶(04)、壁にドリルで穴を開ける必要がない吸盤フック(05)、保温性に優れた羊革のシャンパンクーラー(06)など、ウイットの効いた商品が揃っています。

この記事の続きを見る


左)2階の通路に並べられた発酵食 食材廃棄を減らすための1アイデアです 右)筆者が飲んだカモミールティー
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
オランダのスキポール国際空港とアムステルダム中央駅の中間地点あたりに、アムステルダム世界貿易センターがあります。このエリア、ザイダスは、金融機関をはじめとする企業が集まるビジネス街です。このビジネス街に、とても居心地のよいレストランがあります。「サークル(CIRCL)」という名前のパビリオン内にあり、2017年9月にオープンしました。ガラスや木材が多く使われていて開放的です。屋外にも席があります。2階はお茶やアルコールを楽しめるルーフトップバー(平常時は午後から開店。目下はグループの予約のみ)です。バーの外には庭があり、ここでも休憩することができます。このレストランは環境問題に取り組んでいます。不揃いの野菜や果物など、売れにくくて廃棄されてしまう食材を生産者やスーパーから集めて料理を作っている同市のレストラン「インストック(InStock)」については日本にも伝わっていますが、サークルは、インストックから食材を得ています。肉も地元産、パンも地元のオーガニックのパン屋から仕入れています。ちなみに、スタッフはペットボトルをリサイクルした繊維のユニフォームを着ています。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ヨーロッパ ひまわり畑に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介