page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ヨーロッパ周遊 3か国 ドイツ フランス イタリア スイス」の見どころ情報

ヨーロッパ周遊 3か国 ドイツ フランス イタリア スイスに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「3か国 ドイツ フランス イタリア」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


バーゼル市内をゆったりと流れるライン川
  • テーマ:
  • サッカー観戦
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/バーゼル 
今月7日に開幕した欧州選手権2008(ユーロ2008)。スイス4会場のうち、グループリーグ3試合に準々決勝2試合、準決勝1試合の行われるバーゼルは特別な場所である。グループリーグでは地元・スイスがここバーゼルでベスト8進出に挑む。2006年ドイツワールドカップではグループを1位通過しながら、決勝トーナメント1回戦でウクライナにPK負けを強いられたものの、彼らの実力が世界に示されたのは間違いない。そのスイス代表が再びビッグトーナメントに姿を見せるのだ。地元での期待は非常に大きなものがあるようだ。約50万の人口を誇るこの町は、バーゼル・シュタット準州の州都。ちょうどドイツとフランスの3カ国の国境に位置する。空の玄関口であるバーゼル・ミュールーズ・フライブルグ空港の所在地はフランス領内。空港にはフランス用とは別にスイス用の出入り口が設けられ、直接スイス領内へ出られる面白い構造になっているほどだ。

この記事の続きを見る


「ヨーロッパ周遊 ドイツ イタリア」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

チェコの長距離バス、レギオジェット。各座席にはモニターも付いています。
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
海外で「長距離バスの旅」と聞くと、アジアやユーラシア大陸、南米、アフリカ大陸などを思い浮かべる方が多いかもしれません。筆者もとくに2002年から2014年頃までは東南アジアの仕事が多かったことと、某格安旅行ガイド本の取材も頻繁にあったので、旅先での移動は極力バスを利用していました。一方、ヨーロッパ内の移動は列車か飛行機というイメージがありましたが、今年の夏、中央ヨーロッパを旅して、ヨーロッパ内でも多くの格安の国際長距離バスが縦横無尽に走っていることを知りました。

この記事の続きを見る


「3か国 ドイツ イタリア」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ヴェルター湖近くの街フェルデンのホテルからの風景。山に囲まれたオーストリアらしいステキな湖。夏は夜遅くまでたくさんの観光客で賑わいます
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/クラーゲンフルト 
涼しいイメージのあるオーストリアですが、夏はかなり気温が上がり、冷房の完備されていない所も多いので結構暑かったりもするのです。そんな夏に人気なのが各地にあるステキな湖。オーストリアの南、イタリア国境近くにあるヴェルター湖(Woertersee)もその1つです。長さ17kmのこの湖の水は光や場所によってグリーンや青に見えとてもキレイで澄んでいて、たくさんの水鳥が住み、周りには別荘が建ち、たくさんの観光客がオーストリア国内外から訪れるステキなリゾート地となっています。

この記事の続きを見る


「3か国 フランス イタリア」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

シャモニースードゥの橋の上から見た紅葉と新雪のハーモニーが大変美しい風景。この時期ならではの景色を心行くまで堪能してくださいね。
  • テーマ:
  • スキー・スノーボード
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/シャモニー 
10月の終わりから、既に下界にも雪が降りはじめたモンブランのお膝元、シャモニー。現在は紅葉したアルプスの山頂に真っ白な雪の大変美しいハーモニーが味わえる時期です。この時期晴れて気温が低い日は、少しだけ雪が降り積もると、余計に山の岩肌がはっきりと浮き立ち大迫力の風景を堪能できますよね。線路に雪が降り積もっている日の夜、モンブラン・エキスプレスに乗車すれば摩擦で発生する火花のような光景を堪能することもできます。今シーズンオープンしたエギュイユ・ディ・ミディの岩の上に突き出した半透明の展望台は、スリリング感味わえることを間違いなし。更に今年の冬メール・ドゥ・グラスで小さな飛行船に乗れる企画も進行中だとか。大迫力の風景を堪能しながら、今年の冬はシャモニーでスキー三昧を堪能しませんか?

この記事の続きを見る


スキーで国境を越えることもできる、本場アルプスのスキー場
  • テーマ:
  • スキー・スノーボード
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/ツェルマット 
昨今の登山ブームで、海外ハイキングを楽しむ人も少なくありません。その中で特に人気なのは本場のアルプス。日本からアルプスを目指す人のほとんどは夏の間に集中しますが、ヨーロッパの人にとって、アルプス観光のハイシーズンは冬です。冬の間、分厚い雲に覆われ、常に薄暗いヨーロッパの人にとって、雲の上で太陽が降り注ぐアルプスは天国のような場所なのです。だから意外にも冬の山岳リゾートは、どこも満員御礼。日光浴をしにくるだけのお年寄りもいますが、すばらしいスキー場でスキーやスノーボードを楽しむ人が大勢いるのです。

この記事の続きを見る


フランスの中のベニス アヌシ−の春を告げるカ−にバルは、本場さながらの衣装を身にまとった方々が可愛らしい旧市街を大行進します。参加者が自分で用意した衣装は、とっても素敵でうっとりしちゃいます。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ベネチア 
モンブランのお膝元シャモニ−は、スイスやイタリアからのアクセスも抜群に良い場所に位置しています。パリからは、時間帯にもよりますがパリリヨン駅よりフランスの中のベニスと称えられるアヌシ−、または美食の町リヨン乗換えで来るのが主流です。スイスのジョネ−ブ国際空港からは、バスに乗れば直通で来ることが可能。また、スイスのマルティ二からは、モンブランエキスプレスで直通で来る事も可能です。そして、イタリアのミラノ、北イタリア第二の都市トリノからは、SAT社のバスを使い、アオスタ、クールマイヨールで乗り換えて同日中に着くことも可能です。

この記事の続きを見る


「ドイツ フランス イタリア」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

普段なにげなく使っているパスポートですが…
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ボスニア・ヘルツェゴビナ/サラエボ 
ボスニア・ヘルツェゴヴィナを旅行中、中国人の女性と話をする機会がありました。アラサーぐらいに見える彼女は、私と同じ一人旅。最近は同じアジア人で、日本人以外でも女性の一人旅をよく見かけるようになってうれしくなります。お互いの旅程を話しているうちに、彼女が切々と語りだしたのはビザのこと。自国のパスポートだと海外旅行の手続きに苦労することが多く、「フランスやドイツに行くのも大変。あなたはどこにでも行けていいわね」とうらやましそうでした。いわれてみると日本のパスポートは本当にすごい。当たり前のように海外旅行をしている自分を、いま一度振り返るきっかけになりました。

この記事の続きを見る


EUへの入国には、あらかじめ手続きが必要に
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
日本のパスポートを持っていると、多くの国々へビザなし渡航ができます。とても便利ですね。ところが、基本的にビザは必要ないのだけど、事前に渡航申請が必要な国があります。一番有名なのは、アメリカですね。アメリカの渡航認証システム、ESTA(エスタ)はよく知られています。渡航前に、パスポート情報などをオンラインで訪問国に送っておく必要があります。その他には、カナダのeTA(イータ、イーティーエー)があります。こういったシステムがある国に行くには、日本出発までに、渡航認証システム経由で申請をしておかないと、飛行機にすら乗れません。それと似たものが、EUにも導入されることになりました。予定では、2021年に導入とのことです。まだ時間がありますが、あらかじめ知っておいて、来たるときに備えましょう!

この記事の続きを見る


コンセプトにこだわりあり!
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/オタワ 
このレストランは、食事や飲み物を友達や家族と共に楽しめる場所を提供したいというオーナーシェフの願いを込めて2014年に開業しました。彼は長年オタワで様々なレストランで経験を積んだ後、2年の月日をかけてこのレストラン開業の計画を練り、デザインにもこだわってオープンさせたレストランがこの「Fauna」です。高い天井と広々とした空間があり、前面はガラス張りのレストランはとても開放的。洗練された雰囲気の中、お食事を楽しむ事が出来ます。

この記事の続きを見る


7カ国全ての家がオランダの国家遺産
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アムステルダムの中心地、ミュージアム広場から西へ徒歩6分ほどのルーメル・フィッセル通り (Roemer Visscherstraat) では、ヨーロッパ7カ国の建築物を一度に鑑賞できます。高級住宅街にある閑静な通りの中ほどまで歩みを進めると、オランダの典型的な赤レンガ造りの建物に続いて、異国情緒あふれる7軒の家が並んでいます。各々がヨーロッパの国を代表する建築様式で建てられ、オランダ語で「7カ国の家」を意味する「Zevenlandenhuizen ゼーヴェンランデンハウゼン」と呼ばれています。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ヨーロッパ周遊 3か国 ドイツ フランス イタリア スイスに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

関連リンク

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介