page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ランカウイの夕日時間」の見どころ情報

ランカウイの夕日時間に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ランカウイの」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


スパ・トリートメントを受けながら、目の前に広がるのは、アンダマン海の青く透明な海。絶好のロケーションのスパは、ランカウイに来たのなら外せません
  • テーマ:
  • 癒し
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ランカウイ島(マレーシア) 
日本では敷居が高く感じられる「スパ」ですが、ランカウイではたくさんのスパがあり、5つ星ホテルの高級スパもマレーシアでは、お手頃に体験することができます。せっかくの海外旅行なのですから、毎日頑張っている自分へとっておきのプレゼントをしてみませんか!? 今回は「どこのスパに行ったら良いのか?迷っちゃう。」というあなたに一押しのスパを紹介します。極上の本格的なスパ・トリートメントをぜひ、ランカウイ島でお試し下さい。

この記事の続きを見る


大自然が残るランカウイには、マングローブの森が広がります。ボートに乗って、自然の豊かさを感じてみませんか?
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ランカウイ島(マレーシア) 
赤道に近いため、1年を通して、Tシャツ1枚で過ごすことができる、マレーシアにあるランカウイ島。仕事でのストレス、また家事疲れの解消のために、思いっきりリゾートを満喫したい方に、ランカウイはとてもオススメ。日本と比べて時差が1時間しかないので、時差ぼけ解消のための休養は不要! 到着してすぐに、パワー全快でリゾートを満喫することができます。自然が残るランカウイには、たくさんのアクティビティがありますが、今回は世界に誇る、ランカウイのマングローブの群生地をボートに乗ってクルーズするエコツアーを紹介。綺麗な空気、緑溢れる大自然を肌で感じ、日頃の疲れを吹き飛ばしましょう!

この記事の続きを見る


波の音を聞き、真っ赤に染まる夕陽を眺めながらのディナーは格別。旅の素敵な思い出になること、間違いなし!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ランカウイ島(マレーシア) 
マレーシアへ旅行に来たことがある人の感想の多くは、「マレーシアは食がいい!」。新鮮なシーフードはもちろんのこと、ナシゴレン(焼飯)やチキンライス、インドカレー等のローカルフード。また駐在員が多いため、フレンチ、イタリアン等の西洋料理まで…各国の料理を楽しむことができるのも、マレーシアの人気の一つです。今回紹介するのは、真っ赤な夕陽を眺めながら、ステーキを豪快に頂くことができるレストラン。旅行中、ちょっとローカル料理に飽きた方、またムード満点の中で恋人と食事をしたい方、ぜひとも足を運んで見て下さい♪

この記事の続きを見る


眼下には断崖絶壁の山に鬱蒼とした熱帯雨林、そしてタイの国境まで見渡せる程、どこまでも続く青い海。思わずうっとりの絶景を楽しめます!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ランカウイ島(マレーシア) 
マレーシアのビーチリゾートとして、一番有名な場所はランカウイ島。プーケットやバリと違って未だ観光地化されておらず、マングローブの森が続き、水牛が道路脇で寝ていたりと、素朴な自然が色濃く残る島。海は綺麗だし、マレーシアのローカルフードが日本人の口にあいます。また免税の島なので、ブランド品やビールまでもが免税になるのも、嬉しい限り。年々日本人のリピーターが増えているのも、うなずけます。ランカウイの見所はたくさんありますが、その中でも一番のオススメは「ランカウイ・ケーブルカー」。山頂から見上げるランカウイ島!また違ったランカウイの良さが発見できるはず!

この記事の続きを見る


「ランカウイ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

誰もいない、静かな午後のティオマン島のビーチ
  • テーマ:
  • ダイビング
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ティオマン島(マレーシア) 
2020年までに先進国入りを目指し、国を挙げて観光に力を入れているマレーシア。発展目覚ましい首都クアラルンプール(以下、KL)、ジャングルに覆われたボルネオ島、世界遺産の古都マラッカやペナン、そして、ビーチリゾート! なかでもタイとの国境に近いマレーシアの最北端で西海岸に位置するランカウイ島は、大型リゾートホテルも多いアジア屈指のリゾートです。しかしマレーシアの西半分であるマレー半島は、熱帯モンスーンの影響を受けるため、ベストシーズンが限られているんです。ランカウイ島をはじめとするマレー半島の西海岸地が、モンスーンの影響を受けて雨季に入るのは4月〜9月頃。しかし同時期に、マレー半島の反対側の東海岸地域はシーズンを迎えます。今回は、そのなかでも世界で有数のダイビング・スポットとして人気の「ティオマン島」をご紹介します。こちらのオンシーズンは、4月から10月初旬まで! 例年、この時期の透明度が高いと評判ですよ。

この記事の続きを見る


マラッカで見つけた昔風の雰囲気のバー
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/マラッカ 
マレーシアはイスラム教徒の多い国ですから、ビールなどアルコール類は飲めないのではと思う人もいるでしょう。しかし隣のインドネシアも合わせて、飲酒が禁止されているわけでありません。ただ、いずれの国でもビールは日本よりも高いです。バリ島に行った人が、食事代よりビール代のほうが高くつくことでびっくりされるように、マレーシアでも同じように高いです。マレーシアで有名な銘柄は、タイガーにハイネケン、カールスバーグといったところで、320ミリリットル入りの缶ビールでも300円くらいするのです。これはもちろん酒税が高いから。アジアで2番目の高税率だそうです。ですから、ビールを飲もうと思うと、コンビニではなく、古ぼけた中華商店に行ってみます。こういう店なら、1缶200円弱で買えたりもするのです。もちろん大型スーパーでまとめ買いすれば、さらに安くなりますが、短期旅行では無理ですしね。

この記事の続きを見る


ヨーロッパとミドルイーストのテイストを融合した、シンメトリーな建築デザイン
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ランカウイ島(マレーシア) 
マレーシアのランカウイ島は、ユネスコが地質学的に貴重な地へ与える “世界ジオパーク”に、島全体が東南アジアで最初に認定されました。そんな豊かな自然に恵まれた島の東南端に2016年4月、セントレジス・ランカウイがオープン。世界で展開しているラグジュアリーリゾートが誕生するのは、フォーシーズンズ ランカウイが誕生してから11年ぶりです。これまでも静けさに包まれた大人のビーチリゾートとして地位を確立しているランカウイ島がバージョンアップ! さらに2017年7月にはザ・リッツカールトン・ランカウイもお目見え予定とあり、ランカウイ島が新たなるハイダウェイとして注目を集めそうです。とはいえ、開発を行うのは島の35%までというルールがあるので、自然との共存したリゾートといえるでしょう。

この記事の続きを見る


山の中のシャレーだけでなく、水上コテージの部屋(スイート)もあります
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ランカウイ島(マレーシア) 
マレーシアにあるランカウイ島へはクアラルンプール経由が一般的。プレイエリアが充実しているので、子連れのトランジットにはうれしい空港です。はるばる行くリゾートだったら、海だけでなく、山も楽しみたいですよね!?ベルジャヤ・ランカウイはシャレー(部屋)が山のふもとに点在しているので、まるで山小屋滞在気分。バルコニーに猿が来ることもあり、子どもたちは大興奮!ホテルのロビーから部屋へはじゃらんじゃらん(マレー語のお散歩の意味)もしくは、オープンカーのシャトルバスも走っています。リゾート内を歩くエコツアーも大人気。

この記事の続きを見る


島の西側に位置し、背後には緑の山並み、目の前にビーチとマリーナが広がります。レストランやショップの入った複合施設が隣接し、便利なロケーション
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ランカウイ島(マレーシア) 
マレーシアのランカウイ島に5ツ星のリゾートホテルが2010年11月、オープンしました。なんと、5年ぶりのこと! 話題の新星、ザ・ダナは島の西側に位置し、ランカウイ国際空港から約15分。レストランやバー、ショップが集合した複合施設のテラガ・ハーバー・パークに隣接し、オンザビーチのロケーションです。外観はフレンチ・リビエラのようなデザインで、館内に入るとブリティッシュ・コロニアル調。サンスクリット語で“贈り物”という名前のとおり、ステキな休日をプレゼントしてくれることでしょう。

この記事の続きを見る


ペナンの屋台街で味わうローカル料理。こちらは人気のスズキのグリル。さっぱりしたスズキにライムをギュっと搾って、チリをつけて頂きます、スズキは1匹:25RM
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/ペナン島(マレーシア) 
ランカウイ島に次いで、日本からの旅行者を集めるペナン島。ペナン島の中心地、ジョージタウンには植民地時代のコロニアル様式の古い建物と中国様式の建物が入り混じっており、オリエンタルな独特の雰囲気を作り出しています。また、この街並みが2008年に世界遺産に登録され、ペナン島はマレーシアで今一番活気がある街かもしれません。島でありながら人口は48万人、マレーシア第二の都市としても栄えるペナン島。リゾート気分も味わえて、それでいてどこかほっとするようなペナン島に出かけてみませんか?

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ランカウイの夕日時間に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介