page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「リオデジャネイロ」の見どころ情報

リオデジャネイロに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「リオデジャネイロ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果49

1 2 3 4 5 末尾 次へ


ハバナ(キューバ)の中心街
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/カリブ・中南米ビーチ/ハバナ 
(その4から続く)最近にわかに注目を浴びているのがキューバです。日本からだとカナダかメキシコ経由になります。アメリカとは国交を断絶していたので、近いのに遠い国だったわけですね。治安の良さは中米随一、もしかしたら日本よりもいいかもしれません。それでもビザや航空券の取得等、個人だと時間がかかるし、ホテルもなかなか取れません。ホテルの数が極端に少ないのです。個人旅行者の多くは、ですから民宿に泊まっています。現になかなか予約が取れないという業界関係者の声も聞きます。高級ホテルの代わりになるような中級ホテルはさらに少なく、オーバーブッキングが起こったら、どんなところに宿泊するのか、やや心配です。同じ社会主義のロシアでは、オーバーブッキングで、青少年の家のような公共施設に宿泊したことがあります。こんな場合は、後日帰国後、旅行会社と交渉し、料金の差額を払い戻してもらいましょう。

この記事の続きを見る


踊りと音楽を楽しむ。世界3大カーニバルのひとつ、トリニダード・トバゴのカーニバル
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
「世界3大カーニバル」のひとつといわれている、カリブ海のミニ国家トリニダード・トバゴのカーニバル。ここでもカーニバルは、ブラジルのリオデジャネイロのように、派手な衣装に実を包んだ人々が激しい音楽に合わせてパレードをするのがメインイベントです。リオの音楽が“サンバ”が中心なのに対し、こちらは“ソカ”。そして外国人もあらかじめチームに登録してお揃いの衣装を揃えれば、パレードに参加できるというのが大きな特色です。

この記事の続きを見る


キリスト像になって町を見渡してみよう
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • 中南米/ボリビア/コチャバンバ 
南米の国ボリビアと言えば、観光地として有名なウユニ塩湖があり、乾季と雨季では異なる景色が見れる素晴しい場所です。さて、ボリビアにある他の観光地のひとつに巨大なキリスト像があることをご存知ですか。ボリビアのコチャバンバの「コンコルディアの丘」に設置されています。実はブラジルのキリスト像よりも巨大な像がボリビアにあったのです。

この記事の続きを見る


カリブの国なのにインド人が多いトリニダード・トバゴ。どんな歴史があるの?
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/カリブ・中南米ビーチ/トリニダード島 
カリブ海に浮かぶ多くの島々。その東に点々と連なる小アンティル諸島には数々のミニ国家がありますが、今回紹介するのはその一番南、あと20kmほどで南米大陸という場所にある国、トリニダード・トバゴです。その名のとおりこの国は、おもにトリニダード島とその1/10ほどの大きさしかなないトバゴ島という2つの島からなっています。その面積は日本の千葉県ぐらい。日本ではあまりなじみのない名前かもしれませんが、ここで行われるカーニバルは、リオデジャネイロとヴェネチアと並ぶ、「世界3大カーニバル」といわれているんですよ。

この記事の続きを見る


ブラジルでの移動費セーブするには?
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • 中南米/ブラジル/リオデジャネイロ 
ブラジルは日本の23倍の面積を有する南米の国。旅行にはバスや飛行機を利用し、各都市へ移動します。しかし、南米で最も物価の高いと言われるブラジルでの交通費は馬鹿になりません。主要都市間はバスでアクセス可能なのですが、とても広い国なので所要時間と費用を考慮し、バスと飛行機のどちらが効率的な移動方法であるか検討するとよいでしょう。そのためには、インターネットでの検索は必須です。

この記事の続きを見る


ブラジルの地元食堂へ行くなら、あなたはポルキロ派? それともプレートオプション派?
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 中南米/ブラジル/リオデジャネイロ 
ブラジルは南米で最も物価の高い国と言われています。安そうなレストランでも、1回あたりの食事の予算は日本円にして1000円〜1500円ほど。また、ブラジルのレストランではメニューには写真がないのがふつうで、注文した料理が想像と違って、がっかりすることがあります。ブラジルでは、そんな心配を解消してくれるレストランが2種類あります。それが、「ポルキロ」と「プレートオプション」です。

この記事の続きを見る


歩道にもテーブルの並ぶ「アデガ・ポルトゥガリア」
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 中南米/ブラジル/リオデジャネイロ 
「アデガ・ポルトゥガリア(Adega Portugalia)」は、カテテ(Catete)地区、ラルゴ・ド・マシャード(Largo do Machado)広場にあるカジュアルな居酒屋(ボテコ、ボテキン)。日系企業が多いというフラメンゴ地区やサントス・ド・デュモン空港にも比較的近く、メトロでも行きやすい立地です(最寄駅は、「ラルゴ・ド・マシャード」)。また営業時間も毎日8時から0時と長いため、知っておくと便利な一軒です。

この記事の続きを見る


「7つの丘の街」リスボンの旧市街を見渡す絶景ポイントはここがおすすめ!!(後編)
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポルトガル/リスボン 
リスボンのトラムの路線の中でもツーリストに一番人気が28番線です。バイシャ地区からアルファマ地区に登っていくと、最初の展望台が「サンタ・ルジア展望台」です。サンタ・ルジアという小さな教会に隣接していて、展望もさることながら教会や展望台の壁を飾るアズレージョ(装飾タイル)の青と、ブーゲンビリアの濃いピンク色の組み合わせがとてもきれいです。そのすぐ先にある「ポルタス・ド・ソル広場」からの眺めはアルファマ地区随一の絶景。アルファマ地区とテージョ川の素晴らしい風景を見ながら、広場のテラス席で飲むビールはまた格別です。

この記事の続きを見る


過去を偲ばせるレストラン入り口に飾られた写真
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • 中南米/ブラジル/リオデジャネイロ 
カラフルな舟の浮かぶグアナバラ湾沿いにある「アルバマー(Albamar)」は、80年以上の歴史をもつ市内有数のレストラン。ユニークな8角形の美しい建物は、元魚市場。1908年にフランス人の建築家が指揮をとり、アントワープから輸入されたそうです。その後、1933年に当時の名士が集うレストランとして「アルバマー」はオープンしました。現在もリオっ子自慢のシーフードレストランとして人気を集めています。

この記事の続きを見る


2軒の隣り合う建物を波形の屋根で関連づけたリオ美術館の外観
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • 中南米/ブラジル/リオデジャネイロ 
2013年3月に開館したリオ美術館(Museu de Arte do Rio - MAR)は、美術展と教育プログラムを実施する文化施設。1916年築のドン・ジョアン6世の邸宅と、元バスターミナルだというモダンなビルを波形の屋根で繋いだユニークな建築です(ベルナルデス+ヤコブセン建築設計事務所)。リノベートされた豪邸は、展示ホールとして使用され、モダンなビルはEscola do Olharという教育施設となっています。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。リオデジャネイロに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介