page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「リゾートビーチ 海外 安い」の見どころ情報

リゾートビーチ 海外 安いに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「リゾートビーチ 海外 安い」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


バリ島?プーケット?いえいえ、ここはシンガポール。市街中心地からたった15分程でたどりつくラグジュリーなリゾート、カペラ・シンガポール
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/シンガポール セントーサ島(シンガポール) 
開業前から何かと話題になっていたラグジュリーホテル、カペラ・シンガポールが2009年3月末にオープンしました。カペラホテルズ&リゾーツというと、元リッツカールトン社長で、著名なホテリエであるホルスト・シュルツ氏が創業した、究極のラグジュリーホテルとして躍進中のブランドです。以前にそのカペラリゾーツの幹部と話をする機会があり“最高の隠れ家リゾートホテルとして名高い某ブランドを超えるホテルづくりとサービスを提供するのが理念”と伺って、アジア初となるシンガポールのカペラがどんなホテルになるのか、興味津々でした。

この記事の続きを見る


「リゾートビーチ 海外」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ニュードナウでリゾート気分を楽しめるロケーション
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーン市内を流れるドナウ川、それに平行するニュードナウはドナウ川の水位が上がった時に水を流す場所としてドナウ川が整備された時に作られました。毎年4月、雪解けの時期に水門を開けて水が流れる事がありますが、それ以外は通常は穏やかな湖のようになっていて、地元の人の憩いの場ともなっています。ドナウ川とニュードナウの間にはドナウインセル(ドナウ島)と呼ばれる島があり、ニュードナウと合わせて夏季は多くのイベントが開催される場所でもあります。ニュードナウ沿いにはいくつもの期間限定のレストランなどがありますが、今回ピックアップする「Vienna City Beach Club」もその1つ。季節限定、そして穴場的なカフェ・クラブをみていきましょう。

この記事の続きを見る


シンガポールの東端、タナ・メラ・フェリーターミナル
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
シンガポールから1時間足らずで到着するリゾートアイランド、ビンタン島。シティ&ビーチリゾートを両方満喫したいあなたなら、行く価値大の島です。先日、私もシンガポールとビンタン島を旅行してきました。旅行者がビンタン島へ渡るには、シンガポールの「タナ・メラ・フェリーターミナル」から高速船を利用するのが一般的です。今回は、この高速船「ビンタン・リゾートフェリー」をピックアップ! 2種類のグレードがある、高速船の座席について解説します。

この記事の続きを見る


オールド・ヤッファまで歩いて20分くらい
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イスラエル/テルアビブヤッフォ 
イスラエルというと遠い未知の国のイメージがありますよね。現在のところ日本からの直行便はないので、香港経由でテルアビブまで約17時間。確かに遠いですが、空の玄関口のベン・グリオン国際空港で観光の場合はビザなしで入国できます。パスポートにはスタンプは押されず、紙を渡されるのでその後、他の国に行く際に問題はありません。テルアビブの海岸沿いにはホテルが立ち並び、ビーチでは日光浴やサーフィンを楽しむ人たちがいる地中海のリゾート。ビーチ沿いのプロムナードでは散歩やレンタル自転車でサイクリングもでき、朝、夕はジョギングする人の姿も多く、地元の人たちや観光客で常に賑わっています。

この記事の続きを見る


世界的リゾート、インドのゴアはどのビーチがいいのか?(その3)アンジュナとアランボールビーチ
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/インド洋ビーチ/ゴア(インド) 
(その2から続きです)インドのゴアの象徴は、やはりアンジュナビーチでしょう。ゴアがリゾート化される発祥の地です。その昔は「ヌーディストビーチ」とも呼ばれていました。しかしそれも30年前にはすでに伝説と化しており、時期にもよるのでしょうが、裸の楽園と言うほどではありませんでした。トップレスで日焼けする女性は世界中のビーチでわりといますし、昔も今もそんな程度のようです。アンジェナには昔はホテルがほとんどありませんでしたが、今では100軒近くのホテルがあります。そしてどの宿も、多くがヤシの木と田んぼが広がる内陸部に位置しているので、ビーチライフといった雰囲気ではありません。実はヒッピーたちは、当初はビーチライフを気に入ってゴアに住み付いたのでなく、キリスト教徒が多く、食べ物の禁忌が少なく、酒も安いので、穏やかな雰囲気のこの地に住み付いたように思えるのです。

この記事の続きを見る


世界的リゾート、インドのゴアはどのビーチがいいのか?(その2)カンドリムビーチ、バガビーチ
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/インド洋ビーチ/ゴア(インド) 
(その1から続きです)「クリスマスにはゴアを目指せ!」。いつからこんなことが言われるようになったのか、定かではありません。しかし30年前、僕が初めてゴアを訪れた時には、すでに言われていました。今では多数のホテルやゲストハウスができましたし、新しいビーチも開発されています。しかしそれでも、11月下旬にはかなりの数のホテルが満室になるほどの人気ぶりです。しかも安くない…。もっともホテルが多いのが、ゴアのビーチエリアの中心地、カラングートで200軒以上のホテルがあります。それでもこの時期は、通常より値段が高くなる傾向です。次にホテルが多いのがカラングートビーチの南に位置するカンドリムビーチで、150軒以上あります。インド人客の多いカラングートとは対照的に、年配の欧米人客が中心となります。クリスマスから年末年始にかけて、ゆっくりされる人が多いようです。

この記事の続きを見る


バンコクから近くても海はきれいなサメット島
  • テーマ:
  • ビーチ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
タイの旅はバンコクを基点にして楽しみたいので、バンコクから日帰り、あるいは1泊2日程度で行ける、おすすめビーチに行きたい。しかしプーケットやサムイ島は飛行機で行かなくてはならないと、ちょっと遠すぎる。パタヤは近いけれど、なんだかにぎやかそう。そんな方におすすめなのが、以前、たびナレの「バンコクから日帰りビーチトリップ」で紹介したサメット島です。そこには「日帰りでも行ける」と書きましたが、実際は早朝にバンコクを出ないと楽しめないという強行軍。なので、できれば1泊2日は欲しいところです。サメット島への行き方はそちらにも書きましたが、バンコクの東バスターミナル(エカマイ)から、船着き場のあるバーンペーまで3時間半。日本人の駐在員も多い最寄りの大きな町ラヨーンまではバンコクから3時間、そこからも船着き場までバスで30分です。

この記事の続きを見る


シティ&ビーチを欲張りに楽しもう〜世界遺産の街ハバナから行くカリブのリゾート
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • 中南米/キューバ/バラデロ 
カリブ海に浮かぶ国キューバは、これまでは『気軽に旅するにはちょっと敷居の高そうな国』、『ちょっとマニアックな旅先』というイメージがありました。しかし、アメリカとの国交正常化が進むことによって観光のインフラが徐々に整備されて、これからはどんどん旅がしやすくなっていくと思われます。なかでも首都ハバナは、街もビーチも楽しめるところが魅力です。スペイン統治時代のコロニアルな街並みを残すハバナ旧市街は、1982年に世界遺産に登録されています。

この記事の続きを見る


プーケットのパトンビーチのバーで日本人を狙う、「マイフレンド」強盗の悪質な手口
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/プーケット島(タイ) 
タイの一大リゾート地、プーケット島で最も賑やかなパトンビーチ。エリアのほぼ中央を町中からビーチへと抜けるバングラー通りは、タイ南部でも最大の歓楽街となっています。通りの両側だけでなく、ソイ(通りから奥に入る細い道)の奥までバーやクラブがひしめきあい、夜は島中から集まってくる観光客でいつもいっぱい。セクシーな衣裳を身にまとった女性やニューハーフがお立ち台で踊るバー、派手なネオンのディスコで遊んでいると、開放的な気分になってきますが、現地の旅行代理店に聞くと、そこを狙ってくる犯罪が横行しているとか。

この記事の続きを見る


お買い物天国・ビーチ天国 リゾート地グアム
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/ミクロネシアビーチ/グアム 
日本からわずか約3時間半で行けるグアム島。短時間のフライトですから、週末旅行や短期の旅行にも向いています。各地方からも便が出ており、夜便もあるので仕事帰りに出発もできますね。また、美しいビーチだけではなく、お買い物の魅力もしっかりとありますよ。初めての方でも小さい島ですから、観光は半日程度で充分でしょう。観光を終えたら、早速水着に着替えてビーチへ出かけますか? それともまずはお買い物に出かけますか?

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。リゾートビーチ 海外 安いに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介