page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ルーブル美術館 お土産 ショップ」の見どころ情報

ルーブル美術館 お土産 ショップに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ルーブル美術館 お土産 ショップ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ヨーロッパのミュージアムショップでレプリカをコレクション
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
「レプリカ」と聞くと、ホンモノそっくりのコピー品というイメージが浮かぶ方も多いと思います。語源はイタリア語で”繰り返し”の意味で、美術用語で使われる場合は、模写画、複製、模造品の総称となっています。美術館や博物館のミュージアムショップでは、人気の作品のレプリカが商品として売られているのをご存知ですか?

この記事の続きを見る


美術鑑賞だけじゃない、ルーブル美術館エリアで楽しむお買いものガイド
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
パリを訪れる観光客の殆どの人が訪れるといってもいいのが、ルーブル美術館。フランス随一の観光スポットのひとつです。「モナリザ」の微笑みや、美しい「サモトラケのニケ」など名作を鑑賞した後は、ショッピングを楽しんでみてはいかがですか。美術館の中にも絵ハガキや図録などの関連グッズを扱うミュージアムショップや売店がありますが、実はルーブル美術館のすぐ横には沢山のショップが揃っているショッピングモールがあり、本格的な買い物が楽しめます。

この記事の続きを見る


「ルーブル美術館 お土産」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

グリーンの壁が目印のパティスリー カドール。ルーブル美術館のすぐ脇にあります
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
バカンスも明けた、秋のパリ。気温も涼しくなり、スイーツが恋しい季節になりました。今日はパリの中心地1区にあるパティスリー、カドールをご紹介致します。ルーブル美術館に見学に出かけた際には、ぜひ立ち寄っていただきたいクラシックなお菓子がそろっているパティスリーです。カドールは映画のロケにも使われたり、上品な地元お買い物客や観光客に人気のお店。セーヌ川沿いから一本入った角地に位置し、淡いグリーンの壁が目印です。日曜日もやっており、朝食やランチのメニューもあるので気軽に入ってみてくださいね。

この記事の続きを見る


賑やかなモントルグイユ通り マルシェ(市場)になっているので、楽しくてグルメな通りです
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
ルーブル美術館の裏手、パリ1区から2区にかけてモントルグイユ通りがあります。賑やかで親しみ安い市場が並ぶこの通り、お料理・お菓子の道具専門店やお菓子材料のお店もあり、お菓子好きにはたまらないはず。そして、この通りの51番地には、パリ最古のケーキ屋さんのメゾン・ストーレー(Stohrer)があります。創業は1730年。約280年の歴史を誇る老舗パティスリーです。フランス王ルイ15世に嫁いだポーランドのマリー・レクチンスカのお抱え菓子職人、ニコラ・ストーレーが開いたお店なのです。ということは…、そう!!ここのケーキのルーツはまさに宮廷で出されていたもの。そんな高貴なお菓子を求めて、ぜひこちらのストーレーを訪れてみてください。

この記事の続きを見る


香り高い自家焙煎のオリジナルブレンド約1.5ユーロ(約225円)で一休み
  • テーマ:
  • カフェ・スイーツ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
前回は紅茶の老舗をご紹介しましたが、紅茶よりも、ショコラよりもやっぱりコーヒー!!という方、今回はコーヒーの専門店 カフェ ヴェルレをご紹介したいと思います。私が、このお店に出会ったのは10年以上前。初めて住んだパリのステュデュオの大家さんに、「これだけカフェが溢れたパリで一軒だけ選ぶならドコ??」っていう質問に、とても真面目に考えて教えてくれたお店です。純粋にコーヒーを楽しみたい時、ゆっくりと癒されたい時、初心に戻りたい時などに一人でなぜかこっそり行きたくなるカフェ。10年前とは外観が変わりましたが、変わらぬ人気を誇るカフェです。麻袋に入ったコーヒー豆はお土産にも最適なので、ルーブル美術館にお出かけの際にでも是非お立ち寄り下さい。

この記事の続きを見る


「ルーブル美術館 ショップ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

美術館を楽しもう!「基本編」
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
海外旅行の旅先では、美術館に足を運ぶ機会も増えますよね。滞在する国の文化や芸術を味わうには絶好の場所、ふだん日本ではあまり美術館に行かない方にも訪れてみて頂きたいです。ヨーロッパでは美術館は地元の人にとって憩いの場所にもなっています。展示室の作品はもちろん、美術館の雰囲気も楽しんでみるのもいですよ。

この記事の続きを見る


グランド・ギャラリー
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
映画「ダ・ヴィンチ・コード」はルーブル美術館で始まり、ルーブル美術館で終わる。ルーブル美術館は上から見ると「コ」の字型になっていて、その一辺、ドノン翼と呼ばれるエリアの2階は床が寄木細工で作られ、グランド・ギャラリーという名前がついている。グランド・ギャラリーにはルネサンス期のキリスト教を題材にした絵画が多く飾られていて、映画はここで美術館長の遺体が発見されて動き始める。グランド・ギャラリーが館長殺害現場という設定で登場し、多くの絵画が写るものの、それらが展示されている場所は映画とはかなり違っていて、それを発見、体験するのもまたひとつの楽しみだ。

この記事の続きを見る


「お土産 ショップ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ミッフィーはオランダ語で「小さなうさぎ」を表す「ナインチェ」と呼ばれています。絵本の販売は全世界で8500万部に達する人気です。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オランダ/アムステルダム 
アムステルダムで子ども向けのお土産を選ぶなら、まずは『ミッフィーショップ (De Winkel van Nijntje)』がお勧めです。ディック・ブルーナの描くミッフィーは、1955年にオランダで最初の絵本が出版されて以来、世界中の子供たちに愛されてきました。ブルーナの故郷ユトレヒトには『ミッフィーミュージアム(Nijntje Museum)』があり、日本人観光客に人気のスポットです。ユトレヒトまで足を伸ばすことができなくても、アムステルダムの『ミッフィーショップ』で沢山のグッズを購入できます。ぬいぐるみや玩具はもちろん、ベビー・キッズ向けの小物や衣類、家具も充実しています。オランダ語版のミッフィーの絵本や、サッカーオランダ代表のユニフォームを着たミッフィーのぬいぐるみなど、ショップ限定のグッズもあります。オランダ生まれのミッフィーに、ぜひ会いに行ってみてください。

この記事の続きを見る


  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
初めての台湾への女子旅で、訪れたいショッピングスポットをご紹介します。まずは、ショッピングモールからいきましょう! ショッピングモールは、暑さや雨など天候に左右されず、早朝から夜まで活動する際の体力温存にも役立ちます。おすすめは台北101で、地下1階から5階までの部分がショッピングモールになっています。高級ブランドショップからカジュアルショップまであり、地下にあるお土産コーナーも充実しています。初めての台湾への女子旅では、台北101の展望台や、B1にある小龍包で有名な鼎泰豊もぜひ行きたいところだと思います。台北101で、ショッピングと観光とグルメを同時に楽しんでしまいましょう!●台北101 営業時間 B1階〜5階 [日〜木]11:00〜21:30、 [金、土、祝前日] 11:00〜22:00 2019年7月の情報です。最新データは以下のURLでご確認ください。【URL】https://www.taipei-101.com.tw/

この記事の続きを見る


トラウン湖に浮かぶオルト城。街の中心地からも見ることが出来ます。
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ザルツカンマーグート 
ザルツカンマグート地方にはたくさんの美しい湖がありますが、そのうちの1つトラウン湖。その湖の北端に位置するグムンデンの街はフランツ・ヨーゼフ帝もお気に入りの避暑地として何度も訪れたそうです。湖畔の遊歩道沿いには彼の銅像が建ち、市庁舎にはハプスブルグ家の紋章である双頭の鷲が描かれています。そんな街の見どころの1つは湖上に浮かぶオルト城。遡る事909年の資料にもその名が登場するくらいの歴史あるお城です。城内では様々なイベントが開催される他、カフェレストランもあり気軽に利用する事が出来ます。開館時間は季節やイベントの開催状況によって変わるので、HPで最新情報を確認するか、お城や観光案内所にお問い合わせください。お城は街の中心地からも見ることが出来ますが、湖畔を歩いて1,5kmくらいの所にあります。ゆっくり景色を楽しみながら歩いてもいいですし、観光ミニトレインを使って行く事も出来ます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ルーブル美術館 お土産 ショップに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介