page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「ローマ 生演奏 レストラン」の見どころ情報

ローマ 生演奏 レストランに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「ローマ 生演奏 レストラン」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


4階のパルテノン・ギャラリー。エルギン・マーブルのレプリカを含めたパルテノン神殿の彫刻が、実際の神殿の向きに合わせて展示されています。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ギリシア/アテネ 
2009年に開館した新しいアクロポリス博物館は、地下鉄アクローポリ駅の目の前にあります。パルテノン神殿のすぐそばにあった旧アクロポリス博物館に収まりきらなかったものを展示する目的と、イギリスの大英博物館で保存・展示されているエルギン・マーブルがいつか返還されるときのために、理想的な展示スペースを確保する目的で建てられました。ローマ時代、東ローマ時代の遺跡の上に建てられているため、広範囲にわたり、ガラス張りの床を通して地下の遺跡が見えるようになっています。博物館の中心部は吹き抜けになっていて、4階中心部の床もガラス張り。天井が高く全体に光の差し込む開放感のある作りで、よくある考古学博物館とは全く違った趣の素晴らしい空間が広がります。ただし、高所恐怖症の方にはちょっと歩きづらい場所があります。

この記事の続きを見る


懐かしい風貌のこの可愛いトラムが移動レストランに変身します。行き先掲示板にも「TRAMJAZZ」になってます。テンションが上がりますね。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ローマ 
数年間からスタートしたトラムジャズ。ローマの街を運行する路面電車に乗って、ジャズを聞きながらディナーを楽しむ、新しいアトラクション・イベントです。イタリアでは各メディアに取り上げられ話題沸騰しました。ローマ市民の足であるトラムの車両を改造して、内部はレストラン、そしてジャズの生演奏付きというのだから、聞いているだけでもワクワクします。今回トラムジャズに招待され参加してきましたが、最高に楽しい夜でした。ムードたっぷりでロマンチックな忘れがたいローマ滞在になるでしょう。

この記事の続きを見る


初期キリスト教徒墓地の土台。右手ピンクの建物がレストラン、左上に大聖堂が見える
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ハンガリー/ペーチ 
2010年欧州文化都市に選ばれたペーチは夏の間多くの観光客をひきつけた。秋になって町は少し静けさを取り戻し、本来の落ち着いた文化都市としての魅力を発揮している。旧市街の北西部に4世紀の古代ローマ時代初期キリスト教徒墓所が集中しているため、秋になっても大聖堂周辺の人影は絶えない。世界遺産に登録された「ソピアネの初期キリスト教墓地」は大聖堂周辺に4か所あるが、予約なしで見学できるのは大聖堂広場の地下にあるCella Septichora Visitor Center (ツェラ・セプティコラ・ビジターセンター)と聖イシュトヴァーン広場のEarly Christian Mausoleum (初期キリスト教徒墓地)である。

この記事の続きを見る


町は温かい光のイルミネーションで彩られ、お店のショーウィンドウはジャズにちなんだ飾り付けになります。町をのんびり散策するだけでうきうきしてきます
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/フィレンツェ ローマ 
僕の住むオルヴィエートという町は、中部イタリア、ウンブリア州にある小さな中世の町。町が断崖絶壁の上にあり「世界一美しい丘上都市」といわれたり、ゴシック建築の最高峰といわれるドゥオモがあったりと、観光客、特にヨーロッパの人たちに人気の町です。そんな可愛らしく、のどかな人口2万人の町が、年に一度だけ驚くべき人で溢れ返ります。それがウンブリア・ジャズ・フェスティバルです。

この記事の続きを見る


「ローマ 生演奏」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

「サイート・ハリム・パシャ・ヤルス」のテラスからボスポラス海峡を眺める。思わず、このまま真っ青な海に飛び込んでしまいたい衝動に駆られる。
  • テーマ:
  • ハネムーン
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/イスタンブール 
今回ご紹介するのは、イスタンブールを南北に縦断するボスポラス海峡に面した、穴場スポット「Sait Halim Pasa Yalisiサイート・ハリム・パシャ・ヤルス」です。『ヤル』とはトルコ語で、海沿いに作られたお屋敷・邸宅のことを指します。なるほどボスポラス海峡沿いを歩けばあちこちでこの『ヤル』を見かけますが、海に張り出したテラスの真下に、ボートが収納できる船専用スペースが必ずあるのも大きな特徴です。かつてここに住んだ上流階級の家人たちは、夏になるとここからボートでボスポラス海峡に漕ぎ出して、魚釣りをしたり泳いだりしていたのでしょう。自宅の真ん前がそのまま海なんですから、これほど贅沢な家の作りもないでしょう。

この記事の続きを見る


町の中心のポポロ広場の特設ステージでは、ビッグバンドが盛大にジャズを演奏します。その熱気と迫力は実際に見た人しか分からないでしょう。石畳が大音量にビリビリと震えます。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/オルヴィエート 
ウンブリア州の西に位置するオルヴィエートは人口2万人の小さな町。白ワインとイノシシのサラミが名産の中世の町は、毎年12月28日になると世界中から人が集まってきます。そう、年末から年始にかけての5日間はヨーロッパ最大級の「ウンブリア・ジャズ・フェスティバル」が開催されるのです。中部イタリアの寒い冬も忘れるほど、町全体がジャズで熱く盛り上がります。正月休みにイタリアに訪れる方には、ぜひ一度その熱気を体験して欲しいです。

この記事の続きを見る


ブラスバンドが広場で生演奏!もちろん誰でも自由に見ることができます。パフォーマンスも派手でもうみんな目が釘付け。観客も乗りが良くて演奏者との一体感が生まれます。これぞジャズ!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/オルヴィエート 
オルヴィエートに住んで6年、中世の街並みは500年以上経た今も変わらずに美しく、静かでゆったりとしたリズムがとても心地良いです。ローマやミラノの喧噪とは無縁で、ゴトゴト揺れるケーブルカーで丘の上にたどり着けば、美しい田園風景が安らぎを与えてくれます。そんなオルヴィエートの「穏やかな日々」も年に1度だけは姿を消し、代わりにエネルギッシュな管楽器の音色で包まれます。そう、それが待ちに待ったウンブリア・ジャズ・フェスティバルです。

この記事の続きを見る


JAZZを聞きながら、バルセロナのポートをクルーズ。サンセットも楽しめます!
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
バルセロナは現在ではスペインでも第二の都市、ローマ時代より地中海貿易の拠点として栄えてきました。現在でも地中海の数ある都市のなかでも港湾都市として重要な役割を果たしています。そこで是非バルセロナ滞在中にお勧めしたいのが、海から眺めたバルセロナ。バルセロナの姿を地中海から、潮風にふかれながら眺めてるは素敵な思い出となることでしょう! バルセロナのポートでは様々なクルーズが用意されています。

この記事の続きを見る


「ローマ レストラン」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

クアハウス正面より。街の6割以上が緑というヴィ―スバーデンは、富裕層の住む街としても人気
  • テーマ:
  • リゾート
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ヴィスバーデン 
タウヌス丘陵とライン川にはさまれた緑の多い温暖な街ヴィースバーデンは、古代ローマ時代から温泉地として知られており、保養と飲泉文化の地として栄えてきました。カイザー・フリードリッヒ温泉やアウカムタール温泉で有名なこの街は、19世紀から20世紀初頭にかけて王侯や貴族たちが夏の避暑地として好んで長期滞在したことから、当時をしのばす優雅でセレブな雰囲気が街のあちこちに息づいています。ドイツの空の玄関として知られる街フランクフルトの南西に位置し、空港から電車に乗れば40分ほどで到着します。近代的な建物の州政府官庁や連邦政府機関の本拠、また歴史ある州立劇場や美術館の数々があり、フランクフルトがこの地域の経済の中心地であるのに対し、ヴィースバーデンは文化と歴史の中心地というところでしょうか。なかでも街のシンボルは、皇帝ウィルヘルム2世の庇護のもとで1907年完成のクアハウス(保養センター)です。街を南北に走るヴィルヘルム通りの東にあり、広大な緑の敷地に恵まれた保養客の社交場として賑わうクアハウスを探訪しました。

この記事の続きを見る


レストランやショップがある通りに建つ記念柱
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ハプスブルク帝国の都として栄えたウィーン。旧市街には王宮やシュテファン教会などの見どころのほか、世界の高級ブランドも並ぶショッピングストリートもあり、いつも観光客でにぎわっています。そんな華やかな通りに、彫刻で装飾された一本の柱が建っています。ただ写真に収めてその場を通り過ぎる人もいますが、この柱はいつ、いったい何のために建てられのでしようか? 今回はその「三位一体塔柱(ペスト記念柱)」を紹介しましょう。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。ローマ 生演奏 レストランに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介