page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「七彩山 中国」の見どころ情報

七彩山 中国に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「七彩山 中国」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


縞模様が一番、くっきり見えるのは雨が上がった日の夕方だそう
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • アジア/中国/張掖(チャンイエ) 
中国版グランドキャニオンのような「丹霞地貌(タンシャーティーマオ)」は、人気上昇中の観光地です。貴州省の赤水、福建省の泰寧、広東省の丹霞山など主に中国南部に集まっており、2010年には世界遺産になっています。丹霞山は、広東省の省都、広州から高速鉄道に乗って、簡単に行くことができます。ここの入場料は150元。赤い山肌ときのこのような形をした岩がそびえたつ大地は、日本では見られない風景ではあるのですが、風景区内のクルーズは別料金でさらに1600円(80元)かかってしまいます。とはいえ入場料は節約できません・・・。

この記事の続きを見る


「中国」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

新疆のナッツ屋さんで干しぶどうや干しなつめも売られている。干しぶどうは、かなり味に差がある。味見オッケーなので、味を見てから買おう!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/ウルムチ 
干しぶどうと言えば、普通は濃い紫色を思い浮かべます。でも、中国の新疆ウイグル自治区に一回でも行くと、干しぶとうと言えば、緑色しか浮かばなくなってしまいます。新疆ウイグル自治区は、ぶどうの産地。ここから中国全土に流通する干しぶどうのほとんどが淡い緑色です。先日、日本の輸入食品店に行くと、ラクダのイラスト付きの袋に入った「グリーンレーズン」が売られていました。表面の油がなく、甘すぎず、ちょっと酸っぱくて懐かしい中国のシルクロードの味がしました。新疆ウイグル自治区は、中国の一番西に位置しています。陝西省西安から始まり、ローマまで続くシルクロードの途中ですが、中国内で一番シルクロードらしいところです。

この記事の続きを見る


90年代の南翔饅頭店。この頃から階によって、値段が分かれていた。1階は安く、2階以上が高くなる。写真は1階と思われる
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
昨日の晩ごはんは、水餃子とキャベツの中国酢炒め。新型コロナ流行による自粛生活にメリハリをつけたくて、中華にしてみました。ぷくっとふくらんだ水餃子を黒酢のタレで食べていると、無性に小籠包子が食べたくなってきました。冷凍水餃子のように近所のスーパーで買えないからかもしれません。私が初めて小籠包子を食べたのは、1986年頃。初めての海外旅行の上海です。有名な「南翔饅頭店」で人生初の小籠包子!れんげの上にのせた小籠包子をほんの少しだけかじります。生地の穴かられんげにあふれ出た、こってりスープをすすってから、小籠包子をしょうが入りのお酢につけて食べました。こんなに美味しいものが中国にあったなんてと感動! それから中国、台湾、香港で見つけると食べるようになりました。

この記事の続きを見る


「(北京)健康宝」は、ウイチャットを利用している人なら、すぐに登録できる
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
2020年5月頃から北京在住の友人のウイチャットのモーメントを毎日、チェックしています。「私が行く頃は、どうなっているのかしら?」という気持ちになってきました。ウイチャットは、多くの中国人が利用している中国版ラインのようなもの。そのモーメント上には、多くの友人がその日の出来事をアップしています。そのモーメントには、連日のように「健康宝」という単語が登場しています。現在、北京では、オフィスビルやショッピングモールに入る時、必ず入り口で消毒があり、「健康宝」のチェックがあります。

この記事の続きを見る


バンコクの私の朝ごはん。やや大きめのパートンコーとタイコーヒーで20バーツ(約66円)
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
20年近く、毎年8月中旬にタイに通っています。新型コロナウイルスはまだ、収束していませんが、今年の夏も私はいつもの屋台でパートンコーとタイコーヒーを楽しめると信じています。その屋台に、私は初めてバンコクを訪れた1993年から通っています。気がつけば屋台の息子さんは大学を卒業し、社会人になっていました。タイコーヒーとは、布フィルターで煮だしたコーヒーのことで、練乳を入れて飲みます。濃くてこってり甘いのが特徴です。「パートンコー」は揚げパン。通りを行き交う人を眺めながら、パートンコー2個とタイコーヒーの朝ごはんを食べると、私のバンコクの1日が始まります。

この記事の続きを見る


インパクト大のアルバニア国旗
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/アルバニア/ティラナ 
アルバニアは、東ヨーロッパのバルカン半島南西部に位置する国。面積は、日本の四国の約1.5倍ほどです。長いことオスマン帝国の支配下にありましたが、1912年に独立を宣言。第二次世界大戦後は社会主義の道を歩み始めたものの、当時のソ連や中国との関係が悪化していき、事実上の鎖国状態になってしまいます。90年代に入って民主制に移行。しかしその後、国内でネズミ講が大流行し、経済破綻に追い込まれます。そんな歴史を知ると、海外旅行の行き先としては心配になるかもしれません。国旗は、赤地に黒い双頭の鷲のデザイン。とてもカッコいいけれど、見慣れないので近寄りがたいような印象があるかも?

この記事の続きを見る


熱干麺は肉の塊などが入っていない簡単な麺だが、中国ではこんな麺に美味しいものが多い
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/武漢(ウーハン) 
「馬子禄牛肉麺」が東京神保町にオープンしたのは、2017年。牛肉麺は、中国西北部に位置する甘粛省蘭州の名物麺です。そのため蘭州拉麺とも呼ばれています。すっきりした牛骨スープで食べるラーメンにはまる日本人も多く、馬子禄以外にも牛肉麺を食べられるお店が増えてきました。日本で食べられる中国各地の麺と言えば、四川省成都の担担麺、陝西省西安のサオ子麺、北京のジャー醤麺、山西省一帯の刀削麺など、メジャーな都市のものがほとんどでした。蘭州のような中国人ですら行ったことがある人が少ないマイナーな都市の名物麺が日本で食べられるようになったなんて、ちょっと感動ものです。2020年5月、新聞を読んでいると「熱干面」の3文字が目に飛び込んできました。

この記事の続きを見る


1992年頃のカオサン通り。現在よりも小さなゲストハウスや旅行代理店が多かった
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
毎年8月にタイに行くようになって、気が付けば、もう20年。私のはじめてのタイは、1993年にタイ航空でドイツに行った帰り、バンコクでストップオーバーした時です。今も東南アジア一と言われる安宿街のカオサン通りは、当時はもっとにぎわっていました。カオサン通りは、ゲストハウス、カフェ、両替屋、旅行代理店など、旅行者が必要なものが全てそろっている通りです。欧米人が多すぎて、ここはタイではないというような雰囲気。この時、一番驚いたのは、欧米人がむちゃくちゃたくさんはがきを書くことです。カオサン通りの土産物屋では、入り口の一番目立つ場所にポストカード売り場がありました。ちなみ当時、日本にはがきを出す場合、1枚7バーツ(当時のレートで約38.5円)でした。現在は12〜15バーツ(約40〜50円)です。

この記事の続きを見る


スナック、バナナ、ミネラルウォーターがすべてサービスでうれしかった(ホテルシティスター、インド デリー)
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
海外旅行初心者の方にとって、心配なことはなんでしょうか? 個人ブログやガイドブックに書かれた注意事項や失敗談をいくら読んでも、実際に行ってみなければ実感しづらいですね。私も毎年6回ずつは海外に行っていますが、毎回何かしら失敗します。今回は海外の「ホテル」、その中でも「客室」で生じそうな疑問やトラブルについて、ガイドブックに載りそうもない小さなアドバイスを。覚えておけば、役立つこともあるかも?

この記事の続きを見る


90年代の駅の窓口。切符は、駅の規模によって割り当てられており、人気が高いスリーパーは始発駅以外では買うのがムスカ氏買った
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
新型コロナウイルスの流行で海外旅行に出られないので、以前、使ったガイドブックを眺めていました。交通や通信事情、ホテルの予約の有無など、何もかもが異なる時代のガイドブックは、まさに読み物! 「こんなに不便なのによく旅ができたなあ」と驚いてしまいました。私が見ていたのは、91〜92年の中国のガイドブックです。約30年前の中国と言えば、高速鉄道がなかった時代です。思い出すと、いつも並んでいた記憶があります。鉄道もバスも切符をゲットするために、時には1時間以上も窓口に並んでいました。ネット予約ができるようになった今でも外国人旅行者は、並ぶ必要がありますが、並んでいる時間は短縮されました。中国人だけが使える自販機ができたので、切符を買うのは、本当に楽になったのです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。七彩山 中国に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介