page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「上海 ロケ地 映画」の見どころ情報

上海 ロケ地 映画に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「上海 ロケ地 映画」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ジュオ州影視城は、ジュオ州駅から4路上り行きバスに乗って行く
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
中国映画が、日本で公開されないと寂しくなるような中国映画好きです。社会問題に切り込んでいく賈樟柯(ジャ・ジャンク―)監督が撮るような地味な作品も好きですが、大作映画が大好き。大作映画と言えば、日本でも知名度が高い張芸謀(チャン・イーモウ)や陳凱歌(チェン・カイグー)監督の時代劇です。中国の時代劇って、キャスト、セット、衣装、アクションの全てがド派手! スケールの違いを感じます。ストーリーは、つっこみどころ満載ですが、そこはさておき、ド派手な世界を楽しむのが正解だと思っています。この大作時代劇を撮影するのは「影視城(インシーチェン)」と呼ばれる巨大な映画村です。

この記事の続きを見る


90年の浦江飯店。当時は、ネット予約はもちろん電話予約もできませんでした
  • テーマ:
  • 安宿
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
学生時代や若い頃に行った海外自由旅行で泊まったお宿って、いつまでもはっきり覚えていませんか? 時々、「あそこは今、どうなっているのかなあ」なんて思いだすことがあります。90年代前半は、船で中国に行く人が少なくなかった時代です。鑑真号で上海に行く人は、フェリーターミナルにも近い「浦江飯店(プージャンファンティエン)」に泊まっていました。浦江飯店は、90年代に中国に行ったことがある人なら、特別な思い入れがあるホテルです。租界時代に今では考えられないようなの表示があったことで知られる外白渡橋の北側にあり、上海の顔というべき外灘にも近い超一等地にあるのが浦江飯店です。

この記事の続きを見る


中国映画、ドラマのロケ地村、安徽省の古鎮巡り
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • アジア/中国/黄山(ホアンシャン) 
旅の目的がドラマや映画のロケ地訪問という人がいます。そこまで気合が入っていなくても、行った場所のそばに見たことがある映画のロケ地があれば、ついでに行きたくなる人もいます。映画やドラマのロケ地なった場所は風光明媚な場所が多く、私はついで派ですが、行ってよかったと思うことがほとんどです。上海から高速列車で約2.5時間ほどの安徽省は美しい古鎮が多いことで知られています。明清代の古民家が残る古鎮は黄山に近い(イ)県と歙(キュウ)県に集まっています。

この記事の続きを見る


映画『非情城市』の舞台、九ふんで夜景とお茶でまったり過ごす
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
台湾の東北部、瑞芳風景区に位置する九ふんは、かつて金鉱として栄えた鉱山、金瓜石に隣り合い、日本統治時代の面影を残す古びた街並と、海岸線まで迫る山並みが美しい人気のスポットです。台北市街地から路線バスや鉄道でのアクセスも大変便利で、日帰り旅行でぜひ訪れたい台湾屈指の観光スポットです。

この記事の続きを見る


高層ビルの間には、映画に出てくるような町並みが今も残っている。
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
2010年アメリカ・中国の合作映画として製作された映画『シャンハイ』は、この夏日本で公開されました。日本軍情報部タナカ大佐役で渡辺謙、謎の女・スミコ役で菊地凛子と日本からも豪華なキャストが出演している今大注目の映画です。この映画は1941年日本の占領下にあった上海が舞台で、米国諜報員コナー殺害事件の真相を親友諜報員ポール・ソームズ(ジョン・キューザック)が追い、その中で様々な事に遭遇するという内容です。スクリーンに出てくる上海は、時代背景を感じるレトロなものですが、その風景は今も上海のあちこちで見ることができます。

この記事の続きを見る


思い描く中国の風景とはちょっと違う、異国の雰囲気が上海の魅力。沢山の撮影に使われたのも納得できる。
  • テーマ:
  • テレビのあの場所
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
いよいよ上海万博ですね!こちらは万博にあわせて街の様子も一新しましたが、そんな時代の流れを、ずっと昔から見守り続けている古い建築物が数多く存在します。そのほとんどが歴史的に大変価値のある物ばかりで、地元の人々のみならず、ここを訪れる人たちを魅了し続けています。この上海の象徴と言える歴史的建物は現在でもホテルやギャラリー、最新のショッピングエリアやBARなど、人々の生活の一部として大事に使われていますが、実はその美しさから、沢山のドラマや映画などの撮影にも使われてるんです。今回は日本で放映されたドラマ・映画に登場し、万博会場からも近い歴史的建物をご紹介します。

この記事の続きを見る


国内外の様々な映画やドラマなどで使われる外灘の景色。『ミッション:インポッシブル3』でも大迫力の夜景を世界に発信しました。
  • テーマ:
  • 映画のあの場所
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
トム・クルーズ主演の大人気映画『ミッション:インポッシブル』(Mission:Impossible)。ストーリーだけではなく、スタントや爆破シーンなどの見どころも満載で、すごい迫力にとにかく驚かされてしまいますよね。そんな話題の映画ですが、2006年に公開されたシリーズ第三作目『ミッション:インポッシブル3』では、ロケ地として上海や西塘という水郷も登場しました。トムが飛ぶ!トムが走る!そんな上海浦東のビル群の中で、最も有名で、勿論映画にも登場したあの場所をご紹介します!

この記事の続きを見る


「上海 映画」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

デザインは北欧、生産は中国のリーズナブルな雑貨がずらりの「NOME」
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
洗練されたデザインの雑貨や家具を好む若い人がどんどん増えている中国。そのような層を対象にしたショップも増えています。例えば北欧デザインショップの代表、「IKEA」、中国には10年以上前に進出し、北京、上海、広州など都市部を中心に展開。北京には大型店が2軒あり、常に大人気で週末などは大混雑することで知られ、今年はネットショップも始まっています。また北欧、デンマークの新興ブランド「HAY」も東京よりも先に北京に旬出、ショップをスタートさせています。そんななか、最近は、北欧デザイナーと契約、デザインは北欧、生産は中国で、というブランド「NOME」も急速に店舗を増やしています。価格が安めで、小さな製品が多いので、おみやげにもなりそうです。

この記事の続きを見る


2005年の浦江飯店。上海クラシックホテルを代表するホテルだっただけに惜しい
  • テーマ:
  • 安宿
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
つい最近、上海の浦江飯店(プージャンファンディアン)が、2017年12月31日をもって、閉店していたことを知りました。いつか、また泊まりに行きたいと思っていただけに、思わず呆然。初めての海外旅行で行った国、初めての自由旅行で泊ったホテルって、思い入れが全然違います。浦江飯店は、私の初海外自由旅行で泊ったホテルです。80年代の終わり、卒業旅行で中国に行きました。入り口は上海です。当時、バックパッカーが集まる上海の安宿と言えば、浦江飯店でした。中国大陸だけでなく、ここからヨーロッパを目指す人もいて、浦江飯店は「これから始まる」というワクワク感が満ちあふれているお宿でした。

この記事の続きを見る


導入されたB787型機、ドリームライナー
  • テーマ:
  • エアライン・空港
成田〜シカゴを結ぶアメリカン航空が2015年8月19日から、新ビジネスクラスを搭載したボーイング787-8型機(通称ドリームライナー)をシカゴ線に導入。B787-8型機の導入は北米や北京、上海といった中国路線などに続き世界で5番目、アジアでは3番目の登場。これにあわせ運航スケジュールも週5便だったところをデイリーに変更。より、スムースに日本とアメリカを結ぶほか、乗り継ぎにより北米および中南米へのアクセスを快適にする。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。上海 ロケ地 映画に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介