page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「上海 雑貨 おしゃれ」の見どころ情報

上海 雑貨 おしゃれに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「上海 雑貨 おしゃれ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


昔からある柄ですが、人気が出たので、永楽市場や迪化街では扱っているお店が増えています
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
ド派手でかわいい! 布地を買って帰って、自分で何か作るのがいいか? それともここでクッションカバーにしてもらうほうが楽か? 一瞬、考えてしまいました。この布地は、台湾では、客家と呼ばれる人たちの伝統的な柄だと言われており、静かに流行っています。中華圏には、昔からある柄なので、「どうして今頃?」という感じがしますが、日本人にも人気があります。ビビットな赤や青などの布地に牡丹の花模様が全体に散らばり、いかにも中国チック! ちょっと古くさい感じも日本人には、おしゃれに映っているみたいです。

この記事の続きを見る


一度は食べたい、カレーの定食「ターリー」
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
GWも終わってしまいましたね。みなさん、あとは夏休みまで大型連休が取れない方が多いのではないでしょうか。土日に前後1日有休をつけて、週末に3連休が取れる方、近場の韓国や台湾、上海なんかはもう既に行ったことがあるのでは? そんなあなたに、ちょっと足を延ばして、インドへの週末弾丸旅行はいかがでしょうか。リッチなホテルにステイし、美味しいインド料理を食べて、人気のショッピングモールでショッピングざんまい。アーユルベーダのトリートメントを受けられるデイスパも増えています。

この記事の続きを見る


おしゃれな土産が見つかるかも?大好き、海外のドラックストア アジア編
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
海外旅行へ行くと、毎回頭を悩ますのが同僚や友達への土産。スーツケースの中でかさばらず、軽いものがいいな、と思っても探すのに時間がかかって観光どころではなくなります。私はいつも、最終日に配り土産を探しに、チェーンのドラックストアへ駆け込みます。海外のドラックストアでも一般医薬品はもちろんですが、日常食料品や化粧品類も置いてあるのは日本と同じです。もちろん、ばらまき土産のためだけでなく、自分用の買い物も忘れません。

この記事の続きを見る


幾何学的な模様の施された建物の外観からは、中を窺い知る事は難しい。
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
上海の街を見まわして、目に飛び込むのはレンガ造りの建物です。初めて来た方はその数にきっと驚かれるでしょう。観光地の外灘だけではなく、人々が生活を営んでいる建築物も、博物館になりそうなものばかりです。建物の多くが租界区があった当時建てられたもので、諸外国の様式を色濃く残しています。その中でも特に異彩を放つ建物があります。それは、観光地から少し離れた場所で、自分から調べなければ絶対に足を運ばないような場所です。というのもその建物以外は住宅があるだけだからです。今回は知る人ぞ知る1933老場坊をご紹介します。

この記事の続きを見る


北京っ子が弱いのは行列?それとも有名?
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
北京の南鑼鼓巷と言えば、胡同と呼ばれる四合院造りの伝統家屋が並ぶ、路地におしゃれなカフェや雑貨屋さんが集まったところです。北京五輪以降、国内外の観光客を集めるようになりました。週末になると南鑼鼓巷の北京風牛乳プリン、チュロス、臭豆腐屋の前には買い求める観光客の列ができるようになりました。こんな南鑼鼓巷のすぐ北側に、南鑼鼓巷のどの店よりも長い長い行列ができる、あか抜けない店があります。並んでいるのは地元の人たちで、その列はしかも毎日なのです。

この記事の続きを見る


カフェテラスではビックリするほどデカいジョッキで乾杯する人々の姿も。ちなみに最近新しくできたところではフランスの老舗パン屋「PAUL」。行列できてます!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
上海の街中に突如現れる欧州風のオシャレな一角、それが旧フランス租界の街並みを再現した「新天地」です。1920〜30年代に建てられた「石庫門」と呼ばれる上海独特の建築物を利用しており、一見懐かしい雰囲気を漂わせつつも、実は最先端のファッション・ブランドのお店やレストランが立ち並んでいることから、「上海の流行発信地」とも呼ばれているエリア。観光地であるため観光客が多いのは勿論ですが、それ以外にも現地に住む欧米人に特に人気で、オープンカフェは欧米人の姿で溢れ、どこの国にいるのか一瞬分からなくなるほど!

この記事の続きを見る


店内にあるひときわ大きな熊の人形。チャイナ生地で作られると可愛さもひとしお!
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
今日紹介する雑貨屋さんは、2003年にオープンした在住者の中で口コミで伝えられている穴場的な存在のお店です。「シノワズリ」とはフランス語で「中国趣味」という意味ですが、今は一般的に西洋と東洋が上品に融合した中国雑貨やインテリアなどをさす言葉として使われています。こちらのお店はまさにシノワな物ばかり。店内には素敵な小物やアクセサリー、服などが所狭しと並んでいます。おしゃれで刺激的な商品を前にして、特に女性の方は思わず「可愛い♪」と言ってしまうはず!

この記事の続きを見る


「上海 雑貨」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

表面がカリカリの生煎饅頭。酢醤油で食べても美味しい。多くの上海名物が少なくなっているが、生煎饅頭はお店の数が多く見つけやすい
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
上海に行ったら、朝は「生煎饅頭(ションジエンマントウ)」と決めています。表面をカリッと焼いた小麦粉生地をかじると、中から熱々の肉汁がジュワー。この脂っこくて、ちょっと甘い味付けの肉汁が上海の味。生煎饅頭の朝ごはんを食べると、上海に来た実感がわいてくるのです。生煎饅頭は東京のアメ横では、焼き小龍包と呼ばれ、日本でもすっかりおなじみになりました。本場上海では、「小楊生煎饅頭館」のような人気チェーン店で食べても良し、路地裏の小さな食堂で食べても良し。1人前は、2両(100グラム)4個と少量です。朝ごはんにおやつにと、気軽に食べられます。本場の味に目覚めたら、何度も食べて欲しい上海名物です。

この記事の続きを見る


デザインは北欧、生産は中国のリーズナブルな雑貨がずらりの「NOME」
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
洗練されたデザインの雑貨や家具を好む若い人がどんどん増えている中国。そのような層を対象にしたショップも増えています。例えば北欧デザインショップの代表、「IKEA」、中国には10年以上前に進出し、北京、上海、広州など都市部を中心に展開。北京には大型店が2軒あり、常に大人気で週末などは大混雑することで知られ、今年はネットショップも始まっています。また北欧、デンマークの新興ブランド「HAY」も東京よりも先に北京に旬出、ショップをスタートさせています。そんななか、最近は、北欧デザイナーと契約、デザインは北欧、生産は中国で、というブランド「NOME」も急速に店舗を増やしています。価格が安めで、小さな製品が多いので、おみやげにもなりそうです。

この記事の続きを見る


飲茶点心の「榴蓮酥」。広州では人気飲茶点心のひとつ
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
「悦食」という食をテーマにした中国の雑誌があります。写真をふんだんに使い、イラストもかわいく、レイアウトもおしゃれ! とにかく写真を眺めているだけでも楽しい雑誌です。どういうわけか北京の書店でしか見かけないので、北京に行くと、新刊を買うようにしています。「悦食」の18号は、朝ごはん特集でした。日本人も大好きな飲茶は、中国南部の広州の朝ごはんです。飲茶の部分でこんな文章を見つけました。人気飲茶点心のひとつである「榴蓮酥(リュウリェンスー)」について書かれた文章です。「ドリアンを好む人は多いが、それと同じぐらい苦手な人も多い。ただ、ドリアンの皮をむき、榴蓮酥にしてしまうと、(あまりの美味しさに)ほとんどの人が拒絶はできない」。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。上海 雑貨 おしゃれに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介