page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「世界 植物園」の見どころ情報

世界 植物園に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「世界 植物園」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果61

1 2 3 4 5 末尾 次へ


そのツアーはタンクスアートセンターから始まります
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
植物園のすぐ隣には、タンクスアートセンターがあります。タンクスアートセンターではワークショップや演劇やアートの展示など常に何かのアート行事が開催されています。歴史ツアーはタンクスアートセンターの入り口から始まります。TANKSと大きく描かれたゲートのその文字もタンクスにあった部品をローカルのアーチストがアート作品にしたもの。ゲート周りにもメタリックなオブジェがたくさん木陰に潜んでいます♪

この記事の続きを見る


6月は、アジサイやヒマワリが並びます
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
食のマーケット、食と服飾雑貨のマーケットなど、ロンドンはマーケットめぐりも楽しい町ですが、美しい花々が道路沿いで売られるコロンビア・ロード・フラワーマーケットも、とても有名でしょう。毎週日曜日、天候の良し悪しにかかわらず、コロンビア通りの一区間に、季節を感じさせる色とりどりの切り花や植木がぎっしりと並べられます。ものすごく長い区間ではないですが、華やかな花、工夫したディスプレイ、元気な売り子、そして花を買っている人たちを見ながら歩くと、意外に距離があるなと感じます。ここには、昔、コロンビア・マーケットという名の大きな屋内市場がありました。その後、市場は幕を閉じて工場として使われたりして、第二次世界大戦後に建物は取り壊されました。このフラワーマーケットは、家に小さい庭を持つこの界隈の人たちのために催されるようになったといいます。1970年代に廃れそうになったのが、地元の人たちの努力で盛り返していまに至っています。輸入品もありますが、ロンドン郊外で育てた花を売る人もいます。

この記事の続きを見る


歴史あるCentral
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/オタワ 
元々は1886年に始められたカナダの農業研究と開発の為の場所、Central Experimental Farmでしたが、そこから発展し一般の人も楽しめる場所として親しまれています。いくつもの施設がありますが、今回は無料で気軽に楽しめる2つの場所をピックアップしてみます。35ヘクタールの広さを誇る「Dominion Arboretum」と3,2ヘクタールの「Ornamental Gardens」は、日の出から日没まで毎日自由に楽しめる植物庭園で入場無料、毎年5月〜9月後半まで様々な植物や花を楽しむ事が出来ます。

この記事の続きを見る


サンミゲル島では地熱を利用した温泉やスパ、名物料理がある
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポルトガル/リスボン 
「世界遺産もある北大西洋の穴場、アソーレス諸島の旅」その2からの続きです。飛行機で次に私たちが渡ったのは、アソーレス諸島の中でももっとも大きなサンミゲル島です。面積は約760平方キロメートル。南北は狭いところで8km、広いところで15kmですが、東西は90kmもあり、“かりんとう”のような細長い形をしています。人口は約14万人でアソーレス諸島の人口の半分強を占めます。町は海沿いにいくつかありますが、最大の町は人口7万人のポンタ・デルガダ。国際空港もあり、夏のシーズン中には欧州だけでなく北米からも多くの観光客がやってきます。

この記事の続きを見る


6月はバラ園は色とりどりのバラと香りが漂う
  • テーマ:
  • 遺跡
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フランス/パリ 
まずはパリ5区のオーステルリッツ駅すぐそばにあるJardin des Plantes(パリ植物園)から。なんと開園は1633年です。目の前には色彩豊かな花壇が広がり、両脇にはプラタナスの木々が続きます。並木沿いのベンチは、読書、昼寝、友達とおしゃべり、お昼時はランチする人々で埋まっていきます。広い敷地内には、良質の企画展を開催する博物館、植物学校、研究室、温室、小さな動物園(1794年開園)、ラビリンス(迷路)などがあり、年間を通じて訪れる人の絶えない場所です。あらゆる植物や樹木を目にすることができますが、とても立派な日本のシロタエ桜が入って中央右あたりにありますので、ぜひあいさつしていきましょう。

この記事の続きを見る


1、これが湖畔?!シカゴ最大級の公園から望む、圧巻の摩天楼!
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/シカゴ 
まずご紹介するのは、シカゴを訪れたら是非訪れて頂きたい場所「リンカーンパーク(Lincoln Park)」です。このシカゴ最大の大きさを誇る公共公園のトレイルからは、眺めの良い海…ではなく、海のように広く終わりの見えない湖「ミシガン湖(Lake Michigan)」を傍らに散歩を楽しむことができます。

この記事の続きを見る


待ちに待った再オープン!テンパレート・ハウス
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
世界中の希少植物や絶滅危惧種もそのコレクションに含む温室「テンパレート・ハウス」が、2013年から始まった5年弱にもわたる大修復工事の末、2018年5月に再オープンしました。この大工事には、400名ものスタッフ・作業員が携わったとのこと。以前は老朽化が目立ったこのビクトリア様式のグラスハウスですが、建物パーツの修復や交換、塗装の塗替えを経て現在の美しい姿へと生まれ変わりました。建物の中はどんな様子なのでしょうか?さっそく覗いてみましょう。

この記事の続きを見る


数多くの庭園と温室を誇るモントリオール植物園
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/モントリオール 
1976年に開催されたモントリオールオリンピックの跡地には様々な施設が建設されました。スポーツ施設やコンサート会場などとして使われていたり、スタジアムのタワーはモントリオールを見渡せる展望スポットです。その中の施設の1つがここ、モントリオール植物園。世界的に見てもかなり大規模な植物園で、敷地内には数多くの野外庭園、温室などがあり世界中の植物を楽しむ事が出来ます。

この記事の続きを見る


大迫力のナイアガラの滝
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/ナイアガラ(カナダ) 
「ナイアガラの滝」は実はカナダ、ナイアガラフォールズ市にある幅675mのカナダ滝、幅330mのアメリカ滝、そしてその横にある幅15mのブライダルベール滝の3つを合わせた呼び方で、世界三大瀑布の1つとして知られています。カナダとアメリカの国境にあるので両国側からその絶景を楽しむ事が出来るのですが、迫力ある姿をより楽しめるのはカナダ側から。そして一年のうちで一番水量が増すのは雪解け時期の春から初夏にかけてです。そして夏は観光のピークで様々なイベントも開催されます。秋には紅葉、冬には凍った姿が見られるなど季節ごとの魅力もあり、年間を通して世界中から観光客が訪れる人気スポットです。

この記事の続きを見る


正面から眺めるパークホテル・シェーンブルン
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
650年近く続いたハプスブルク家の拠点だったウィーン。市内にはあちらこちらにハプスブルク家ゆかりの宮殿や離宮、館が点在している。音楽の町として知られるウィーンには超一流の歌劇場やコンサートホールがある。見どころの多いウィーンであるが、観光客が必ず訪れるであろうスポットが王宮ホーフブルクとシェーンブルン宮殿。どちらも歴代オーストリア大公や皇帝の居城だった。ホーフブルクは旧市街のど真ん中にあり、皇帝の居室だったカイザーアパートメントやハプスブルク家のコレクションが展示されている宝物殿、銀食器博物館などがある。一方、シェーンブルン宮殿は市の南西郊外にある夏の離宮。広大な庭園に囲まれ、園内には動物園や植物園もあり、散策するに最適だ。ウィーンを訪れるなら最低でも2泊はして観光したい。

この記事の続きを見る


1 2 3 4 5 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。世界 植物園に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介