page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「世界 苗字」の見どころ情報

世界 苗字に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「世界 苗字」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


モンタネールが改築したマンション、カサ・レェオ・イ・モレラが公開!(前編)
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/バルセロナ 
バルセロナのモデルニスモ建築が並ぶ、グラシア通り。その一つに、1階がスペイン高級皮革ブランドのロエベの店が入っているため、多くの人が訪れる建物があります。この建物の改築を20世紀の初めに請け負ったのが、リュイス・ドメネク・イ・モンタネールです。世界遺産に登録されているあのカタルーニャ音楽堂や、サン・パウ病院をデザインした建築家です。この建物は個人所有のため一般公開されていませんでしたが、遂にそのベールを脱いで2014年に一般公開が始まりました。

この記事の続きを見る


世界の人々の名前はどうなっている?苗字を持たない国民や民族も多い
  • テーマ:
  • 観光地・名所
海外を旅していると、現地で知り合った人の名前を聞いて驚くことがあります。苗字がなくて名前だけの人々がいたり、苗字と名前の間にも、なんだかよく分からないミドルネームを持つ人がいたり、なんと複数の姓をもつ人々がいたり。また、名前が異様に長い人もいます。モーツァルトやピカソの洗礼名やダライ・ラマの本名など、こうなるともう何がなんだか分からなくなってしまいます。あれこれ調べていると、名前に関する考察だけで本が何冊も書けそうな気になってくるほど。今回は名前の中でも、とくに苗字を持たない人々について考えてみることにします。

この記事の続きを見る


突き出し看板でレストランと一目で判る
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ハンガリー/ショプロン 
ブダペストへ行ったことはあるけれど、ほかのハンガリーの町は知らない、という人が多いのでは。オーストリアとの国境の町ショプロンならウィーンから僅か1時間少々で、ブダペストから行くより近い。日帰りも可能なのでウィーンへ行った時に是非訪れてみよう。もし、それが初めてのハンガリー旅行なら、きっと一度でハンガリー好きになってしまうであろう。ゆったりと流れる時間、のんびりした人々の対応、爽やかな空気の流れ。そして旅人を虜にするのは美味しいハンガリー料理と豊富なワインだ。ウィーンの西駅からブダペストへ向かう急行はショプロンを通らない。ショプロンへはウィーンのマイドリング駅から乗る。

この記事の続きを見る


四柱推命鑑定の後、手彫りで彫り上げていく巧みの技は大統領をはじめ官僚たちからも厚い信頼を受けています。個人印から会社印、オリジナルの印まで世界でひとつだけの自分だけの印鑑がオーダー可能です
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/韓国/ソウル 
日本では役所、銀行、各種書類に印鑑は大事な信用、確認ツールですが、韓国ではほとんどの場合がサインで済ませられることが多くちょっとびっくりです。かといって、全く印鑑を必要としないこともありません。韓国人は公式的にふたつの名前の表記を持っています。ひとつはハングルで書く名前、もうひとつは漢字で書く名前です。このふたつは提出するものや場所によって使い分けられていて、会社登録や人生の節目を決めるものには漢字で名前を書き、それらには当然、印鑑が必要になる場合が多くあります。

この記事の続きを見る


モーグルのワールドカップでは200メートル以上のコブのあるコースを2回のアクロバティックなジャンプを交えて猛スピードで滑走する。エキサイティングなシーンの連続!
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ストックホルム エステルスンド 
標高差のある山が少ないスウェーデンで、頂上から約6キロのダウンヒルが楽しめるのがオーレスキー場。エステルスンドから西へ100kmほどにあるオーレは、過去にアルペン界の選手権大会やフリースタイルのモーグルワールドカップを開催したこともある本格的スキー場だ。隣接する周辺スキー場をあわせると約40基のリフトに100コースほどを網羅。そのため、初心者からオフピステ好みのバックカントリーやジャンプやレールのテクを磨きたいというパークの好きなタイプなど、スキーの可能性に幅広く対応しているのが特徴だ。

この記事の続きを見る


森林、水辺などダーラナ地方独特の自然を縫うようにして、90kmのコースが延びている
  • テーマ:
  • スキー・スノーボード
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スウェーデン/ストックホルム ダーラナ 
ノルディックの世界ではスウェーデン国内はもちろん、国際的にも一目置かれている市民スキーマラソンの大御所、“Vasaloppet(バーサロペット)”。大会名は、1523年、デンマークを駆逐した功績でスウェーデンの国王になったGustav E. Vasa(グスタブ・E・バーサ)の苗字にちなんで命名された。その言われは、というと…1520年、デンマーク王に追撃されたバーサが北方への逃走中、ムーラのあるダーラナ地方を通過した。ムーラ村人に、「デンマークを相手にともに戦ってほしい」と協力を求めたところ、彼らは即答を避けた。が、追っ手はそこまで迫っており、バーサは村の判断を待つ間もなくムーラからノルウェーを目指してスキーで出発。その後、「戦う」と決心したムーラ村民は、意向を伝えるためふたりのクロスカントリースキーの達人を伝令として派遣したという。そして、彼らがバーサに追いついたのが、ムーラから約90km地点、今スタート地点になっているSalen(サーレン)で、この史実に基づいて、コースのスタートとゴールが設定されたという。

この記事の続きを見る


「世界」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

ノイアー・マルクトで開かれる盛大なクリスマスマーケット
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ベルリン 
中世でハンザ同盟の町として栄えたロストック。バルト海に面した港町では西にヴィスマールが、東にシュトラールズントがある。その丁度中間にあるロストックは、ハンザの荷を積んだコッゲ船が停泊するのに好条件の港町だった。海賊の被害に悩まされていた時代、ロストックは川のように長い入り江の奥にあったため、船に荷を積んだまま安心して夜を明かすことができたからだ。毎年8月にハンザ時代を彷彿させる帆船祭が開かれ、この時は世界中から帆船が集まる。ロストックはこのハンゼ・セイル・ロストックHanse Sail Rostockで知られているが、冬場のクリスマスマーケットも見逃すことができない。市庁舎前広場いっぱいに屋台が並び、移動遊園地も開かれる。大人も子供も楽しめるロストックのクリスマスマーケットなのだ。

この記事の続きを見る


マルクト広場のクリスマスマーケット風景
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/リューベック 
北ドイツの美しい古都リューベックは、文豪トーマス・マンの故郷であり、彼の代表作『トニオ・クレーゲル』や『ブッデンブローク家の人々』の舞台となった町だ。北ドイツ特有のレンガ造りの家並が続き、教会や公共の建物も堂々としたレンガ建築が目立つ。中世ではハンザ同盟の盟主として栄え、その恩恵は市民の福祉生活に今でも還元されている。マルクト広場の市庁舎は4階建てのように見えるが実は2階建て。壁だけが高く積み上げられており、バルト海から吹き付ける強い風を逃がすため大きな丸い穴が空いている。リューベック最大のクリスマスマーケットはこの市庁舎前広場で開催される。市庁舎隣のマリア教会中庭では中世の衣装を着た人々による歴史的なクリスマス市が開かれており、この他に屋内で開かれる特別なマーケットもある。

この記事の続きを見る


1階フードコート「FOOD
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/マルタ/ヴァレッタ 
マルタ共和国の首都バレッタに、2018年1月、「ls-Suq Tal-Belt」がオープンしました。外観もシックですが、一歩中に入ると、その雰囲気が濃くなります。スペインのマドリードにあるサン・ミゲル市場や、バルセロナのボケリア市場の雰囲気を取り入れたともいわれるフードコートは、遺跡が多いマルタにあった落ち着いたムードが漂います。茶色を基調として、クリーム色の凝った支柱が目を引くホールには、和洋中のフードコーナーが並んでいます。バレッタはレストランが豊富で困ることはないですが、このフードコートなら、友人や家族でそれぞれが食べたいものを選べますし、待ち時間が短めなので便利です。地中海料理、中東料理、アジア料理(寿司、パッタイ(タイの焼きそば)、インドネシアカレーなど)、ハンバーガー―、サラダバー、マルタの焼き菓子など、選ぶのに困るほどです。筆者は滞在中、数度ここで食事しました。

この記事の続きを見る


https://www.realmadrid.com/ja/santiago-bernabeu-stadium
  • テーマ:
  • 家族で海外旅行
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/マドリード 
サッカーファンでなくても「レアルマドリード(Real Madrid)」というサッカーチームの名前を聞いたことはあるでしょう。世界最強のチームのひとつのレアルマドリードの本拠地であるエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウはサッカーファンにとっては聖地のような場所。ヨーロッパチャンピオンズリーグもここで開催されます。収容8万人以上の巨大なスタジアムで応援するのは大迫力!チケット購入方法はスタジアムのオフィシャルウェブサイトからできます。スタジアムへの行き方はメトロのSantiago Bernabeauで下車、駅を出ると目の前に巨大なスタジアムが現れ圧倒されます。試合の日にはスタジオのまわりにオフィシャルショップが並び、グッズを購入できます。広いので席を探すのも一苦労。余裕をもって試合の始まる1時間前くらいには到着しておくといいでしょう。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。世界 苗字に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介