page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「世界の珍しい世界遺産」の見どころ情報

世界の珍しい世界遺産に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「世界の珍」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


病院が博物館にもなっている、世界の珍名所
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イギリス/ロンドン 
世界には、博物館として公開されている病院があることをご存知ですか。そう聞くとかなり奇妙な感じがするのですが、実際に訪れても何だか不思議な珍名所ともよべるものでした。日常とは異なる医療の世界に関わる展示は面白いですが、そんな単純な展示ばかりではありません。病院ではいったい何が展示されているのでしょう。みなさんは、想像つきますか。

この記事の続きを見る


「世界の」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

2段ベッドが置かれたドミトリー
  • テーマ:
  • 安宿
「ホステル」という言葉、元は「ユースホステル」からきています。ユースホステルは20世紀初頭、ドイツで始まり世界に広がった青少年向けの宿泊施設。各国にユースホステル協会があり、そこに加盟した施設をユースホステルと呼びます。現在では協会に加盟せずに、ユースホステルと同じような形態で営業する施設が増え、それらをホステルと呼ぶようになりました。ちなみにユース(若者)という言葉から若い人限定というイメージがありますが、ユースホステル、ホステルともに年齢制限はなく、誰でも泊まれます。ここでは一般的なホステルについてご紹介しますね。

この記事の続きを見る


サメは意外と泳ぐのが速くて、撮るのが大変!
  • テーマ:
  • 動物
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/セントーサ島(シンガポール) 
レジャー施設がひしめくセントーサ島で、何をして遊びましょうか?年中暑いシンガポールでは、屋内施設は体を休める意味でも助かりますね。「シー・アクアリウム(S.E.A.Aquarium)」なら、涼しい屋内で世界中の海の中を見ることができますよ。海に囲まれたセントーサ島ですが、海の遊びはあまり発達していません。しかしここで海の生き物を観察してみるのもいいものです。見学を終えて外に出れば、「世界の海はつながっている」という当たり前のことを、シンガポール南端の海を前にして感じることでしょう。

この記事の続きを見る


もらうとうれしい、アメニティセット
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ロシア/モスクワ 
リーズナブルな価格に惹かれて、初めて乗ってみたアエロフロート・ロシア航空。ここでは機内の様子をレポートしたいと思います。搭乗してまず目に入ったのは、ブルーとオレンジが基調のおしゃれな内装。キャビンアテンダントの制服もオレンジ色で、洗練されたデザインです。乗った瞬間からなんだかヨーロッパ気分になりました。離陸してしばらくすると、アメニティが配られました。ビニールのパッケージには「アテネ」「プラハ」など世界の都市名とイラストが描かれていて旅情を誘います。中身はスリッパ、アイマスク、耳栓、ハンドクリーム。アイマスクは文字をよく見ると、「起こさないで」「食事のとき起こして」のリバーシブルで面白い!化粧室には歯みがきセットがありました。

この記事の続きを見る


LCCが発着する成田空港のターミナル3
  • テーマ:
  • エアライン・空港
日系航空会社にLCC(Low Cost Carrier=格安航空会社)が飛びはじめたのは2012年、それから7年が経ち、近隣国へはLCC利用が当たり前になった。日本〜韓国間を例にすると、大手航空会社が5社運航に対し、LCCは8社が飛んでいる。LCCは座席が狭い、手荷物有料、座席指定も有料だが、それらを考えてもLCCのほうが安くつく。韓国、台湾、香港くらいなら、少ない手荷物で、カジュアルに飛ぶのがここのところの傾向といっていいだろう。バンコク、クアラルンプールなど東南アジア方面でも、直行便の範囲ではLCCの安さは際立っているといっていいだろう。 しかし、この考えをすべてに当てはめてはいけない。先日成田からカンボジアへ飛んだ。航空券検索サイトではもっとも安かったのがクアラルンプール1泊乗り継ぎのLCCであったが、ホテル代、到着が2日目になることなどを考えるといいスケジュールとは言い難い。そして僅差で2番目に安かったのがベトナム航空のホーチミン乗り継ぎで、こちらは1時間半ほどのスムーズな乗り継ぎ、機内食、荷物も無料でコスパ的にはこちらが得であった。直行便のない都市へはLCCと大手航空会社の条件をよく比較したほうがよい。

この記事の続きを見る


ペトロナスタワーよりも高さは低いが、KLタワーはブキナナスの丘に建てられているのでクアラルンプールを見下ろすベストポイントの一つとなっている。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
クアラルンプールのランドマークとして、また観光スポットとして名高いのがペトロナス・ツイン・タワー(Pertonas Twin Towers)。そしてもう一つがクアラルンプール・タワー(Kuala Lumpur Tower/Menara Kuala Lumpur)。ブキナナスの丘の上に建っているため、高さだけでいうとツインタワーよりも高い場所に位置することになります。通称はKLタワーと呼ばれています。高さ421mの世界第7位の通信塔で、300m付近に一般入場ができる展望台があり、クアラルンプール市内屈指の観光スポットとしても人気。展望台に登るチケットは2種類で、オブサーベーション・デッキ(Observation Deck)は高さ276mの屋内展望台のみ入場可能、スカイ・デッキ(Sky Deck)は高さ300mのオープンエアの展望台と同じフロアにあるガラスの展望台(Sky Box)スカイボックスとオブサーベーション・デッキ両方に入場できます。

この記事の続きを見る


様々な世界の空港ランキングで何度も1位を受賞したことのあるシンガポール・チャンギ空港
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
シンガポールのチャンギ国際空港は、世界各国の航空会社が乗り入れるアジアでも屈指のハブ空港。清潔で快適、設備も充実しており、世界的な空港ランキングで何度も受賞している空港です。ショップやレストランが充実しているのはもちろんのこと、サクサク繋がるWIFIに、いたるところにあるマルチ充電用コンセント、ゆったり座れるソファ席の多さ、各所に設置された無料の足マッサージ機や、無料映画館、キッズプレイパークなどなど、「ここまで無料で提供してくれる空港は他にないのでは?」と思わせるほどです。

この記事の続きを見る


ゆっくりここで読書でもしたくなるラウンジ。
  • テーマ:
  • 安宿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
今年の秋から冬、北欧デザインの旅や冬のオーロラ鑑賞など、ヘルシンキを拠点にした旅を考えている方もいらっしゃるでしょう。プランを組むときに頭を悩ますのが北欧の物価の高さ、とくにホテル代です。そこで、リーズナブルに泊まれて、なおかつオシャレ、北欧らしい気分を味わえるとっておきのユースホステルをご紹介します。「ヘルシンキ・ユーロホステル」は、とくに夏と冬のラップランドの旅の際、日本人女子がよく利用するという超穴場のユースホステルです。場所は町の東側、フェリー乗り場からほど近い住宅街に位置し、中心街へも歩いて15分ほどで行ける、立地も最高なのです。

この記事の続きを見る


ホテル正面玄関にて。スター滞在中は、ファンが殺到し、通りを一時通行止めにすることもあるとか。
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/デュッセルドルフ 
200年以上の歴史を誇る「ブラィデンバッハーホフ ア カペラ ホテル」は、世界のスーパースターや富豪の選ぶ滞在場所として知る人ぞ知る極上の宿。世界各地を巡り最高級ホテルを知り尽くしているスターや富豪、そしてリピーターがこのホテルを選ぶ理由はいくつもあるようです。まず最高の立地です。この街には国際航空やコンサートホールもあり、大スターの移動しやすい場所にホテルがある点です。また最高級ショッピング街「ケー二ヒスアレ-(通称ケー)」はホテルの目の前、旧市街や美術館、ライン川プロムナードへも徒歩で行けるなど、街歩きや観光の拠点としてアクセスの良さもキーポイントです。次は、優雅でゆったりした空間の客室、客の求める要望を心得たさりげないサービスです。極上ホテルとはいえ、決して奢ることのない控えめなエレガンスが多くの客の心をつかんでいる雰囲気が伝わってきました。客層は、ポール・マッカートニーやピンク、スティングなど大スターをはじめ、避暑を兼ねて数週間滞在するアラブ諸国からの家族連れやハネムーンで滞在するカップル、ちょっと優雅な週末を過ごしたいという客やビジネスマンなど様々です。

この記事の続きを見る


世界で唯一の都会の中にある熱帯雨林のジャングルであり、マレーシア最古の森林保護区でもある
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
マレーシアの首都クアラルンプールの中心部ブキッ・ナナス(Bukit Nanas)の丘にあるKLフォレストエコパーク(KL Forest Eco Park)は1906年に国によって定められたマレーシア最古の森林保護区です。以前はブキッ・ナナス森林保護区と呼ばれていたエリアで、熱帯雨林の木々や植物が太古の昔からそのまま保全保護されている世界で唯一の都会の中にあるジャングルなのだそうです。かつては17.5ヘクタールもの広さがありましたが、1990年代の土地開発や丘の頂上ににそびえるKLタワー(KL Tower)の建設などで現在は約9ヘクタールにまで減少。それでも身近に本物のジャングルを体験できる貴重な場所として人気スポットとなっています。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。世界の珍しい世界遺産に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介