page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「中世 版画」の見どころ情報

中世 版画に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「中世 版画」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


(c)プランタン・モレトゥス印刷博物館所蔵「船の版画シリーズ」の1枚。アントワープで撮影。
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
今年没後450年を迎えたネーデルランド出身画家ピーテル・ブリューゲル1世。10月からブリュッセルのシャルル・ド・ロレーヌ宮で版画展「白黒のブリューゲルの世界展」が開かれます。『農民の婚宴』などの油絵で知られるブリューゲルですが、実は画家としてのキャリアは版画の下絵制作からスタートしました。今回の展覧会には全65点の版画作品のうち、王立図書館から17点が出展される予定です。ブリューゲルの作品を通じ、16世紀の版画づくりのノウハウや流通についても学べる貴重なもので、ブリューゲル記念イヤーのハイライトとなります。

この記事の続きを見る


ヴィクトル・ユーゴーが「世界でもっとも美しい広場」と賞賛したグランプラス。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ベルギー/ブリュッセル 
2019年はフランダース絵画の巨匠ピーテル・ブリューゲル没後450年記念の年です。そこで街中のブリューゲル関連スポットを巡る「お散歩ルート」を紹介します(ブリューゲルについては『2019年はブリューゲル没後450年(1)(2)』『ベルギー王立美術館(前・後編)』をご覧ください)。ブリュッセルに着いたら、まずはブリューゲルもよく足を運んだであろう世界遺産グランプラスへ。高い塔をもつ市庁舎を中心に、緻密な装飾を施した美しいギルドハウスが並んでいます。こちらは夕方から夜にかけてが断然綺麗! 夜23時頃まではライトアップされているので、日中の観光とは別に夕方から夜にかけてもぜひ行ってみてください。とくに夏の夜は心地よく、広場内のカフェはもちろん、石畳に直に座ってイルミネーションを楽しむ若者を多く見かけました。

この記事の続きを見る


ヴァルプルギスの夜は、魔女で有名なハルツ地方で過ごしたい
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/フランクフルト 
「ヴァルプルギスの夜」をご存じだろうか? ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの戯曲『ファウスト』や児童文学作家、オトフリート・プロイスラーの『小さい魔女』などに出てくるので、聞いたことがあるかもしれない。特に『小さい魔女』を子供の頃に読んだことがある人は、この夜がどんなものなのか、いつか訪ねてみたいと思ったに違いない。4月30日から5月1日にかけてブロッケン山ではハルツ地方の山々から箒に乗った魔女たちがやってきて宴会をするという言い伝えがある。ブロッケン山とは一体どんな山なのであろうか。おどろおどろしいゴツゴツした山を想像しがちだが、実際には平坦で標高1142mという低い山である。

この記事の続きを見る


銅版に彫られた、ミケランジェロ広場からのフィレンツェの風景
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/フィレンツェ 
あれはたぶん、小学校高学年の頃!? 工作の授業でやった木版画。絵や写真を見ながら、または空想のオリジナルを彫るわけですが、出来上がりを用紙に写すときには原物と左右反対になるわけですから、そこに問題がおきない画像を選びます。が、そこでもし、見たままではなく左右反対の鏡絵を彫れと言われたら…。描くのでさえ難しいでしょうが、それが風景画で版画ともなれば、難しいどころじゃない。しかし、それをやってのけちゃう人がいるのです。ご紹介するのは、フィレンツェ伝統工芸のひとつ、“銅版画”職人のジャンニ・ラッファエッリさん。各種工房の集まるアルノ川の南側、オルトラルノ地区にある「L’Ippogrifo(リッポグリフォ)」は、“エッチング”と呼ばれる500年の技法を守る町唯一の銅版画工房兼ショップです。

この記事の続きを見る


フィレンツェ伝統工芸が息づいている職人の街「オルトラルノ」地区
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/フィレンツェ 
ルネッサンスの都、フィレンツェは、絵画や彫刻などの華々しく栄えた芸術とは別に、それに勝るとも劣らない数々のすばらしい職人工芸も発展しました。金銀細工、銅版画、木工、陶器、そしていろいろな作品の修復etc…。それらには中世期から現在まで代々受け継がれてきたものもあれば、血筋は替われども常に維持されてきたもの、一時中断しながらも再興されたものなど様々です。そんなフィレンツェの職人工芸、すなわち昔ながらの製法に基づいた伝統工芸品は、大量生産ではない彼らの“手”から創造される貴重な芸術作品なのです。また最近では、編み物などの新たな職人文化も生まれたりしています。

この記事の続きを見る


「中世」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

凍りついた冬の運河も味わいがあります
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/コペンハーゲン 
北欧の冬というとどんなイメージをお持ちでしょうか?雪深い森と凍りつく湖や海を思い浮かべるかもしれませんが、北欧諸国の中で一番南に位置するデンマークの冬はそれほど寒くもありません。2月の平均気温は最高3度、最低−1度。雨は3〜6日に一度ほど降ります。雪が降ることも多くなりますが、だいたい翌日には溶けてしまうくらい。積もったとしても除雪車が走り回り、地面の凍結防止の塩が撒かれるため街を散策することもできます。さて、そんな寒い季節にも楽しいイベントがあるコペンハーゲン。今回は見て楽しいライトフェスティバルと、聴いて楽しいウィンタージャズフェスティバルをご紹介します!

この記事の続きを見る


ヴィシェフラドは、ヴルタヴァ川のほとりにそびえる丘の上
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
中世が残る街並みが人気のチェコの首都プラハ。たいていの観光客は、ヴルタヴァ川のほとりにある旧市街とプラハ城を観光して2日ほどで町を後にしますが、もしもう1日プラハに滞在できるなら、町の南側にあるヴィシェフラドの丘で半日ほど過ごしてみるのもいいでしょう。クラシック音楽ファンなら、スメタナ作曲の交響詩『わが祖国』の第一楽章のタイトル「ヴィシェフラド」でその名を知っているかもしれません。「ヴィシェフラド」とはチェコ語で「高い城」という意味。その名のように、ヴルタヴァ川のほとりにそびえるこの丘の上に、かつては城が築かれていました。

この記事の続きを見る


ネパールといえば、ヒマラヤが有名ですが、ヒマラヤ以外の見どころもたくさんある
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
インドと中国の間に細長く存在する国ネパール 。わずか北海道の1.8倍の国土しか持たない小さな国ですが、ヒマラヤをはじめとする豊かな自然、多民族国家ゆえの豊かな文化、数多くの世界遺産や宗教的聖地を有する観光資源に恵まれた国です。さらに2020年は、200万人の観光客を呼ぶ一大観光キャンペーン「Visit Nepal 2020」を実施。ネパールといえば、エベレストを有するヒマラヤのある国として有名で、年間、多くの登山家やトレッカーが訪れますが、登山家やトレッカー以外の顧客層を生み出すために、ヒマラヤ以外の魅力も打ち出しています。

この記事の続きを見る


旧王宮のヴラジスラフ・ホールは天井装飾が面白い
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
チェコの首都プラハの西の丘の上にそびえるプラハ城は、観光客が必ずと言っていいほど訪れるプラハの人気スポットです。プラハ城の見学チケットにはいくつか種類がありますが、一般的なのが「コースB」です。このチケットで入場できるのは、聖ヴィート大聖堂と聖イジー教会、旧王宮、黄金小路、ダリボルカの5か所。全部見て回ると2時間程度かかります。世界遺産の2つの教会については、それぞれ別記事で紹介しているので、今回は残りの3か所について解説しましょう。

この記事の続きを見る


聖イジー教会のファサードは、後から改築されたためバロック様式に
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
チェコの首都プラハの観光の目玉であるプラハ城。旧市街広場やカレル橋と並ぶ観光客でにぎわう人気エリアで、その歴史やチケットの買い方、アクセスについては別記事でも書いてきました。プラハ城には世界遺産「プラハ歴史地区」の物件として登録されている、聖ヴィート大聖堂と聖イジー教会の2つの建物があります。聖ヴィート大聖堂については、すでに「プラハ城にある世界遺産の教会、聖ヴィート大聖堂」という記事で書いたので、今回はもう一つの世界遺産である「聖イジー教会」について紹介しましょう。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。中世 版画に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介