page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「中世 犯罪」の見どころ情報

中世 犯罪に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「中世 犯罪」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ルターシュタット・ヴィッテンベルクの中心地
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ローテンブルク 
2017年は宗教改革500周年なのだとか。そこで、ドイツが誇る宗教改革者マルティン・ルターが再認識されています。ロマンチック街道の有名な町、ローテンブルクでもルターのエキシビジョンが行われています。ロマンチック街道を旅行して、このエキシビジョンを見て「どうしてルターなのかしら」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。今年は、宗教改革500年だからなのですよ。なお、該当のエキシビジョンは2018年12月までやっているので、興味がある方は中世犯罪博物館へどうぞ。ちなみに、ここは他の展示物も中世の拷問道具があったりと面白いのでオススメです。今年は各地で他にもイベントがあるので、出かける前にドイツ観光局の特設ページをご覧くださいね。http://www.germany.travel/jp/specials/luther/luther.html

この記事の続きを見る


イエメンは日本の江戸時代? ナイフを腰に帯びた人が町なかを歩く、世界遺産の旧市街へ
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • アフリカ・他/イエメン/サナア 
「刃物を持って歩く」というと、昨今の事情からするとずいぶん物騒な印象を受けますが、江戸時代には日本でも武士なら刀を下げて歩くのは当たり前でした。そうだからといって、刀による殺傷事件が日常茶飯だったわけではありません。有名な「忠臣蔵」のように武士でも大義名分がなく刀を抜いて人に斬りつければ重罪になった訳で、「武器を持つこと=犯罪率アップ」ではありません。むしろ世界的に見れば、当時の江戸はかなり治安がいいほうだったようです。

この記事の続きを見る


中世の町の様子を再現。犯罪博物館というと怖いだけのイメージがあるが、発想の違いに関心したり、笑ってしまうようなものが多く、楽しめる
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ローテンブルク 
犯罪博物館と聞くと何か特別な博物館と思ってしまうが、ここは中世社会が解りやすく展示解説されている、ヨーロッパ文化史的な博物館である。そもそも法律というものは、人々が集団生活をするにあたって必要な決まりごとである。決まりごとは今日では国民全体に平等に課せられるが、中世では身分によって決まりごとが異なっていた。貴族と農民は異なった法のもとで生活をしていた。事実上のドイツ国であった神聖ローマ帝国時代、帝国の領土は300以上の領主国から成り立っていた。帝国には王侯貴族、教会領主が治める宗教的王侯領、そして自由都市という三種類の政治形態に分けられ、それぞれに異なった法律があった。中世から近世にかけての大学では独自の決まりごとを作り、それに違反した者は学生牢に入れられた。こうして世の中の秩序が保たれていたのである。

この記事の続きを見る


現在唯一のローテンブルク夜警ジョージさん。とても気さくで一緒に写真を撮ってくれる
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ローテンブルク 
城壁に囲まれた町に夜がやってきて市民が寝静まった頃、1人の男が現れます。彼は20:00から翌朝05:00までランタンとホルンと槍を手に、町中を歩いて警護するのです。市民達は、この夜警が町の安全を守ってくれていることで安心して眠ることができます。彼が手にしているホルンは、毎時0分を告げる塔の鐘が鳴り響く時に町中に響き渡るよう吹かれ、また、危険を知らせる警笛の役割も果たしていたそうです。ローテンブルクには、かつて6人の夜警がいました。中世の時代、夜の町と市民の安全は彼らによって守られていたのです。

この記事の続きを見る


パン屋が規定よりも小さいパンを売って罰として入れられた籠と奥の方に見えるのは絞首刑台で写真を撮る少年
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ローテンブルク 
ローテンブルクの旧市街は城壁にすっかり囲まれ、あちこちに塔や門があります。その中にはガルゲン門(Galgentor)「絞首台門」という名の門もあります。表面的にはとてもかわいらしい町並みのローテンブルクも、町を守るために城壁をつくらなければならなかった時代、町の中に罪人を公開処刑する場所があった時代があったという事実を思い知らせてくれる場所があります。それが中世犯罪博物館です。博物館の入口には中に手と首を入れて記念撮影できる絞首刑用の台がありますので、是非記念に1枚撮ってみてはいかがでしょう。

この記事の続きを見る


「中世」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

マルクト広場のクリスマスマーケット風景
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/リューベック 
北ドイツの美しい古都リューベックは、文豪トーマス・マンの故郷であり、彼の代表作『トニオ・クレーゲル』や『ブッデンブローク家の人々』の舞台となった町だ。北ドイツ特有のレンガ造りの家並が続き、教会や公共の建物も堂々としたレンガ建築が目立つ。中世ではハンザ同盟の盟主として栄え、その恩恵は市民の福祉生活に今でも還元されている。マルクト広場の市庁舎は4階建てのように見えるが実は2階建て。壁だけが高く積み上げられており、バルト海から吹き付ける強い風を逃がすため大きな丸い穴が空いている。リューベック最大のクリスマスマーケットはこの市庁舎前広場で開催される。市庁舎隣のマリア教会中庭では中世の衣装を着た人々による歴史的なクリスマス市が開かれており、この他に屋内で開かれる特別なマーケットもある。

この記事の続きを見る


カールス広場でスケートリンクを囲みながらライトアップされた古城を満喫する人で大賑わい
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ハイデルベルク 
ドイツでもひときわ人気の高い古城や国内最古の大学、ゲーテをはじめ多くの文豪や哲学者に親しまれた古都ハイデルベルクは、季節を問わず訪問客を魅了します。これから始まるクリスマスマーケットは古城が見守る旧市街の本通りを中心に繰り広げられ、この通りに6つのマ-ケットが設置されます。時間の限られた来客にとって、これほどうれしいことはありません。本通りを散策するだけで、すべてのクリスマスマーケットを楽しむことが出来るからです。しかも頭上にはハイデルベルク古城も時々顔を見せ、中世の街並みはロマンチックそのものです。本通りに設置された140の屋台からはクリスマスならではのホットワインやソーセージ、グリル肉やワッフルなどのたまらない香りが漂ってきます。地元産のはちみつやフルーツリキュール、キャンドルやクリスマスオーナメントなどを販売する色鮮やかな屋台は、ついつい立ち寄りたくなってしまうほど。お土産やクリスマスプレゼントを買いあさるのも楽しみです。もちろん見るだけでも心が躍るに違いありません。ここでは大学広場、マルクト広場、カールス広場のクリスマスマーケットを紹介しましょう。

この記事の続きを見る


宝物館で1番目の部屋に展示されている王冠、王笏、宝珠
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンを旅行する人々が必ずと言っていいほど訪れる観光ポイントはホーフブルク。歴代ハプスブルク家当主の住居カイザーアパートメントや食器博物館、礼拝堂、宝物館、スペイン馬術学校、図書館などが翼でつながっている場所だ。大公や皇帝が住んでいたカイザーアパートメント(皇帝の住居)は必見で、銀食器博物館と共通チケットで見学できる。もう一つ、是非訪れて頂きたいのが礼拝堂の隣にある宝物館だ。宝物館は礼拝堂の左隣の建物で、スイス門をくぐった中庭に入口がある。名前の通り、宝石類や王冠などハプスブルク家の遺産が豊富に展示されており、ここを訪れるとハプスブルクの繁栄を知ることができる。館内に入って最初に目にするのがあの、オーストリア皇帝の冠と王笏、そして宝珠だ。

この記事の続きを見る


ドーム(左)と聖ゼヴェリ教会(右)の前で大観覧車が回る
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/エルフルト 
アドヴェントとはクリスマスを迎える準備をする期間で、12月24日がある週の日曜日から遡って4週間前から始まる。中世では年の市と重なって人々はクリスマス市で新しい日用品や衣服を買い求めていた。ドイツではこの時期、どこの町でも中心広場でクリスマスマーケットが開かれている。中部ドイツのエアフルトでは毎年大規模なマーケットが開催され、その美しさがドイツで一番に選ばれた年もある。キリストの誕生を祝う厳かな祭りというよりは、子供も一緒に家族が楽しめる楽しいお祭りという感じだ。町の中心、ドーム広場には大きな観覧車やスピーディーな乗り物など移動遊園地がやって来る。マーケットはドーム広場が最も賑やかだが、町のあちらこちらでエアフルトならではの美しい光景を楽しむことができる。

この記事の続きを見る


ナームニェスティー・ミールで開かれているクリスマスマーケット
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
旧市街広場やヴァーツラフ広場では、かなり以前から大規模なクリスマスマーケットが繰り広げられていた。プラハは一年中いつでも大勢の観光客が押し寄せる街。春から秋にかけてはカレル橋の上など、自分のペースでは歩けないほどの人混みだ。極寒の真冬でもその勢いが止まらない。クリスマスシーズンともなれば、冬のプラハは一層輝きを増してますます観光客が多くなる。旧市街広場には旧市庁舎の仕掛け時計やヤン・フスの銅像があり、祭りのシーズンでなくても多くの人が集まる所。もちろん、ここで開かれるクリスマスマーケットはプラハ最大の規模で、賑やかさは他の場所とは比べ物にならない。でも、もし2晩以上プラハで過ごすなら、次の日には他の場所へも訪れてみよう。プラハ城のマーケットも良いが、電車に乗ってヴィノフラディへ。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。中世 犯罪に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介