page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「中世 髪型」の見どころ情報

中世 髪型に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「中世 髪型」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


中世の民族衣装を着て参加するお祭り
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スペイン/ビック 
スペインで中世へタイムスリップしてみませんか。中世の建築物を現在まで当時のまま残っている街が、スペインにはいくつもあります。それらの街では毎年、「中世祭り(フィエスタ・デ・メディアバル)」が行われています。そのうちの一つ、バルセロナの郊外にある町ビックVICのお祭りを紹介しようと思います。このお祭りは、毎年12月上旬の週末に行われます。その期間、町は中世一色に装飾され、人々は中世の衣装に着替えて祭りを楽しみます。もちろん多くの観光客が訪れ、町が盛り上がりをみせます。

この記事の続きを見る


「中世」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

凍りついた冬の運河も味わいがあります
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/コペンハーゲン 
北欧の冬というとどんなイメージをお持ちでしょうか?雪深い森と凍りつく湖や海を思い浮かべるかもしれませんが、北欧諸国の中で一番南に位置するデンマークの冬はそれほど寒くもありません。2月の平均気温は最高3度、最低−1度。雨は3〜6日に一度ほど降ります。雪が降ることも多くなりますが、だいたい翌日には溶けてしまうくらい。積もったとしても除雪車が走り回り、地面の凍結防止の塩が撒かれるため街を散策することもできます。さて、そんな寒い季節にも楽しいイベントがあるコペンハーゲン。今回は見て楽しいライトフェスティバルと、聴いて楽しいウィンタージャズフェスティバルをご紹介します!

この記事の続きを見る


ヴィシェフラドは、ヴルタヴァ川のほとりにそびえる丘の上
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
中世が残る街並みが人気のチェコの首都プラハ。たいていの観光客は、ヴルタヴァ川のほとりにある旧市街とプラハ城を観光して2日ほどで町を後にしますが、もしもう1日プラハに滞在できるなら、町の南側にあるヴィシェフラドの丘で半日ほど過ごしてみるのもいいでしょう。クラシック音楽ファンなら、スメタナ作曲の交響詩『わが祖国』の第一楽章のタイトル「ヴィシェフラド」でその名を知っているかもしれません。「ヴィシェフラド」とはチェコ語で「高い城」という意味。その名のように、ヴルタヴァ川のほとりにそびえるこの丘の上に、かつては城が築かれていました。

この記事の続きを見る


ネパールといえば、ヒマラヤが有名ですが、ヒマラヤ以外の見どころもたくさんある
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
インドと中国の間に細長く存在する国ネパール 。わずか北海道の1.8倍の国土しか持たない小さな国ですが、ヒマラヤをはじめとする豊かな自然、多民族国家ゆえの豊かな文化、数多くの世界遺産や宗教的聖地を有する観光資源に恵まれた国です。さらに2020年は、200万人の観光客を呼ぶ一大観光キャンペーン「Visit Nepal 2020」を実施。ネパールといえば、エベレストを有するヒマラヤのある国として有名で、年間、多くの登山家やトレッカーが訪れますが、登山家やトレッカー以外の顧客層を生み出すために、ヒマラヤ以外の魅力も打ち出しています。

この記事の続きを見る


旧王宮のヴラジスラフ・ホールは天井装飾が面白い
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
チェコの首都プラハの西の丘の上にそびえるプラハ城は、観光客が必ずと言っていいほど訪れるプラハの人気スポットです。プラハ城の見学チケットにはいくつか種類がありますが、一般的なのが「コースB」です。このチケットで入場できるのは、聖ヴィート大聖堂と聖イジー教会、旧王宮、黄金小路、ダリボルカの5か所。全部見て回ると2時間程度かかります。世界遺産の2つの教会については、それぞれ別記事で紹介しているので、今回は残りの3か所について解説しましょう。

この記事の続きを見る


聖イジー教会のファサードは、後から改築されたためバロック様式に
  • テーマ:
  • 城・宮殿
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
チェコの首都プラハの観光の目玉であるプラハ城。旧市街広場やカレル橋と並ぶ観光客でにぎわう人気エリアで、その歴史やチケットの買い方、アクセスについては別記事でも書いてきました。プラハ城には世界遺産「プラハ歴史地区」の物件として登録されている、聖ヴィート大聖堂と聖イジー教会の2つの建物があります。聖ヴィート大聖堂については、すでに「プラハ城にある世界遺産の教会、聖ヴィート大聖堂」という記事で書いたので、今回はもう一つの世界遺産である「聖イジー教会」について紹介しましょう。

この記事の続きを見る


プラハ城内にある聖ヴィート大聖堂の内部
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/チェコ/プラハ 
中世の面影を残す、人気の観光都市のチェコの首都プラハ。なかでもツアーでは必ず寄ると言っていいのが、旧市街の対岸の小高い丘上にあるプラハ城です。建物の多くは14世紀のカレル4世時代に建てられたものですが、現在も国の施設として使われている部分もあります。このプラハ城内にある聖ヴィート大聖堂と聖イジー聖堂は、世界遺産「プラハ歴史地区」の一部として登録されています。今回はそのプラハ城の中心といってもいい、聖ヴィート大聖堂を紹介します。

この記事の続きを見る


旧市街の中央広場に建つ聖マリア大聖堂
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/クラクフ 
ポーランド第2の都市クラクフにある旧市街には、中世ヨーロッパでは最大級だったという中央広場があります。その真ん中に建つ、14世紀創建という長さ100mの織物会館については、別記事「クラクフ旧市街の中央広場・織物会館とクラクフ地下博物館」に書いたので、今回はこの広場の北東側に建つ、聖マリア大聖堂を紹介します。

この記事の続きを見る


クラクフ旧市街の中央広場にある織物会館
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/クラクフ 
ポーランド第2の都市クラクフ。その旧市街は世界遺産にも登録されている古い町ですが、今回取り上げるのはその旧市街の中心にある中央広場です。「中世ヨーロッパ最大の広場」とも呼ばれるように、約3.8ヘクタールの広さがある大きな広場ですが、中央に広場を分断するように細長い「織物会館」の建物があり、広場の向こう側が目隠しになって見えないので、それほど広くは感じないかもしれません。

この記事の続きを見る


シェーンラテルン通りの名前の由来となった外灯
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/オーストリア/ウィーン 
ウィーンほど街全体が美しい都市は珍しい。どこを歩いても風情があり、あちらこちらに観光スポットがある。旧市街の真ん中にシュテファンス広場があり、ウィーンのシンボル聖シュテファンス大聖堂が聳えている。かつて中心部を取り巻いていた市壁は19世紀後半に取り払われ、そこに幅の広い環状道路リングが建設された。リングを飾る建物として最初に建設されたのがオペラ座である。このオペラ座脇からシュテファンス広場までの歩行者専用ケルントナー通りが最も賑やかで観光客が多い。人の流れはそのままグラーベン、そしてコールマルクトへと続き、王宮前のミヒャエル広場まで途切れることがない。このコースが一般的な観光ルートだ。しかし、もう一か所、是非足を延ばして頂きたい場所がある。シュテファンス広場の北側にあるシェーンラテルン通りだ。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。中世 髪型に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介