page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「中世ヨーロッパ」の見どころ情報

中世ヨーロッパに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「中世ヨーロッパ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果28

1 2 3 末尾 次へ


クラクフ旧市街の中央広場にある織物会館
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ポーランド/クラクフ 
ポーランド第2の都市クラクフ。その旧市街は世界遺産にも登録されている古い町ですが、今回取り上げるのはその旧市街の中心にある中央広場です。「中世ヨーロッパ最大の広場」とも呼ばれるように、約3.8ヘクタールの広さがある大きな広場ですが、中央に広場を分断するように細長い「織物会館」の建物があり、広場の向こう側が目隠しになって見えないので、それほど広くは感じないかもしれません。

この記事の続きを見る


レオナルド・ダ・ヴィンチ作『最後の晩餐』
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/イタリア/ミラノ 
世界でもっとも有名な画家と、世界でもっとも有名な絵を問われれば、次の名を挙げる人が最も多いのではないでしょうか。“レオナルド・ダ・ヴィンチ”と、同画家の『最後の晩餐』。もともと大変評価されていたこの絵が、小説「ダ・ヴィンチ・コード」の出版とそれに続く映画の上映により、瞬く間に世界TOPの知名度を得ましたね。それが得てして我々には幸とはならず、お目にかかるのがますます困難に状況になってしまったものです。というのも、通常絵画は美術館と相場が決まっているものですが、この絵は教会付属の施設(元の食堂)にあり、人数を25人ずつに区切り15分だけ鑑賞できるというもの。世界中に鑑賞希望者がごまんといるというのに、これではチケットを取るのは宝くじに高額当選するようなものです。ですが皆さん、ようやくチャンスが巡ってきましたヨ!

この記事の続きを見る


川沿いにそびえ立つハイデルベルグ城
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/ハイデルベルク 
ケーニヒストゥールの丘の上には、ルネッサンス建築の傑作として名高いハイデルベルク城は街のシンボルです。ハイデルベルク観光のハイライトでもあり、ネッカー川にかかる橋の上から臨むハイデルベルク城は、絶景ポイントのひとつ!ハイデルベルグはゲーテなどの文化人とのゆかりもあり、美しい自然と壮大な建築が作り出す風景は多くの人々にインスピレーションを与えてきました。

この記事の続きを見る


紅河の旧市街の入り口にたつ「馬幇古城」
  • テーマ:
  • 安宿
  • 行き先:
  • アジア/中国/元陽 
中国西南部にある雲南省の中でも日本人に人気の元陽から、バスで約2時間の紅河にやってきました。紅河では、世界遺産に登録された元陽のハニ族の棚田と同じぐらいすばらしい棚田が見られます。でも、こちらはマイナー。中国のガイドブックを見ても、紅河の町の地図など載っていません。紅河にやってきたのは、「馬幇古城(マーバングーチョン)」と言う、一見中世ヨーロッパのようなお城を見るためと「馬幇客桟」に泊まるためです。馬幇とは、馬の背にお茶や塩などの商品を載せて運んだキャラバン隊のことです。紅河は、ラオス、ベトナム、ミャンマーまで荷物を運んで行った馬幇で知られています。キャラバン隊で儲けたお金で建てられたのが馬幇古城です。

この記事の続きを見る


夕方、馬幇古城に集まってきた紅河県城の住民たち
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/元陽 
海外旅行中国編2018/おすすめ! 中世ヨーロッパのようなお城がある紅河県に行こう(1)からの続きです。馬幇古城は、紅河県博物館になっています。と言っても、私が訪れた2018年6月末は、建物の上階は公開されておらず、(あったであろう)展示物は見られませんでした。ストンとまっすぐ建てられた馬幇古城には、小さな窓があります。玄関に近い場所には、馬幇古城らしく馬をつないでおくような場所があり、銃をかまえるための穴も目につきました。馬幇古城が建てられた第二次世界大戦末期は、匪賊が暴れまわった時期でもあり、お金持ちは枕を高くして寝られませんでした。馬幇古城も自衛のための対策が十分とられていたわけです。

この記事の続きを見る


紅河県旧市街の入り口にたつ「馬幇古城」
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/元陽 
高台にそびえたつ石造のお城のような建物の写真を見たとき、「これは、本当に中国の風景?」、「こんなところが中国にあるの?」とびっくりでした。その建物は、何百年もの歴史があるようには見えませんが、テーマパークでもない感じです。中国の建物にお城という表現は、どこかヨーロッパ風でふさわしくない気がします。でも、中国の豪商の邸宅とも紫禁城とも建築様式が全く違っているので、お城としか言いようがないのです。装飾がほとんどないまっすぐな建物なので要塞と言ってもいいかもしれません。2018年6月下旬に、この写真の場所に行って来ました。そこは雲南省南部の紅河県にある「馬幇古城(マーバングーチェン)」です。

この記事の続きを見る


写真で見るとそれほど大きく感じませんが、それは周囲に比較するものがないから!
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ラスベガス 
ラスベガスの見どころやホテルを紹介するシリーズ。今回はニュー・フォーコーナー南側にある「ルクソール」を紹介しましょう。このホテルの本館にあたる漆黒のピラミッド自体が、すでにラスベガスの名所といってもいい存在感を放っています。ホテルのオープンは1993年。すでにエクスカリバーはオープンしており、この年、MGMグランド、トレジャーアイランドなどもオープン。テーマホテルブームが時代のトレンドで、ラスベガスがファミリー層を取り込もうとしていた時期です。そしてそれを象徴するホテルとして、このルクソールが開業しました。

この記事の続きを見る


テーマホテルの先駆けとなった「エクスカリバー」は今はリーズナブルな価格の、ファミリー向けのお手頃ホテル
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ラスベガス 
ラスベガスの見どころやホテルを紹介するシリーズ。今回はニュー・フォーコーナー南側にある2つのホテル、「エクスカリバー」と「トロピカーナ」を紹介しましょう。まず「エクスカリバー」は、ニュー・フォーコーナー南側、ニューヨーク・ニューヨークの向かい、中世の(というよりおとぎ国の)城が目印です。今ではもっと派手できらびやかなホテルが周辺にあるので、なんとなく地味な印象さえあるエクスカリバーですが、1990年のオープン当時はテーマホテルの先駆けとなったこともあり、かなり注目を浴びた存在でした。また、約4000室という客室数も当時話題を呼びました。しかしそれも今では珍しくなくなり、大きな“売り”にはならなくなってきています。

この記事の続きを見る


ヴィフラ荘園内の領主の館
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/エストニア/タリン 
なぜエストニアのウォッカは美味しいのでしょう? その理由は、首都タリンから東へ車で約1時間半のところにある、ラヘマー国立公園内の「ヴィフラ荘園(ヴィフラ・マナー)」に行けばわかります。荘園(マナー)とは中世ヨーロッパで貴族が所有していた領土のことで、当時のバルト海東沿岸の荘園の領主はおもにバルト・ドイツ人でした。エストニアの荘園は、広大な土地を持つのが特徴で、森や草原の間を川が流れる中、水車や畑があります。領主の邸宅を中心に、農民が住む家屋や納屋が点在し、家畜が放牧されひとつの集落のようでした。そのうちのひとつで、800年以上の歴史があり、約50ヘクタール(東京ドーム約10個分)もの敷地をもつヴィフラ荘園は、現在サウナやスパ、プール、ゴルフ場などを併設する豪華なリゾートホテル「ヴィフラマナー・カントリークラブ&スパ」となっています。

この記事の続きを見る


14世紀に建てられたヴィル門は歴史地区の玄関口
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/エストニア/タリン 
「バルト三国ってどこ?」という方のために簡単な地理と歴史の説明から。東はロシア、西はポーランドに接し、北欧フィンランドの南のバルト海沿いに北からエストニア、ラトビア、リトアニアと小さな国が続きます。その地勢から様々な国の支配下に置かれましたが、1991年に旧ソ連から独立を回復しました。面積は3国合わせても日本の3分の1にも満たない小さな国々です。そんな国に私が初めて訪れたのは2016年12月、エストニアの首都タリン歴史地区(世界遺産)、夜のクリスマスマーケットでした。旧市街は城壁に囲まれており、13〜15世紀に建てられた建築が保存の良い状態で残っています。赤いとんがり屋根の塔をもつヴィル門を抜けて、市が開かれるラエコヤ広場へ。石畳を歩いて向かう数分の間ですが、目にするすべては古の中世ヨーロッパ! レストランの呼び込みスタッフも当時の衣装を身に纏っています。他のヨーロッパでは決して味わったことのない、得もいえぬタイムスリップ感を体感しました。

この記事の続きを見る


1 2 3 末尾 次へ


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。中世ヨーロッパに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介