page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「中国 砂絵博物館」の見どころ情報

中国 砂絵博物館に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「中国」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


こんなに台湾の人がケアンズにいたんだね〜
  • テーマ:
  • イベント
  • 行き先:
  • オセアニア/オーストラリア/ケアンズ 
中国系の方は、ケアンズでもたくさん見かけるけれど、台湾に限定したお祭りでこんなにたくさんいらっしゃるんだね〜と思いながらの参加です♪海岸通りエスプラネードにあるフォガティパークは、台湾祭り以外にもいろいろな民族の方のお祭りがあり、日本の盆踊り大会が毎年行われるのもこのフォガティパークです。

この記事の続きを見る


ボスポラス海峡側に面した中庭から眺めるモダンなコリン・ホテル・チャナッカレ
  • テーマ:
  • 憧れホテル
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/トルコ/チャナッカレ 
ダーダネル海峡の東側にあるチャナッカレはゲリボル半島やエーゲ海観光の拠点になっている。トロイ遺跡へ行くときの宿泊町として良く知られ、最も多く利用されている。チャナッカレからトロイ行きの乗り合いバスが出ているので、個人旅行者もここから日帰りで観光できる。個人旅行の場合は小ぢんまりとしたペンション的ホテルも良いが、ツアー客が泊る大型ホテルも設備が整っていて利用しやすい。そんな大型ホテルの中でお薦めしたいのが、港から5キロほど南の海沿いにあるコリン・ホテル・チャナッカレだ。2003年にオープンした比較的新しいホテルなので、高さは10階建ての中層、外観も内部も大変モダンだ。キャラバンサライを改装したようなホテルとは異なってトルコらしい風情はないが、便利さではこうした現代ホテルの方であろう。

この記事の続きを見る


北京五輪前にオープンした欧米人経営の中国雑貨、衣料店「創可貼(ばんそうこう)」。2019年現在も南鑼鼓巷でもトップクラスの人気店(南鑼鼓巷61号)。おすすめは、レトロ中国柄のTシャツ
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
故宮博物院、天安門広場、万里の長城、天壇など、中華人民共和国の首都、北京の観光地は、広大な国土と13億の人口にふさわしいスケールの大きなところがほとんどです。その中で異色の存在が「南鑼鼓巷(ナンルオグーシャン)」です。「胡同(フートン)」と呼ばれる北京の下町の路地に小さなお店がひしめきあっているところです。週末ともなると朝から団体ツアー客が訪れ、車が一台通れる程度の幅しかない路地は人込みで身動きがとれないほど。中国の大手旅行予約サイトの「Qunar.com」によると、2019年の北京の人気観光地アンケートでは、南鑼鼓巷は2位にランキングされました。ちなみに1位は故宮博物院、3位は天安門広場です。

この記事の続きを見る


名物の黒い臭豆腐。黒は醤油の色
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/長沙(チャンシャー) 
思いがけないニュースに「ラッキー!これで鳳凰古鎮に行きやすくなる!」と思った人がいるはずです。2019年5月28日「上海吉祥航空が関空〜長沙線を新規就航!」のニュースが流れました。長沙は、中国南部に位置する湖南省の省都です。高速鉄道を使えば、約2時間20分で広東省広州まで行けるという便利なところにあります。中国では、長沙と言えば、臭豆腐(チョードーフ)!強烈なにおいがする臭豆腐は中国各地にありますが、その中でも一番臭いと言われているのが長沙の臭豆腐です。多くの日本人にとっては、マイナーな長沙ですが、中国の古鎮好きにとっては、重要な都市です。

この記事の続きを見る


オートーコー市場の外観には、高級な雰囲気はゼロ。営業時間は、6:00から20:00
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
細い通路の両サイドに小さな店がひしめきあって、すごい熱気!1万5000店ともいわれる店舗が集まっているバンコクのチャトゥチャック市場、別名「ウイークエンドマーケット」は、買い物好きにはたまらないところです。ここに来ると、掘り出し物を見つけられる気がします。エスニック雑貨、衣料、アクセサリーなどに分類された売り場を行ったり来たりしていると、おなかもすいてきます。チャトゥチャック市場には、食堂やカフェも併設されていて、食事や休憩もできるようになっています。でも、チャトゥチャック市場の隣にバンコクの食通やお金持ち御用達の高級食材市場があるんですよ。少し足を延ばして、そこに行ってみませんか!

この記事の続きを見る


キンジェーとは
  • テーマ:
  • イベント
  • 行き先:
  • アジア/タイ/バンコク 
キンジェーの由来については諸説あるようですが、元々は中国が起源とされ、現在も華人の人たちを中心に実践されている風習です。菜食週間中は、肉、魚、卵といった動物由来の食品のほか、ニンニクやパクチーなどの匂いの強い食品やアルコール、刺激の強い料理を避けることが推奨されており、これらのルールを守ることで心身のデトックスを目指します。ただ、どこまで厳格にルールを守るかはその人次第。キンジェーを厳粛に実践する人もいれば、そうでない人もいるところが非常にタイらしいなと思います。

この記事の続きを見る


PappaRich
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
シンガポールグルメを食べにやってきたのは、パパリッチ。オーチャードエリアにあるNOVOTEL HOTEL(ノボテルホテル)の一階にある店舗です。

この記事の続きを見る


西洋建築のひとつ「旧アグロフ洋行」
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/哈爾浜(ハルピン) 
中国黒龍江省の省都ハルビンは、1年を通して旅行に適した都市です。春と秋の過ごしやすい季節はもちろんのこと、夏は日本よりやや涼しく、冬(1月と2月)にはお待ちかねの「ハルビン氷祭り」が開催されるのですから!そんなハルビンで、最も旅行者でにぎわう場所といえば、誰もが「中央大街(ジョンヤンダージエ)」と答えるでしょう。かつてロシア語で「キタイスカヤ(中国人街)」と呼ばれていた大通りです。

この記事の続きを見る


カオソーイは一般的に鶏肉入り。ほかには魚やエビ入りがある
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/タイ/チェンライ 
タイ最北の県、チェンライでココナッツミルク入りのカレー麺を食べると、「北タイに来た!」と言う実感がわいてきます。古都チェンマイ名物と紹介されることも多い「カオソーイ」は、ココナッツミルク入りのカレースープに入った麺です。タイの首都、バンコクに滞在していると、タイ全土の名物料理が食べられるのは本当。しかし北タイの名物麺は、バンコクでは一般的ではないので、どこででも食べられるというわけではありません。カオソーイって、一度その味を知ると、無性に食べたくなる時があるぐらい日本人にも食べやすいカレー麺です。

この記事の続きを見る


「Gem
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
シンガポールで何を食べましょうか?中華系の人が7割以上を占める国ですから、中華料理がおいしいものが多いです。グルメにシビアな中華系の人々が連日行列している中華レストラン「プーティエン(Pu Tien、甫田)」へ行ってみませんか。ここは、シンガポールのミシュランで一つ星を獲得しているレストランです。シンガポール国内に13店舗(2019年現在)を展開し、マレーシア、上海、香港、北京、台湾など世界各地にも精力的に進出しているんですよ。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。中国 砂絵博物館に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介