page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「中国 美容 お土産」の見どころ情報

中国 美容 お土産に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「中国 美容 お土産」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


この小さい粒に美容健康パワーが…
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/マレーシア/クアラルンプール 
この小さな朝鮮人参に、美しさ、アンチエイジングと成人病予防に良いとされる成分がたっぷり詰まっているそうです。根の長さが違うなど色々な種類があり、朝鮮人参は”朝鮮”といっても産地が異なり、アメリカ産、中国産、韓国産の3種類を『EU YAN SANG』では取り扱っています。スライスされて箱詰めで販売されているものや、写真のように乾燥した状態で量り売りされているものも。箱詰めのアイテムのほうが大量に入っており安価ですが、筆者は高価でもより新鮮な感じがする量り売りの朝鮮人参を購入してみました。「値段により品質が違う」と聞いたためです。ちなみに写真右下のスライスされてパックに入っているものは、227.90リンギット(約5,826円)。

この記事の続きを見る


長い歴史を持つ中国は、美容方法も実に多種多様。
  • テーマ:
  • ビューティー
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
女性は年齢に関係なく、常日頃から美に対して色々興味を持っていますよね。その傾向は日本で生活している時だけではなく、非日常の場面でもあらわれるような気がします。例えば旅先で、安くていいスパがあると聞くと行きたくなりますし、地元で人気の美容法だと言われるとついつい試してみたくなります。私がご紹介している中国にも流行の美容法が沢山あります。中国の女性から「この化粧品試してみて!」などとアドバイスを受けることはよくあります。その中でも私が最も気になるのは、昔から親しまれている美容法です。中国の長い歴史の中で、女性に支持されてきた美容法、気になりませんか。

この記事の続きを見る


巨大なハサミが目印の上海張小泉刀剪総店
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
上海で一番歴史ある繁華街南京東路は、外灘に並ぶ有名な観光地です。通りは歩行者天国になっており、1934年に建てられた老舗デパート上海第一百貨店をはじめ、中国雑貨や食材店、沢山のレストランなどがひしめきあっています。また漢方専門店蔡同徳堂や掛け軸を扱う朶雲軒など、中国ならではの店舗も観光客にとても人気です。南京東路に数あるお店の中で、今回は職人さんから一般客まで幅広い層に長年愛されている上海張小泉刀剪総店をご紹介します。

この記事の続きを見る


ばらまき土産の定番、ミニ・マニキュア
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
お洒落や美容に敏感な人なら、どこへ行ってもチェックするであろうコスメ雑貨のお店。香港にも、化粧品を始めとするコスメ雑貨をディスカウント価格で販売するコスメチェーンがあるんです。中でも有名なお店といえば『Sasa』 。また、『Sasa』ほど有名ではありませんが、モノによっては『Sasa』より安くコスメをゲットできることもある『Bonjour』 も見逃せません。20代〜30代の女性客を中心にいつもにぎわっているこれらのコスメチェーンは、まさにコスメ雑貨の宝庫。お土産用にまとめ買いできそうな手頃な価格のコスメ雑貨もありますよ!

この記事の続きを見る


これが真珠クリーム。丸いつぶつぶは真珠粉を球状にしたもの
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/中国/上海 
最近どんどん化粧品が高くなっている気がしませんか? クリームにしてみても日本では3〜5万円のものがバンバン売れているとか。その金額に見合うだけの効果があれば買う価値はあるのでしょうが、毎日使うものにそれだけの金額をかけるのは厳しい…。私はそこまで高いものは使っていませんが(というか、使えませんが)、やはりたまの帰国の際は空港免税店などでまとめ買い。でも上海で「あるモノ」に出会ってからは少なくともクリームのまとめ買いはしないようになりました。その「あるモノ」とは?それが今回ご紹介する「真珠クリーム」です!

この記事の続きを見る


「7・11」大望路、現代城店。ここの「7・11」は北京の店舗のなかでも売り上げNO1を誇ります。
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
手ごろな価格でユニークな旅のおみやげを探している人におすすめなのが、北京のコンビニエンスストアをのぞいてみること。中国ではそのまま「便利店」と言われていて、ここ2年ほどの間に、急速に増えています。コンビニエンスストアには、中国系の資本のチェーンと外資系のチェーンがありますが、外資系のなかでも頑張っているのは日本でもおなじみ「7・11」。そう!セブンイレブンです。北京には、04年4月に1号店がオープン、今年の7月には、50店舗を突破しています。24時間、営業しているので、旅行者にも便利ですよね。売っているのは、日本と同じく、食品、化粧品、日常雑貨、文房具、雑誌など。いまどき北京の生活が分かるので、見かけたらぜひのぞいてみたいもの。

この記事の続きを見る


「中国 美容」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

友好広場にある巨大真珠のオブジェは、大連が真珠の産地であることを表しています
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/中国/大連(ターリエン) 
大連旅行のお土産に、あなたなら何を買いますか? 代表的なお土産としては、海産物の乾物製品、ジャスミン茶やウーロン茶などのお茶類、甘栗、切子ガラス製品などがあります。中でも、ちょっと希少価値の高いお土産が「アワビ真珠」。日本ではあまり有名ではないようですが、大連はアワビ真珠の養殖が盛んなんですよ!

この記事の続きを見る


新しいスープが次々に開発されている。女性むけに美容効果をうたうスープも多い。
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
北京でいま食のブームと言えば「火鍋」。その理由は新しいタイプの火鍋レストランができ、「火鍋」というジャンルがどんどん進化しているからです。大きな鍋を食卓に置き、さまざまな食材を煮て食べる「火鍋」は中国では古くからある料理法です。さて、最近はどんな進化をとげているのでしょうか?その1つは、様々な具を煮るスープ=中国語では「鍋底」(グォディ)のバラエティが増えていることです。かつて「火鍋」といえば唐辛子の沢山入った辛いスープか、その赤いスープと鳥ガラの白いスープを組み合わせた「紅白鍋」が一般的でした。最近は、「トマトと牛筋」「アワビと魚の浮き袋と鳥ガラ」「キノコ」「トマトとマンゴー」など店ごとにスープを開発し、辛い物が苦手な人でも楽しめるようになっています。メニュー選びではまずこの「鍋底」の選択がポイントです。2種類、あるいは3〜4種類の「鍋底」を仕切りのある鍋にいれて食べられる店も多いのでいろいろ試してみましょう!

この記事の続きを見る


石室聖心大聖堂。中国人カップルの結婚写真の人気撮影スポットのひとつ
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/広州(クワンチョウ) 
貝柱、干しエビ、干しぶどう、羅漢果などの乾物を扱う問屋街を歩いていると、突如現れるカトリックの教会! いい出汁がとれそうな乾物の香りが漂う問屋街といえば、中国や東南アジアのチャイナタウンそのもの。そんな中にポツンとたたずんでいるカトリックの大教会は、正直言って全くなじんでいない感じがします。でも、そこがこの通りのおもしろいところ。この通りは、広州中心部の越秀区にある一徳路です。カトリックの大教会は、「石室」と呼ばれていますが、正式には「石室聖心大教堂」と言います。

この記事の続きを見る


思寧路の騎楼は、西関大屋の中でもモダンなものが多い
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/広州(クワンチョウ) 
カラフルなステンドガラスが入った窓、アーチ型の窓枠、アジアと西洋が混じったような建築。ハイカラな建物が並んでいるこの通りを歩いていると、どんどん広州を好きになっていきます。このアジアと西洋が混じった建物は、騎楼と呼ばれ、1階部分がアーケードになっています。雨が多い地方に適した建築様式で、雨季と乾季がはっきりしている広州にぴったりの建物です。騎楼が集まっているのは、広州の旧市街の西部に位置する「西関大屋(シーグアンダーウー)」です。清朝末期、外国との貿易を許された「十三行(シーサンハン)」と呼ばれた特権商人の子弟が、こぞって建てた豪華な邸宅が騎楼です。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。中国 美容 お土産に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介