page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「中国 遊び 大人」の見どころ情報

中国 遊び 大人に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「中国 遊び 大人」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


ぼんたんの表の皮むいてその皮をカツラのように子供の頭にのせると無病息災と言われています。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
台湾の三大イベントといえば、春節 端午節 そして中秋節です。春節は日本で云うところのお正月。台湾の行事はすべて旧暦ベースなので日本の感覚だと一ヶ月くらい遅いようなちょっと変な感じがしますが、台湾にいると、旧暦がとっても自然な流れになっています。暦ではもうすぐ旧暦の8月15日。台湾の人たちが待ちに待った中秋節やってきます。休みの少ない台湾では貴重な連休です。そんな中秋節の台湾ならではの面白い風習があります。それは・・なんと街じゅういたるところで焼肉をする人の姿が見られるということ!台北でもちょっと路地裏に行けばあっちこっちで焼肉をする人たちの姿がみられます。中秋節に焼肉?という不思議な現象は、一説によると約30年くらい前のテレビの宣伝から始まったとというのが有力な説になっているようです

この記事の続きを見る


ここが動物園とは思えないほど、動物は自由にその自然環境の中で飼われている。
  • テーマ:
  • 動物
  • 行き先:
  • 中南米/メキシコ/メキシコシティ 
広大な色んな施設のあるチャプルテペック公園、そこには、人類学博物館、歴史博物館、美術館などがあり、大概の観光客が足を運ぶ。博物館、美術館などを見た後、動物好きや子供連れには、絶対お勧めなのがチャプルテペックの動物園。入場料はタダ。週末は、地元の子供達、家族連れでいっぱい。広い敷地で動物は檻に入っていないので、出来るだけ自然の環境の中で!と。自由に動き回る動物達を見るのは、いくら見ていても飽きない。あなたも動物に癒されに行ってみませんか?チャプルテペック公園は森林公園であるが、動物園内も色んな植物が植わっていて、植物に興味がある人にも楽しい。動物園だけでなくチャプルテペック公園は植物いっぱいなので、動物園に飼われていないリスにも沢山お目にかかれる。

この記事の続きを見る


タコあげは北京では健康法として特に春から初夏にかえて盛んに行われます
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
オリンピックシティの北京、本格的なスポーツの街でもありますが、実は街中に伝統の運動方法に励む人があふれています。これから初夏にかけては特にそれが目立つ季節。中国の伝統では、冬の間に体にたまった邪気は、春から初夏にかけて外にでて運動をし、外気を吸い込むことで排出するとされていて、いまの季節は特に運動に励む人が多いのです。今回は、そんな伝統の運動法に注目、1つはタコあげ、もう1つは羽蹴り、です。知っていると北京の街歩きの時に目について、

この記事の続きを見る


「中国 遊び」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

「言几又」旗艦店。高新区錦業路マイ(しんにょうに万)科商業中心1、2階。地下鉄3号線「延平門」駅下車後タクシーが便利
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/西安 
陝西省の古都西安で、ものすごく素敵な美術館みたいな書店に行ってきました。陝西省の古都西安と言えば、思い浮かぶのは世界遺産の秦始皇帝陵博物館、楊貴妃と玄宗皇帝、三蔵法師などなど。長安と呼ばれた西安は、秦、漢、隋、唐などの王朝の都として栄えたところ、市内はもちろん郊外も含め、歴史遺産の宝庫です。西安を観光しようと思ったら、できれば2泊3日ぐらいはほしいところ。1日は郊外観光にあて、兵馬俑や華清池に行きたい。残り2日で市内の鐘楼、大雁塔、陝西歴史博物館、回民街、城壁などをまわりたい。「こんなに歴史遺産がいっぱいある西安で、どうしてわざわざ書店に行く必要があるの?」と思うでしょう。

この記事の続きを見る


中華だっておしゃれでポップになれるんです♪
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • アジア/台湾/台北 
店内に入り、すぐに目を引くのが壁一面のポップな壁画。内装は伝統的な中華レストランとは違い、イギリスのレトロなBarを連想させる中西融合した現代的なデザイン。壁画をよく見れば古代中国の衣装を纏った人々の手には赤ワイン。サングラスを掛けた紳士も(笑)オーナーの遊び心が伺えます♪

この記事の続きを見る


テコンドーの看板が目印です
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/シンガポール/シンガポール 
「教えて! シンガポール有数の美食の街カトンで厳選の3店」その2からの続きです。前回まではローカルムードたっぷりな2店をご紹介しましたが、最後はある意味で最も“シンガポールらしい”1店をご紹介します。場所はイースト・コースト・ロードとジョー・チアット・ロードの交差点の角。カトンの超一等地ですね! ここに、プラナカンスタイル(中国とマレーの混合文化)の美しいショップハウスが建っています。これが、一風変わった形式のレストラン「アリババー(AlibabaR Hawker Bar)」なのです。

この記事の続きを見る


世界でここだけ?〜南インドケララ州のバックウォーターの旅
  • テーマ:
  • 船・クルーズ
  • 行き先:
  • アジア/インド/コーチン(インド) 
南インドのケララ州、コーチン(コチ)に来ると、プーンと複雑な幾種類もの香辛料の匂いが鼻に届いてきます。古くから香辛料の産地、集積地として知られ、中国や中東諸国と結ばれてきた地域です。「SPICE」の看板があちらこちらに掲げられ、ジュート袋に詰められた各種のスパイスが次々に運び出されています。そんな雑踏の一角に立っていると、スパイスを通じて世界がつながっているのが目に見えるようでした。食事に関しても、「Continental」という表記をよく見ます。インドのよその地域ではこれほどまでにはありません。簡単に言えば、西洋料理のことで、ステーキやピザ、パスタのこと。こんなコンチネンタル料理や、おいしい中華が気安く食べられるのも、スパイス交易のおかげかもしれません。言ってみればこのあたりは、船で世界とつながってきたわけですが、実は内陸部でも、今でも船が重要な交通手段となっています。

この記事の続きを見る


チャンフー通りはホイアンの目抜き通り
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • アジア/ベトナム/ホイアン 
中部ダナンから車で40分ほど南下したところにあるホイアンは、1999年に世界遺産に登録された、ベトナムの誇る観光エリアです。観光のメインストリートであるチャンフー通りを中心に、バクダン通り、グエンティミンカイ通り界隈が歴史保護地区に指定されています。当時の建築様式を残した古き良き家々が並んでいます。ホイアンが交易の都市として栄えた16世紀から17世紀。日本や中国と友好関係を築いていたことから、日本の建築様式も随所に見られます。ホイアンを散策していると、不思議と懐かしい気持ちになるのは、そのためでしょう。

この記事の続きを見る


様々な人が行き交う尖沙咀
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/香港/香港 
西洋と東洋が混在する印象が強い香港島と比べて、「アジアの香港」の顔も色濃く見せてくれるのが九龍サイド随一の繁華街、尖沙咀。また、ここは中国への玄関でもあるため、「中国の一都市としての香港」もより強く感じることができるでしょう。香港住人の間では、ビルの明かりで光り輝く100万ドルの夜景を持つ香港島側を「ブライトサイド」、九龍側を「ダークサイド」と冗談で呼ぶことがありますが、九龍側も香港島に負けず劣らず彩り鮮やかに光り輝く姿を見せてくれることは皆さんご存知の通り。という訳で、今回はディープな九龍側の玄関・尖沙咀をざっとエリアごとにご紹介致しましょう。

この記事の続きを見る


モノクロ、それともセピア?この街に似合うモードを見つけよう
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/バリ島(インドネシア) 
カメラといえばデジタルカメラ、ひいてはスマホという時代に突入して、旅行者は旅先で気軽にたくさんの写真を撮れるようになりましたね。操作ボタン一つで「美肌」「夕焼け」「ジオラマ風」といった、痒い所に手が届く機能が使えるため、旅先でシャッターチャンスを逃してしまう悔しさがぐっと減りました。私は、バリ島とシンガポールへの旅の最中に、ふと「同じ風景をモードを変えて撮影してみたらどうだろう?どのモードが一番その風景に似合うだろう」と思いつきました。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。中国 遊び 大人に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介