page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「中国南方航空 関空 広州 シェムリアップ」の見どころ情報

中国南方航空 関空 広州 シェムリアップに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「中国南方航空 関空 広州」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


タイ航空は毎日1便、カトマンズに午後早い時間に到着する
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
2019年4月現在、日本からネパール行きの直行便は飛んでいません。そのため乗り継ぎ便を利用することになります。乗り継ぎの方法にはいろいろありますが、どの航空会社を使うのがいいのかは、その人の旅のスタイルや予算によっても異なります。そこで今回は、ネパール便のある主だった航空会社についてご紹介します。ちなみに、現在ネパール航空が、ネパールの首都カトマンズと日本の直行便の就航申請をしています。2019年4月10日の時点で日本側の認可待ちという状態ですが、就航すれば、ネパールへの旅はもっと身近なものになると期待されます。(ネパール航空の就航については、ネパール航空公式ホームページなどで最新の情報を入手してください)

この記事の続きを見る


「中国南方航空 広州」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

香港から陸路で広州へ!お得で意外と速い乗り換え案内
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • アジア/中国/広州(クワンチョウ) 
「食は広州にあり!」で名高い中国南部の大都市、広州。その言葉通り、広州のごはんはびっくりするほど美味しくて、安いです。しかも、広州には伝統建築が見られる街並みが残っています。おいしいごはんと思わず、パチリとシャッターを押してしまう街並みの両方を楽しめる穴場です。広州に行くのなら、広州を基点としている中国南方航空が便利です。とは言ってもLCCよりお高いので、香港イン・アウトにすれば、LCCも加え、使える便も増えます。旅の最初と最後に香港も楽しめます。しかし「香港から広州への移動が、面倒くさいなあ」という人におすすめの、バスと鉄道の乗り換え案内をこれからしましょう。

この記事の続きを見る


「関空 広州」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

名物の黒い臭豆腐。黒は醤油の色
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/長沙(チャンシャー) 
思いがけないニュースに「ラッキー!これで鳳凰古鎮に行きやすくなる!」と思った人がいるはずです。2019年5月28日「上海吉祥航空が関空〜長沙線を新規就航!」のニュースが流れました。長沙は、中国南部に位置する湖南省の省都です。高速鉄道を使えば、約2時間20分で広東省広州まで行けるという便利なところにあります。中国では、長沙と言えば、臭豆腐(チョードーフ)!強烈なにおいがする臭豆腐は中国各地にありますが、その中でも一番臭いと言われているのが長沙の臭豆腐です。多くの日本人にとっては、マイナーな長沙ですが、中国の古鎮好きにとっては、重要な都市です。

この記事の続きを見る


「広州 シェムリアップ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

アンコールワット観光の拠点シェムリアップとはどんな町? その1 急成長したシェムリアップ
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/シェムリアプ 
東南アジア随一の巨大遺跡、アンコールワット。その観光の拠点となるのが、シェムリアップの町です。このエリアはクメール王朝時代からアンコール地方の中心地でした。ただし、当時は町の規模は大きくはなく、都といっても王宮の移動と共にこのエリア内で転々と移動していたようです。現在の町はその後のもの。近年までのシェムリアップは、カンボジアの地方都市といった感じで、フランス植民地時代のコロニアル建築の建物も残っています。しかしこの町が大きく発展したのは、アンコール遺跡への観光客が増えた1990年代末からでしょう。今回はそんなシェムリアップの町を紹介します。

この記事の続きを見る


「中国南方航空」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

深夜便のなかでも羽田〜北京間の海南航空は需要が高い
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/中国/哈爾浜(ハルピン) 
羽田発着の国際線が増加しているが、深夜に発着している航空会社にも注目したい。昼便に関しては、成田便を運航していて、なおかつ増便したい場合に限られている。つまり成田に乗り入れていない航空会社が羽田にだけ乗り入れることはできない。ところが深夜時間帯に関してはこの制限はなくなる。つまり成田便を運航していない新興の航空会社でも、深夜なら羽田に乗り入れできるのである。 この制度を利用しているのは中国の新興航空会社に多く、海南航空、上海航空、吉祥航空、LCCでは春秋航空、天津航空、奥凱航空が深夜の羽田空港に発着している。多くが中国からの訪日需要によるものであったが、利用してみると、確かにお土産を持った中国からの旅行客が目立つが、日本人がまったくいないわけではなく、意外にまとまった数の日本人渡航客を目にするのである。

この記事の続きを見る


「関空」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

関空からスイスインターナショナルエアラインズが飛びます
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/チューリヒ 
関西地区からヨーロッパへの旅行を考えている方にビッグなお知らせです! 関空からスイスのチューリッヒへの便が2020年3月から運航されることが決定しました。2001年にスイス航空が撤退してからおよそ18年ぶり、関空=チューリッヒ間の便が復活します。週5往復も飛ぶそうなので、便利になりますよ。もちろんスイスへの旅行には、このスイスインターナショナルエアラインズの便が一番便利です。スイスの航空会社なので、機内からスイスの気分が味わえます。乗り継ぎなしで関空からチューリッヒに行けますので、ユングフラウヨッホ、マッターホルンなどスイスの名所へも行きやすくなります。

この記事の続きを見る


GW前に訪れた故宮博物院の太和殿。朝一番に入城しても、国内ツアー客でいっぱい!
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
GWが始まる前、4月中旬頃に北京に行くと、寒すぎず、暑すぎず、空気はカラッと気持ちいい。夜は少し肌寒いのでパーカーをはおるとちょうどいい感じ。まさに旅にぴったりの季節!毎年この頃に北京に行きますが、2019年は行くのが遅くなり、下旬になってしまいました。運悪く異常気象にみまわれ、気温は35度から37度!想定外の暑さに泣きました。さて、GWですが、中国にもあります。日本の影響で黄金週とも呼びますが、もともとは労働節と言って、5月1日から3日までが政府が許可している休日です。GWは日本も連続休暇がとれ、北京の気候も良くベストシーズンのはずですが、中国の人々も旅行に出かけるとなると、ベストとは言えないのです。

この記事の続きを見る


再び、関西空港からエアカナダが飛びます!
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/バンクーバー 
エアカナダの子会社で、レジャー航空会社のエアカナダ ルージュは、2015年から昨年まで、夏から秋にかけて関西空港とカナダのバンクーバー間に就航していました。今年もバンクーバー線が就航することになったのですが、今度はエアカナダ ルージュではなくて、エアカナダの便が就航します! 今までのエアカナダ ルージュは、レジャー向けということもあり、「プレミアムルージュ」と「ルージュクラス」というクラス分けだったのですが、今年はエアカナダの機材でビジネスクラスも導入されます。海外出張にも便利になりますよ!

この記事の続きを見る


「広州」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

町の中にこんな小山がある。小山の中に町があるともいえるのが桂林
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • アジア/中国/桂林 
漓江沿いにポコポコと形の良い小山が並んでいる姿は、まさに桃源郷。中国西南部に位置する広西壮族自治区の桂林は、カルスト地形特有の風景の中に町があります。桂林ののどかで美しい風景を見ていると、行きたくなりますが、「遠そう。行くのに時間がかかりそう」と、思う人が多いはず。私も初めて桂林に行った20年近く前は、遠いって感じました。中国南部の広東省広州から快速列車に乗って、1泊2日かかりました。2019年11月現在でも広州から快速列車で行くと約10時間かかります。でも、今は広州から本当に簡単に行けるようになりました。高速鉄道に乗れば、約2時間30分から約3時間で桂林に到着です。

この記事の続きを見る


「シェムリアップ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

情熱的な炎のような赤い砂岩とラテライトで造られた伽藍。灰色を基調とするアンコールワットとは全く異なる趣を感じさせます。
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • アジア/カンボジア/シェムリアプ 
700以上もの建造物を含むとされる、世界遺産アンコール遺跡群。カンボジアの国旗に描かれる有名なアンコールワットの他にも魅力的な遺跡がたくさん存在しています。せっかくシェムリアップに来たら、少し足を伸ばして郊外の遺跡も訪ねてみませんか?シェムリアップ中心部から北東に約40kmのところに位置するバンテアイスレイは、アンコールワットよりも1世紀以上早い967年に建造されたヒンドゥー教の寺院です。赤々と燃えるような砂岩とラテライトでできた建物を埋め尽くす繊細優美なレリーフ。現在も細部まで堪能できるほど保存状態がよく、「アンコール美術の至宝」として芸術性が高く評価されている遺跡です。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。中国南方航空 関空 広州 シェムリアップに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介