page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「中国南方航空 関空 広州 機内食」の見どころ情報

中国南方航空 関空 広州 機内食に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「中国南方航空 関空 広州 機内食」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


タイ航空は毎日1便、カトマンズに午後早い時間に到着する
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/ネパール/カトマンズ 
2019年4月現在、日本からネパール行きの直行便は飛んでいません。そのため乗り継ぎ便を利用することになります。乗り継ぎの方法にはいろいろありますが、どの航空会社を使うのがいいのかは、その人の旅のスタイルや予算によっても異なります。そこで今回は、ネパール便のある主だった航空会社についてご紹介します。ちなみに、現在ネパール航空が、ネパールの首都カトマンズと日本の直行便の就航申請をしています。2019年4月10日の時点で日本側の認可待ちという状態ですが、就航すれば、ネパールへの旅はもっと身近なものになると期待されます。(ネパール航空の就航については、ネパール航空公式ホームページなどで最新の情報を入手してください)

この記事の続きを見る


「中国南方航空 広州」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

香港から陸路で広州へ!お得で意外と速い乗り換え案内
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • アジア/中国/広州(クワンチョウ) 
「食は広州にあり!」で名高い中国南部の大都市、広州。その言葉通り、広州のごはんはびっくりするほど美味しくて、安いです。しかも、広州には伝統建築が見られる街並みが残っています。おいしいごはんと思わず、パチリとシャッターを押してしまう街並みの両方を楽しめる穴場です。広州に行くのなら、広州を基点としている中国南方航空が便利です。とは言ってもLCCよりお高いので、香港イン・アウトにすれば、LCCも加え、使える便も増えます。旅の最初と最後に香港も楽しめます。しかし「香港から広州への移動が、面倒くさいなあ」という人におすすめの、バスと鉄道の乗り換え案内をこれからしましょう。

この記事の続きを見る


「関空 広州」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

名物の黒い臭豆腐。黒は醤油の色
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/長沙(チャンシャー) 
思いがけないニュースに「ラッキー!これで鳳凰古鎮に行きやすくなる!」と思った人がいるはずです。2019年5月28日「上海吉祥航空が関空〜長沙線を新規就航!」のニュースが流れました。長沙は、中国南部に位置する湖南省の省都です。高速鉄道を使えば、約2時間20分で広東省広州まで行けるという便利なところにあります。中国では、長沙と言えば、臭豆腐(チョードーフ)!強烈なにおいがする臭豆腐は中国各地にありますが、その中でも一番臭いと言われているのが長沙の臭豆腐です。多くの日本人にとっては、マイナーな長沙ですが、中国の古鎮好きにとっては、重要な都市です。

この記事の続きを見る


「関空 機内食」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

優雅な白い機体にフィンランドブルーのロゴが映えるエアバスA330。新しいヘルシンキ=福岡路線にも、この旅客機が起用される予定です。
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/フィンランド/ヘルシンキ 
フィンランド航空は、日本とフィンランドをわずか9時間半で結ぶエアライン。成田、中部、関西空港からヘルシンキへの直行便は週21、JALとのコードシェアも含めると週28便も運航しています。さらに2016年5月からは、福岡=ヘルシンキ線も就航予定。ヘルシンキ・ヴァンター空港では、60以上のヨーロッパ都市にスムーズな乗り継ぎでき、そのうち34都市に最短最速で到着します。そのフィンランド航空では、貯めたポイントを使って簡単にエコノミーからビジネスクラスにアップグレードすることができます。(アップグレード方法はこちら→http://www.finnair.com/jp/jp/finnair-plus/use-points/finnair/update-travel-class)

この記事の続きを見る


スクートScootとは「活発にかけ出す」という意味がある。元気いっぱいのビタミンカラーの機体がそれを象徴する
  • テーマ:
  • エアライン・空港
2012年に就航、シンガポール航空を母体にシンガポールを拠点とする新しいLCC(格安航空会社)として話題のスクート。日本からは東京(成田)からシンガポールへ、さらにシンガポール経由でシドニー、ゴールドコーストなどオーストラリア、バンコク(ドンムアン)、香港、台湾各都市に就航。そのスクートが2015年7月8日から待望の大阪(関空)に就航!就航先はシンガポール、バンコク、台湾の高雄。新機体ボーイング787ドリームライナーを導入して関空〜シンガポール間を週6便、バンコクと高雄は週3便の体制で結ぶ。

この記事の続きを見る


ファーストクラスのラウンジのイメージ画像。成田ではどのようなスタイルになるのか楽しみだ
  • テーマ:
  • エアライン・空港
アラブ首長国連邦ドバイを本拠地とするエミレーツ航空が、日本市場への取り組みの強化から、成田空港・第2ターミナルに日本国内初となる専用ラウンジを開設すると発表。誕生するのは今年4〜6月頃を予定。投資額は400万ドル相当となる。ラウンジはエミレーツのビジネス、ファースト利用者およびエミレーツのマイレージプログラム「エミレーツ・スカイワーズ」のゴールドまたはプラチナ会員となる。

この記事の続きを見る


リオネル・メッシ、コービー・ブライアント、ボルシア・ドルトムントのスポンサーでもある
  • テーマ:
  • エアライン・空港
1933年、たった5機の飛行機のみでスタートした航空会社がターキッシュエアラインズ。以前はトルコ航空の名称だったが、現在の正式名称はターキッシュエアラインズとなっている。ここ数年、サービスの向上、路線拡大に積極的で常に斬新でエンターテイメント性の高いソフト&ハードのアップグレートを行ってきた。それらが乗客、エアライン業界から高い評価を受け、権威あるスカイトラックス社によるエアラインランキングで2014年の「欧州最高の航空会社」に選ばれ、4年連続ベストワンという偉業を成し遂げた。加えて「南欧最高の航空会社」、「最優秀ビジネスクラス機内食」、「最優秀ビジネスクラス・ラウンジダイニング」と各賞も総なめ。今、一番乗りたいエアラインのひとつだといえる。

この記事の続きを見る


スターアライアンス加盟はインドでは初。さらにネットワークが拡大した
  • テーマ:
  • エアライン・空港
「インドに行くと人生が変わる」。そう言われる混沌とマサラの香りが漂う魅惑のインド。最近は経済的にも発展し、IT産業の中心としてビジネスで通う人も多い。もちろん世界遺産のタージマハルなど歴史と文化の濃い観光スポットも数多い。そのインドを代表するエアラインがエア・インディアだ。インドを基点に世界に就航するエア インディアは日本からは成田国際空港をデイリーで直行便を、関西国際空港からは週3便でデリーのインディラ・ガンディー空港へ香港経由で運航する。また、2014年7月11日には、待望のスターアライアンスに正式加盟、新しい一歩を踏み出した。

この記事の続きを見る


元祖「ゆるキャラ」のムーミンがヘルシンキへの旅を誘う
  • テーマ:
  • エアライン・空港
フィンランド・ヘルシンキをハブに日本から北欧はもちろんヨーロッパへとつなげるフィンエアー。遠いというイメージが強い北欧だけれど、実は日本からヘルシンキまでは直行便で所要約9時間半。パリやロンドンなどへは通常12時間ほどかかるので日本から最も近いヨーロッパということになる。そしてフィンランドといえばムーミン!今年はムーミンの原作者トーベ・ヤンソン生誕100周年記念ということで、フィンエアーのイメージキャラクターにムーミンを起用。元祖「ゆるキャラ」のムーミンが登場するイベントやCMなどでさらに親しみ感をアピールしている。

この記事の続きを見る


機種変更後、日本と中国をつなぐのが名機B747-400
  • テーマ:
  • エアライン・空港
中国国際航空(エアチャイナ)は中国のナショルフラッグキャリアとして1949年に設立。1974年に東京と大阪に就航。現在は東京(成田・羽田)、大阪、札幌、仙台、広島、名古屋、福岡、沖縄の8都市と中国を結ぶ路線を運航。経由直行便も含めて北京、上海、大連、天津、成都、重慶、深センとを結んでいる。その中国国際航空が、今年2014年7月1日から成田〜北京、成田〜上海間のフライト機材を約180席のA321型機から約340席のB747-400型機に変更。さらに、2014年8月1日から、関空〜上海線を増便。1日2往復便から3往復6便体制になるため、ぐっと多くの座席数で利便性が向上した。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。中国南方航空 関空 広州 機内食に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介