page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「九寨溝 パンダ」の見どころ情報

九寨溝 パンダに関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「九寨溝 パンダ」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


成都南部にあるパンダ基地では、パンダがゴロゴロ! ここに行くと、どんな人でもパンダのかわいさに目覚めると言っても過言ではない
  • テーマ:
  • エアライン・空港
  • 行き先:
  • アジア/中国/重慶(チョンチン) 
いくら1000円安い格安航空券を買っても、日本に帰る日、空港に行く時にタクシーに乗り、タクシー代が高かったら、意味なし。それなら1000円高い格安航空券でも、地下鉄で空港まで行くことができるほうが安い! 2019年3月に成都と重慶の旅行をする際、中国国際航空の格安航空券を買いました。成都アウトか、重慶アウトか、迷いに迷って成都アウトにしました。重慶アウトだと帰国便は、早朝7時半発。料金はともかく、夜が明けていない町で女ひとりでタクシーに乗るのは、何となく不安。成都アウトなら12時20分発なので、地下鉄で成都双流国際空港まで行くことができます。今回はわずか1000円の違いでしたが、こんな風にどちらの都市から帰国するかを悩めるのは、成都と重慶が意外と近いからです。

この記事の続きを見る


パンダ基地は、パンダ好きならぜひ、行ってみたいところ
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • アジア/中国/成都(チェントゥ) 
「地下鉄3号線って本当に便利!開通してくれてありがとう!」ってお礼を言いたい気持ち。これは中国西南部に位置する四川省の省都である成都の地下鉄です。成都は、三国志のふるさとでもあり、パンダ基地や世界遺産の九寨溝への起点となる町です。中国人にも人気の観光地ですが、外国人旅行者も非常に多い都市です。その成都観光が地下鉄3号線が通ったおかげで本当に楽になりました。成都で一番の繁華街と言えば、春熙路から天府広場のあたりです。ここも3号線で行けます。世界遺産の楽山大仏や峨眉山へのバスが出ている新南門バスターナルは、3号線の「新南門」駅の真上です。

この記事の続きを見る


「観音閣茶館」の外観。こんな木造家屋そのものが今ではめずらしい
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/成都(チェントゥ) 
中国の西南部に位置する四川省と言えば、パッと思い浮かぶのは世界遺産の九寨溝、パンダ、三国志の聖地、麻婆豆腐などです。そして茶館です。お年寄りが竹で出来た椅子に座って、お茶を飲む姿は、まさに四川省のイメージです。四川省は沿岸部の大都市と違い、内陸部にあるせいかのんびりしたところがあります。茶館は、そんな四川の人たちが麻雀をしたり、おしゃべりしながら日がな一日を過ごすところです。成都に行ったなら、やはりこんな茶館に行ってみたいですよね。ただ、最近はなかなか昔ながらの茶館という雰囲気のところは見つからないのが現状です。

この記事の続きを見る


中国の世界遺産(1)四川省九寨溝、行くならいつがおすすめ?
  • テーマ:
  • 世界遺産
  • 行き先:
  • アジア/中国/九寨溝 
自然界に存在する色とは思えない深い青色をした湖、場所によって、黄緑色から徐々に青にかわる湖。中国四川省の世界遺産「九寨溝」の独特の景色は、地殻変動や火山活動によって生み出されたものです。写真や映像で九寨溝を見ると、誰もが「神秘的だわ〜」と思います。そこには、私たちが生きている世界の騒々しさなんてみじんも感じられない静寂があります。実際は、九寨溝はあまりにも有名すぎて、中国本土はもとより世界中から観光客が訪れます。そのため風景区内はどこに行くのも満員の専用バスです。写真を撮るのも順番待ちです。九寨溝の景色はどんなに美しくても、イメージしていた九寨溝の旅と違います。「九寨溝ってこんなにザワザワしたところだったの?」とがっかりする人もいるかもしれません。

この記事の続きを見る


標高3700メートルの巨大ラマ教寺院に圧倒された!四川省色達の旅
  • テーマ:
  • 秘境
  • 行き先:
  • アジア/中国/九寨溝 
2013年の秋、四川省の省都、成都にいました。パンダのふるさととして名高い四川省は南部は穏やかな気候ですが、北部は標高も高く、冬の寒さの厳しいところです。そしてここはチベット人が多く住み、チベット文化に触れることができる地域です。四川省北部は世界文化遺産の九寨溝、チベット美人で有名な丹巴、四季折々の姿が全く異なる四姑娘山など、美しい景色が楽しめるところが何か所もあります。そんな四川省北部で2013年の秋から冬にかけて、妙に行く人が多かったのが色達(セルタ)です。セルタは青海省との省境いにも近い、四川省の北端ともいえる場所です。

この記事の続きを見る


古城や古鎮は、修復と同時に規模の拡大化が進んでいるので、あたりはずれが非常に大きい。事前の情報収集は重要ですよ!
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/成都(チェントゥ) 
パンダ、九寨溝などの神秘的な大自然、三国志のふるさとなどなど、四川省の魅力はなんでもありのところです。今回の私の旅の目的は四川省北部のチベット族や羌族の石積みの高い塔を見ることです。古くは元の時代に建てられたと言われているこの塔は、敵を監視する見張り台でした。高原に住む少数民族の塔だけに、漢民族の建築とは違う雰囲気で、どことなく中世ヨーロッパ風です。この塔はチョウ楼と呼ばれ、成都からはチョウ楼を見に行くツアーもあるほど人気があります。私はツアーに参加せずに馬爾康に行くことにしました。馬爾康は成都から西北に7時間ほどのところです。しかし、ここはそのチョウ楼の本場ではないようです。

この記事の続きを見る


「九寨溝」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

船のような屋根がのっている昆明駅。昆明北駅は、ノスタルジックなベトナム風の駅舎だが、昆明駅は、現代的
  • テーマ:
  • 鉄道
  • 行き先:
  • アジア/中国/昆明 
中国西南部の二大観光都市と言えば、四川省成都と雲南省昆明。両方の都市は、決して近くはないのに、中国大陸に行くと感覚が狂ってしまいます。国が広すぎるので、その中では成都と昆明は「意外と近いんじゃない?」って錯覚します。学生や時間に余裕がある旅行者は、「この際、成都と昆明の両方行っちゃえ!」になります。成都周辺なら、世界遺産の九寨溝と楽山大仏。昆明なら世界遺産の麗江、大理、石林などなど。行きたいところや世界遺産が集中しています。その際、成都から昆明、昆明から成都への移動手段に鉄道を使う人が少なくありません。

この記事の続きを見る


213号線の禄曲あたりで出会ったチベット族。このあたりは標高3000メートルを越えているので、9月でもこんなに寒そう
  • テーマ:
  • 大自然
  • 行き先:
  • アジア/中国/蘭州(ランチョウ) 
20年以上前、まだ9月半ばだと言うのに、雪で真っ白な高原をバスで走ったことがあります。中国西北部に位置する甘粛省は夏はカラッと暑いのですが、秋の訪れが早く、標高が高い南部では9月でも雪が降ることがあります。ボロボロのミニバスには、暖房などなく、おまけに雪まで吹き込んで、死ぬほど寒かった記憶があります。当時、大都市同士を結ぶ区間なら、新しいバスが使われていました。小さな町や村を結ぶ区間となると、日本では間違いなく廃車になっているような古いミニバスになります。私が乗っていたのも、こんなボロバスです。しかし、乗客を見ると、欧米人や日本人などの外国人が目につきます。このバスが走っていたのが国道213号線です。

この記事の続きを見る


食事の物価の安さは、バックパッカーの旅にぴったりな都市の必須条件
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/西安 
もうすぐ春休み! 卒業旅行で中国に行くのなら、中国人の間でも「バックパッカーの旅にぴったり」と言われている都市に行ってみませんか! 中国では、バックパッカーの旅のことを「窮游(チュンヨウ)」と呼びます。窮游とは、貧乏旅行のことです。バックパックをしょって、自分で宿や交通手段を手配していても貧乏旅行ではない人もいます。それでも中国では、ひとくくりに窮遊と呼びます。この点には納得がいかないのですが、「バックパッカーの旅にぴったりな都市」と言われている都市には、納得です。

この記事の続きを見る


市内バスは、今でも地方都市に行くと1元(約17円)のところが多い。20年で0.5〜1元(約7.5〜17円)しか値上がりしていない
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/中国/西安 
中国を旅行していると、時々、中国人から「日本って、交通費が高い国なんでしょ」と言われることがあります。今、中国は、一部の都市で日本旅行を減らすように政府が規制をかけてくるほどの日本旅行ブームです。ありがたいことに幅広い年代の中国人が日本に行ってみたいと思ってくれているようです。実際に日本を旅行したことがある中国人も増えているので、ネット上には、様々な情報が出回っています。それで「日本は交通費が非常に高い」と思われているようなのです。日本と比べると、中国の交通費は安いです。例えば、市バス。大都市ならエアコン付きのバスが2元(約34円)、エアコンなしなら1元(約17円)。地下鉄も2元(約34円)からです。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。九寨溝 パンダに関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介