page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「冬のスイス旅行」の見どころ情報

冬のスイス旅行に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「冬のスイス旅行」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


こちらで頂上まで行くゴンドラチケットを購入。地元の人は大抵「マイソリ」を持参。ない人は、頂上でレンタルできます。
  • テーマ:
  • スキー・スノーボード
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/スイス/チューリヒ 
ウィンタースポーツと言えば一般的にスキーやスノーボードですよね。もちろんスイスでも両者とも大人気ではありますが、今回ご紹介するのはズバリ、「ソリ滑り」!こちらもスイスでは小さい子供から大きい大人まで大人気のスポーツ。「え〜ソリー?!」なんて甘く見てると侮っちゃあいけません!そこはスイス、日本の「ソリ」とは次元が違います。そしてスイスはスキー場も至る所にあります。今回訪れたのもそんなひとつ、チューリッヒからわずか車で1時間、公共交通機関でも1時間足らずで行けちゃう「Sattel」(ザッテル)

この記事の続きを見る


「冬の」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

日差しが降り注ぐタイ、パタヤのビーチ
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • ビーチリゾート/アジアビーチ/パタヤ(タイ) 
日本が寒い季節に、暑い国への旅行。東南アジア諸国やハワイ、また季節が逆のオーストラリアや南米などへ行くときは、どんな服装で行けばいいのでしょうか。ボトムスについては冬専用のものは避け、日本でも一年中履いている「オールシーズンOKのボトムス」を選ぶのがコツです。その筆頭はデニムですね。何にでも合わせやすいし、丈夫。旅のお供におすすめです。ただちょっと重量があって持ち歩くときはかさばる、濡れると乾きにくいというという欠点も。東南アジアでは、デニムを日中に履くのは暑いと感じるかもしれません。

この記事の続きを見る


日本のお正月がクリスマス、クリスマスがお正月といった感覚です。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/デンマーク/コペンハーゲン 
毎年世界の幸せ調査で上位にラインクインするデンマーク。クリスマスと年末年始はしっかり休みが取れる社会です。言い換えると、クリスマスに働く人はとても少なく、営業しているお店や施設はわずかとなります。ほとんどのお店は祝日にあたる12月24〜26日は休業、元日も祝日のためお休みのところがほとんどです。レストランも24日の夕方からはほぼ閉店。1年で一番街が静まる夜です。その後、大みそかは街でも家でもパーティーになり、深夜まで花火が上がってにぎやかになります。

この記事の続きを見る


重さ約37トンの吊り型式パイプオルガン。祭壇の左側手前、地上15mあたりに位置する。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/レーゲンスブルク 
現在世界最大級の大きさの吊り型式パイプオルガンが置かれているのは、レーゲンスブルクの大聖堂。2009年に設置さられたこのオルガンは、4本の鉄の綱によって吊り下げられており、壁との間にも隙間があります。取り付けにあたっては、教会側が、大聖堂そのものに穴を開けたりすることを嫌ったため、吊り型式という形式で決着したのだそうです。吊り型式のパイプオルガンの中では世界最大級の大きさで、重さが約37トンもあります。パイプの数は5871本というから、すごいですね。元々、このゴシックの大聖堂にパイプオルガンを置く場所がなかったということ、またルートヴィッヒ1世などが、パイプオルガンを置くと、せっかくの大聖堂の造りを隠すこととなるからと設置を嫌ったということもあり、なかなか大きなパイプオルガンが設置されなかったのだそうです。

この記事の続きを見る


メキシコでは、毎年11月2日の「死者の日」が終わるとすぐにクリスマスグッズが店頭に並びます。11月からすでにクリスマスディナーの計画を立てる人もいるほどクリスマスは待ち遠しい日なのです。
  • テーマ:
  • 祭り・イベント
  • 行き先:
  • 中南米/メキシコ/プラヤ・デル・カルメン 
メキシコのクリスマスは、日本のように単なる楽しいイベントの1つではありません。ほとんどのメキシコ国民はカトリック教で、とても宗教心を大切にしています。そのため、12月24日のクリスマスイブや25日のクリスマスは、多くの人が教会に向かいます。そして、教会に行った後は、家族と一緒にクリスマスディナーでお祝いをするのが一般的です。七面鳥や塩漬けされた鯛料理をメインに、パスタやサラダなどを作る家庭が多く、一年で一番家族と過ごしたい日に、家族と過ごせる有り難さを感じる日でもあります。

この記事の続きを見る


漓江沿いに広がるカルスト地形特有の風景が桂林の魅力。写真は7月の陽朔
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/桂林 
2018年12月、中国西南部の広西壮族自治区の桂林に行ってきました。冬の青空とカルスト地形特有の山々を思い描いていたのに、どよんと暗い空。このお天気には、ちょっとがっかりです。桂林は、市内中心部を流れる漓江沿いには広がる景観は、まさに桃源郷。この風景を求めて世界中から観光客が集まってきます。桂林観光のハイライトと言える漓江下りで最も風光明媚な場所は、桂林の南70キロに位置する陽朔に近いところにあります。桂林から乗船する漓江下りのツアーは、陽朔到着で解散となるため、陽朔と合わせて観光する人がほとんどです。その陽朔で冬の青空をバックにした漓江の風景を楽しむはずが、青空がどこにもない!

この記事の続きを見る


土鍋料理に弱い人なら絶対にはまる砂鍋。写真は「丸子砂鍋(ワンズシャーグオ)」と呼ばれ、牛肉だんご入り
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/西安 
2年ぶりの西安で最初に食べたのは、砂鍋(シャーグオ)!これは、豆腐、野菜、春雨、肉がぎゅうぎゅうに入った一人鍋です。まずはスープを一口。思いっきり胡椒味!ああ、これが西安の味。西安に帰ってきたという実感がわいてきました。西安の人は、胡椒味が大好きな人が多いようです。とにかくスープに胡椒をきかせます。国土があまりにも広大すぎて、大陸の東西南北で好みの味が全く違う中国で、どの地方の中国人も「美味しい!」と絶賛するのが西安グルメです。これには私も全く同感!西安は、胡椒をはじめ、スパイシーな料理が好きな人なら、何を食べても美味しい町です。

この記事の続きを見る


ヴァルハラ神殿からドナウを見下ろす位置で、人々はゆったりと楽しみます。
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • ヨーロッパ/ドイツ/レーゲンスブルク 
ヴァルハラ神殿は、ギリシアのパルテノン神殿を模倣して、19世紀に建てられた建造物です。造った目的は、ドイツ語圏の称賛に値する人々をたてまつるため。ルートヴィヒ1世が構想し、オーストリアの宮廷建築家、レオ・フォン・クレンツェに造らせました。ルートヴィヒ1世の建造物の中では一番高価なものだそうです。建てられたのは、レーゲンスブルクの東12kmのドナウ川を見下ろす位置。レーゲンスブルク近郊の観光スポットとして人気で、一日当たり最大800人もの訪問があると言われています。ギリシアをすでに訪れた人にとっては、新しすぎて趣きがない、と言われるかもしれません。でもその周辺の雰囲気に溶け込んだヴァルハラ神殿、ルートヴィヒ1世の想いは、やはり美しく形に残っているんじゃないでしょうか。

この記事の続きを見る


モントリオールの街が始まった場所に建つ博物館
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/モントリオール 
カナダ第二の都市として栄えるモントリオールは、1642年に建設されたヴィル・マリーという名前の村から始まります。現在その場所に建つのがこの博物館「ポワンタ・キャリエール考古学歴史博物館」です。今ではそのヴィル・マリーの時代から現代までのモントリオールの街の歴史を学べる博物館として、多くの人が訪れています。街の建設の様子や、当時の人々の様子など様々な展示を見る事が出来ます。

この記事の続きを見る


タージマハール
  • テーマ:
  • 海外旅行の準備
  • 行き先:
  • アジア/インド/デリー 
インドを旅行するにあたり、季節を選ぶことはとても重要です。逆に言えば、快適な旅行は季節を選ぶことから始まると言ってもよいくらいです。インドはとても広いので、今回は、旅行でよく訪れるデリー、アグラ、ジャイプールあたりの気候について、執筆していきますね。一般的にインドの気候は、乾季、雨季、暑季と分けられています。ここでは、もっとわかりやすいように、月ごとの特徴を解説していきます。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。冬のスイス旅行に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介