page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「北アメリカ 民族衣装」の見どころ情報

北アメリカ 民族衣装に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「北アメリカ 民族衣装」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


まずはギリシャから開催
  • テーマ:
  • イベント
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/オタワ 
まず初めに2017年3月21日に開催されたのはギリシャ。市内にあるイベントスペースの中はギリシャ一色でした。中に入ると一瞬自分がどこにいるのか分からなくなるくらいとにかくギリシャ!食べ物や飲み物、そして数々の民芸品、民族衣装に写真パネルでギリシャをたっぷり味わえるイベント展示になっていました。商品紹介だけではなく、購入出来るものもあったり、ギリシャの味を試食出来たりするコーナーもあり来場者はそれぞれのギリシャ訪問を楽しんでいました。

この記事の続きを見る


夜のアンティグアはしっとりしている
  • テーマ:
  • おケイコ
  • 行き先:
  • 中南米/グアテマラ/アンティグア 
グアテマラのアンティグアは、世界遺産の町です。大小の丸石を組み合わせて作った道は、デコボコで、車はゆっくり走るしかありません。家々も石造りですが、漆喰の壁はいろいろな色のペンキで塗られてカラフルです。色鮮やかな民族衣装を着た地元の女性たちもたくさん歩いていますので、それだけでも町は華やいで見えます。碁盤の目のような町は、1キロ四方ですべて用が足せてしまいます。外国人旅行者も、この町ではのんびりと長期滞在する人たちも多くいて、スペイン語レッスンに通ったりしています。そして町を歩いていると目につくのが、スペイン語学校のほかにもう一つあります。それが「サルサ」のレッスン教室です。どれだけスタジオの数があるのか、わからないほど。ここにも熱心に、欧米人の女性たちを中心に、通っているのです。

この記事の続きを見る


中南米の雑貨天国はここだ!〜後編:中米の覇者グアテマラ〜
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • 中南米/グアテマラ/アンティグア 
中米グアテマラも、ボリビアに負けず劣らずの織物・雑貨天国です。グアテマラ・レインボーと呼ばれるカラフルな布や小物がいっぱいで、しかもしっかり作られているのにお値段は安い! ボリビアの織物といえばインディオの風呂敷「アワヨ」でしたが、こちらはマヤの地を引く先住民の民族衣装「ウィピル」がその代表です。市場にはカラフルなウィピルがずらりと並び、目がくらくらするほどの美しさ。一部刺繍もありますが基本は手織りで、80の村で独自の柄の布が織られているのだそうです。

この記事の続きを見る


エルプエブロ州立史跡公園の入り口。入り口付近には噴水のある庭園があり、憩いの空間を提供
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ロサンゼルス 
ロサンゼルス発祥の地、「Olvera Street(オルベラ・ストリート)」。日本人にはなじみが薄いかもしれないが、こちらは、ダウンタウンにあるリトル東京近くの有名な観光スポットで、エルプエブロ州立史跡公園としてよく知られている。ここでは、メキシコ伝統音楽のマリアッチやダンス、フードが楽しめ、27もの歴史的建造物が見学でき、ロサンゼルスにいながらメキシコ体験ができてしまう。今回は、こんなメキシカンな観光スポットをご紹介しよう。

この記事の続きを見る


「北アメリカ」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

たくさんの動物に出会えます!
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/オタワ 
このミュージアムの面白い所は、本物のファームが併設されていること。そこではたくさんの動物も飼育されていて、訪れる人たちはファームでの動物の様子を見て学ぶことが出来ます。ファームにいる動物の種類は幅広く、馬、羊、豚、鶏、山羊にアルパカまで揃っています。時期によっては動物の赤ちゃんや子供たちを見ることも出来ます。動物訪問は一年中いつでも、閉館時間の30分前まで訪れることが出来ます。

この記事の続きを見る


カナダで楽しめる本格ラーメン
  • テーマ:
  • グルメ/スイーツ
  • 行き先:
  • 北アメリカ/カナダ/オタワ 
海外にいてもたまに食べたくなる本格ラーメン!そんな懐かしの味が楽しめるのがこの「三草亭」です。2012年にトロントに開店してから、店舗数を増やし、今ではトロントとその周辺、そしてオタワに2店舗、他にもどんどん店舗が増えて行っている人気店です。地元の人にも大人気で、ランチ時にはお店の外まで行列が出来るほど!時間をずらして行くか、時間に余裕を持って行きたいお店です。私の一番のお気に入りは黒とんこつ!麺は細麺と太麺を選べて、減塩と頼むことも出来るのも嬉しいメニュー設定です。

この記事の続きを見る


ハリウッドのど真ん中に2年前にオープン
  • テーマ:
  • 美術館・博物館
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ロサンゼルス 
今世界中で話題の美術館「The Museum of Illusions(ミュージアム・オブ・イリュージョン)」。インスタ映えする写真がたくさん撮れるから、大人気。中に入ると、逆さまに作った部屋がある風変わりな家が7つ、目の錯覚を使った壁画が30以上。これをバックに写真を撮ったら、その世界に入り込んで、まるで空想の世界にいるような写真が撮れる。「今はSNSの時代だから、アメリカでもうけると思った」。こう話してくれたのは、広報担当のマリア・カチャトリアンさん。

この記事の続きを見る


華やかなダーセル15世のステージ
  • テーマ:
  • お酒・バー
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ポートランド 
ダーセル15世(Darcelle XV)は、「ポートランドのレジェンド」と呼ばれる世界最年長の現役ドラァグクイーン。ギネスブックにもその名前が掲載されています。ダーセル15世は、1930年11月生まれで、今年90歳を迎えるという高齢にも関わらず、今もポートランドで毎週水木は1度、金土は2度のショーを率いています。50年以上もショーを続けてきたそうですが、90歳で引退するという噂もあります。レジェンドの引退前にぜひ一度、彼女たちのポートランドらしいちょっと風変わりなステージに足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事の続きを見る


自然史博物館て?
  • テーマ:
  • スポット
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
博物館は、マンハッタンのセントラル・パーク西側に位置する通称アッパーウエストエリアにあります。アッパーウエストには、コロンビア大学もある地域なのでヒストリカルな建物も多く人気観光スポットです。建造物が好きな人にはおすすなエリアです。博物館には、生物や自然科学に関わる全ての物が展示されています。博物館に入館すると、まず驚くのが、大きな恐竜の全身骨格がお出迎えしてくれます。展示されているのは、世界最大の大きさと言われている恐竜のバロサウルすです。迫力やその大きさに唖然としてしまいますね。時間のない人は、ここで写真を撮って帰るだけでもいい思い出になりそうです。

この記事の続きを見る


突然の出合い
  • テーマ:
  • ファッション
  • 行き先:
  • 北アメリカ/アメリカ合衆国/ニューヨーク 
昨年のニューヨークのクリスマス前後は非常に冷え込み、体感気温マイナス15度まで冷え込む日が何回かありました。マイナス15度までいくと、外に立っていられず、少しでも肌が露出しているのも辛く、耳がちぎれそうな程、痛くなります。そんな死活問題に耐え兼ねて、ダウンコートをリサーチし始めそこで出合ったのが今回ご紹介するブランドのARITZIA(アリツィア)です。ARITZIAは日本では出回っていませんがカナダ発祥ブランドで、現在はアメリカ国内に多くの店舗をもつ人気ラグジュアリーブランドです。ラグジュアリーと言っても1万円代〜なので手を出しやすいブランドです。筆者は過去にARITZIAの商品を買ったことがなかったのでがダウンの評価が以上に高く興味を持ち、オンラインショップでオーダーしてみました。筆者的には、届いたパッケージがルックブックの一部が使用され可愛いかったのも高評価。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。北アメリカ 民族衣装に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介