page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

「北京 東直門 食事」の見どころ情報

北京 東直門 食事に関連する見どころ・観光情報を掲載。あなたが探している条件にぴったりの見どころ・観光情報を検索できます。

わかりやすい! AB-ROADは全て燃油込の料金表示!


「北京 東直門 食事」をお探しの方にピッタリの見どころ・ガイド記事はこちら

検索結果10

1


こんな迫力あるレストランが、道路の両側にずらっと並んでいる
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
赤い提灯がこれでもかと灯った通りに来ると、「北京に来た!」と言う実感がわいてきます。ここは、北京で一番にぎやかな美食街と言ってもいい「鬼街(グイジエ)」です。赤いちょうちんと巨大電工看板のインパクトがすごい! このパワフルさに吸い寄せられるようにお客が集まっています。午後6時すぎになると、人気店の前では順番が呼ばれるのを待っている大勢のお客が見られます。こんなお店が東西に走る大通りに何軒もある鬼街は、とにかくギラギラした熱気でいっぱいの通りです。

この記事の続きを見る


寺院から生まれたレストラン「テンプルレストラン」
  • テーマ:
  • 歴史
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
ここ数年、北京では古い民家や巨大な国営工場を改造してユニークな空間が生まれていますが、最近の改造で目立つのは、なんと「寺院」。北京にはかつて仏教や道教の寺院が3000以上あったといわれ、街なかにも残っていますが、そうした場所で改造が進んでいます。北京では、1949年以降、寺院が寺院として残った例は少なく、多くが会社の事務棟になったり、工場の作業場になったりしていますが、そうした紆余曲折をえた建物が最近では、ホテルやレストランに生まれかわる現象が続いています。その代表が故宮に近い寺院から生まれた「テンプルレストラン」です。

この記事の続きを見る


地下鉄15号線「望京西」から近い名物市場「南湖総合市場」
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
北京といえば、「天安門広場」「故宮」など市の中心部を思い浮かべるのが普通ですが、実は街の外側にニュータウンがどんどん広がっています。そんなニュータウンにむけて、北京では2010年末に5本もの新しい地下鉄ラインが開通しました。「昌平線」「亦庄線」「大興線」「房山線」そして「15号線」の5本です。どこも長く農村部だったところですが、ここ10年ほどの間に開発がすすみ、沿線には新旧の風景が入り混じります。こうした地下鉄に乗って、郊外を観察してみるのも、北京の旅としては面白くなりそうです。

この記事の続きを見る


東直門の「機場快線」の駅、7月19日に開通したばかりです
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
7月19日、北京首都国際空港と市内の中心部を結ぶ空港直通ラインの地下鉄が開通しました。リニアモーターシステムを採用したこの地下鉄ラインは、中国語では「機場線」と呼ばれています。市内の始発駅、「東直門」から北京の国際空港までは、所要時間、約20分。料金は片道、25元(約375円)東直門からの始発は朝6時、以降、約15分〜20分おきに出発しています。このラインは、東直門―三元橋―T3―T2の4つが停車駅です。「T3」はターミナル3で、今年の2月末にオープンしたばかりの首都国際航空の第3ターミナルのこと。「T2」は首都国際航空の第2ターミナルのこと。最終は、第2ターミナル、23:10発です。この間の時間なら、市内への移動、または市内からの移動がだいぶ便利になりました。

この記事の続きを見る


お菓子類を中心にさまざまな食料品がならぶ「稲香村」の店内
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
この夏、訪れる観光客がどっと増えそうな北京。食の大国ですから、食事にも期待している方がおおいですよね。食文化といえば、レストラン以外に、一つの観光ポイントとしても楽しめる、北京の古い食料品店の老舗にいってみるのはどうでしょう。北京では食料品店の老舗といえば、なんといっても「稲香村」が圧倒的な定評があります。創業はなんと、1773年。もとは中国の南部、雅びな文化で知られる蘇州で、蘇州風のお菓子類を作っていた老舗でした。

この記事の続きを見る


楽活城(朝陽区好運街店)。レストランが並ぶフードがテーマの通りにあります
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
日本では07年は、ロハスの大ブームでしたね。「ロハス」とは地球環境にやさしいライフタイルを指す言葉ですが、この言葉、すでに中国に上陸しています。ロハスは中国語で「楽活」(ル・フ)。ロハスに音が似ているし、漢字の表記がみているだけで楽しそうで、名訳ですね!北京でもここ2年ほど、ロハスなライフスタイルを提唱する雑誌やロハスをテーマにしたショップができていて、健康や地球環境への意識がたかい層を中心にムーブメントになっています。「ロハス」ショップをのぞけば、そうしたムーブメントが分かるだけでなく、安心して人にわたせるおみやげも買えます。最先端の北京をぜひチェックしてみてください。

この記事の続きを見る


小さな食堂から一大レストランまで、さまざまな規模のピリカラ料理レストランが並ぶ「東直門内大街」
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
乾燥した気候の北京ですが、今年は例年になく、雨が多く、蒸し暑い日々が続いています。なんだかすっきりしない日々、体にたまった湿気を吹き飛ばし、食欲を増進させてくれるのが、スパイスをたくさんつかったピリカラの料理。地下鉄「東直門駅」を出てすぐの「東直門内大街」は、そんなピリカラ料理のレストランがずらりと並ぶ北京の名物グルメ通り。駅を下りただけで、とうがらしやサンショウのスパイシーな香りがどことなく漂ってきて、ピリカラ好きにはたまらないはず。

この記事の続きを見る


「北京 東直門」にヒットする見どころ・ガイド記事はこちら

北京の人気雲南料理店「大理院子(東城区鼓楼東大街小経廠胡同67号)」の内部は、まさにカフェ!
  • テーマ:
  • グルメ
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
北京料理はもちろん広東、上海、四川、湖南、山西、新疆、雲南などなど、中国全土の料理が食べられるのが北京のすばらしさ!中でも新疆料理と雲南料理は、異色の存在です。どちらも中国料理っぽくないのが特徴。新疆料理は、主食のナンといい、トマトを使ったパスタのような麺といい、中央アジアの料理そのもの。雲南料理は、パイナップルの身をくりぬいたお皿に入ったチャーハンやミントの葉っぱ入りの米粉などは、タイやベトナムの料理にも似ています。新疆料理に比べ、雲南料理は、おしゃれ感があるのです。北京で人気の雲南料理のレストランは、どこもナチュラルテイストのカフェのような雰囲気です。そのためか雲南料理は、特に若者に人気があるようです。

この記事の続きを見る


イーカートンは、主な地下鉄の駅で購入が可能。購入時にデポジットの20元(約320円)を払い、チャージする。チャージは最低20元から。2元の市バスが1元になる
  • テーマ:
  • ショッピング
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
2019年5月下旬、半年ぶりの北京に到着! 北京首都空港から地下鉄機場線に乗って、終点の東直門へ。ここで地下鉄2号線に乗り換え、予約したお宿のも寄り駅である和平門で下車。地上に出る前に「イーカートン」に100元(約1600円)チャージ!「イーカートン」とは、北京市内の地下鉄とバス共通のIC式交通カードです。これがあれば、半額で市バスに乗れるので、お得になります! 地下鉄は、毎月100元以上乗ると2割引、150元を超えると半額になります。私が北京に留学していた2008年頃なら、イーカートンがあれば、バス代が6割引きでした。当時と比べると値上がりしましたが、まだまだ北京の市バスは安いです。距離で代金が決まる長距離路線以外は、2元(約32円)。地下鉄は初乗り3元(約48円)と、安くなります。

この記事の続きを見る


とにかく広い天安門広場。地下鉄2号線前門駅のすぐ北側が天安門広場
  • テーマ:
  • 観光地・名所
  • 行き先:
  • アジア/中国/北京 
「観光するのなら、目的地に着くまでの景色も楽しみたい! 窓から何かおもしろいものを発見する可能性もあるし!」と、思う私は、誰がなんと言おうと市バス派。でも、北京にいると、大渋滞に巻き込まれ、わざわざバスにしたことを後悔することも多々あります。北京の地下鉄は、乗るたびに荷物検査があるのが面倒ですが、やはり渋滞なしは魅力。特に北京中心部をぐるっとまわる環状線になっている2号線は、めちゃくちゃ使えます。2号線は、故宮を中心とした北京旧城の城門に沿って敷かれています。地下鉄の工事が始まったのは、1967年10月1日。環状線状に繋がったのは、1987年12月28日。2号線は、中国で最初の環状線状の地下鉄です。

この記事の続きを見る


1


このページの先頭へ

海外旅行HOTキーワード集エイビーロードトップへ

エイビーロードの海外旅行情報注目キーワード特集です。北京 東直門 食事に関する、あなたが探している条件に沿ったツアー情報を集めました。出発直前ツアー・早期予約特典ツアー・カード決済OKツアーなど、あなたにピッタリのツアーがきっと見つかります。

ソーシャルメディアアカウント
iPhone/Androidアプリのご紹介